■プロフィール

アル酎ハイマーはいかい士

Author:アル酎ハイマーはいかい士
FC2ブログへようこそ!

■最新記事
■最新コメント
■最新トラックバック
■月別アーカイブ
■カテゴリ
■カウンター

■検索フォーム

■RSSリンクの表示
■リンク
■ブロとも申請フォーム
■QRコード

QR

~ 東京モーターショー2017 その2 ~
東展示場 東4・5・6ホールです。




DSC_モー8798_01













【LEXUS】


   ≪LS+Concept≫

LSとは、レクサスの車の中での最高級セダンと言う意味です。

AIなどを駆使して、2020年代前半に一般道路での自動運転実現を目指している。

ドアの取手がないけどドア開くんですよネ?




DSC_モー8783_01







   ≪LEXUS CT200≫




DSC_モー8779_01











西展示棟 西1ホール


【TOYOTA】





   ≪GR HV SPORTS Concept≫


今回が世界初披露。

次世代のスポーツカーを象徴するモデルと位置付けている





DSC_モー8834_01












   ≪TOYOTA Concept 愛 i≫


キーコンセプトは「人間のかけがえのないパートナーとして、オーナーの生活に寄り添っていき

共に成長していく車を目指す」




DSC_モー8836_01





DSC_モー8839_01











   ≪TOYOTA FINE‐Concept Ride≫


FCV(燃料電池自動車)

次世代タクシーのイメージ





DSC_モー8846_01











【MITSUBISI MOTORS】




   ≪MITSUBISI e-EVOLUTIN≫


得意とするEV技術や四輪制御技術を大きく進化させたSUVタイプのEV車




DSC_モー8794_01











   ≪エクリプス クロス≫


クーペ型SUV車

日本仕様初披露




DSC_モー8791_01











【NISSAN】



   ≪NISSAN IMx≫


将来の「ニッサン インテリジェント モビリティ」を見据え

クルマとドライバーのより強い繋がりを具現化したコンセプトカー





DSC_モー8804_01











【SUBARU】




   ≪BRZ GT300≫


スーパーGT(GT300)に参戦している17年モデル

現役です。




DSC_モー8822_01











【OMATASESIMASITA SHONO HANA】




1page 1コンパ



pageコンパ2



3catsコンパ



pageコンパ4








独断と偏見で選ばせていただきました


【HONNJITUNO AtuPAREMUSUME!!】




         DSC_モー8818_01


                               ≪IN SUBARU≫










以上 『東京モーターショー2017 その2』 でした。

 
まだ続きます。

旅・はいかい | 20:56:41 | トラックバック(0) | コメント(0)
~ 東京モーターショー2017 その1 ~
『東京モーターショー2017』 です。

特に車に興味がある訳ではないし、車より人ごみを見に行くようなものなので

記憶にないぐらい久しぶりの見学です。

少しでも、人ごみを避けるため平日の夕方、仕事帰りです。

それでもチケット売り場の前は行列でした。





DSC_モー8890_01











東展示棟1階です。


場内は、やはり人・人・人でしたが、想像したよりはやや少なめか。




DSC_モー8796_01














【MERCEDES‐BENZ】




   ≪フォーミュラーカー≫




DSC_モー8710_01





DSC_モー8712_01











ホーミュラーカーのエンジンです。

機能の美でしょうか




DSC_モー8720_01











  ≪ProjectoONE≫


パワーユニットはF1マシンに搭載されるものをほぼそのまま使用しているそうです。

総出力1000馬力 最高速度350kmオーバー




DSC_モー8771_01












  ≪Concept EQA≫


EV車でバッテリーコンポーネンツは拡縮が可能.

最大航続距離400km

高速充電を使用すれば、10分ほどの充電で100kmの航続距離が得られる。





         DSC_モー8727_01














【MAZDA】




   ≪KAI CONNCEPT 


ガソリンエンジンとディーゼルエンジンを融合させた次世代ガソリンエンジンを

搭載しているそうです。




DSC_モー8734_01











   CX‐8


3列シートのSUV(スポーツ用多目的車) 6~7人乗り

SKYACTIV‐D2.2エンジン搭載




DSC_モー8736_01












【BMW】



   ≪BMWコンセプトZ4≫


数年後発売予定しているモデルだそうです。




DSC_モー8750_01





DSC_モー8752_01





DSC_モー8754_01











【その他気になったもの】




何を制作しているのかわかりやすかったです。

展示も綺麗でした。




DSC_モー8739_01










ジェイテクトさんのブースに

レクサスLC500のカットモデルが展示してありました。

電動パワーステアリングなどが搭載されているそうです。

実際にピストンが動いていました。

説得力がありましたネ。




DSC_モー8743_01










シェフラーアウディスポーツのフォーミュラEのマシーンです。

今年初のチャンピオンを獲得したそうです。




DSC_モー8748_01











イケヤフォーミュラのV10気筒エンジンを搭載した

街を走れる”フォーミュラカー”です。




DSC_モー8764_01










以上、 東展示棟1階、東1・2・3ホールでした。

まだ続きます。

旅・はいかい | 22:45:26 | トラックバック(0) | コメント(0)
~ 豊國神社(ほうこくじんじゃ) ~
大坂城公園の二の丸に鎮座していました。




         DSC_豊8935_01

                  
                ≪秀吉像:平成19年復元≫










社 号          豊國神社

鎮座地          大阪市中央区大坂城2-

主祭神          豊臣秀吉公

              豊臣秀頼公

              豊臣秀長卿

社格等          府社

創 建          明治12年(1879年)

例大祭          8月18日(太閤祭)

境内社          白玉神社

              若永神社











【由緒・沿革】

明治元年(1867年)明治天皇より建立の御沙汰が下り、

明治12年、京都・豊国神社大阪別社として創建された。

後に、京都・豊国神社から独立して『豊國神社』と改称した。

京都・豊国神社が訓読みで”とよくに”で、豊臣秀吉のみを主祭神にしているのに対し

こちらは、音読みで”ほうこく”とし、豊臣秀頼、豊臣秀長も配祀する。











【一の鳥居】




DSC_豊8933_01











【手水舎】




DSC_豊8934_01











【二の鳥居】




DSC_豊8936_01











【狛犬】


一般とは逆で、右が「吽形」左が「阿形」となっていました。




DSC_豊8939_01       DSC_豊8938_01











【拝殿】




DSC_豊8937_01

 









【境内社】


   ≪白玉神社≫




DSC_豊8941_01




DSC_豊8944_01











   ≪若永神社≫




         DSC_豊8945_01











【秀石庭】


昭和47年に奉納されたものですが、大石の置いてある芝の台座が

秀吉の馬印、”千成瓢箪”に因んで瓢箪の形をしています。




DSC_豊8940_01











以上、海運・出世のパワースポット 『豊國神社』 でした。

神社 | 22:13:14 | トラックバック(0) | コメント(0)
~ 大阪城 ~
大阪へは、仕事やプライベートで何度も訪れて来ていますが

『大阪城』へは一度も来ていないことに気が付きました。

そんなわけで、本日『大阪城』初デビューです。




         DSC_8922_01.jpg












【青屋門(あおやもん)】


大阪城二の丸の北に位置する出入り口

桝形門

2階に櫓を持つ櫓門

創建 元和6年(1620年)

空襲で大破したが、残材を用いて昭和44年(1969年)再建した。




DSC_8892_01.jpg











【極楽橋】


山里丸と二の丸を結ぶ橋

当初、天正11年(1583年)豊臣秀吉によって架けられた。

大坂夏の陣、明治維新の大火などで焼け落ちたが

昭和40年(1965年)に再架橋された。




DSC_8896_01.jpg











【天守閣】


この天守閣は3代目の天守閣です。

初代は、豊臣秀吉が慶長3年(1598年)に築いた天守閣(豊臣大坂城)

2代目は、大坂夏の陣で豊臣家が滅亡した後、

徳川家康が寛永6年(1629年)に築いた天守閣(徳川大坂城)

そして、3代目は現在の天守閣で昭和6年(1931年)に昭和復興天守閣として

コンクリートで再建された。(登録有形文化財)

徳川家康は”徳川大坂城”を構築するに当たり、”豊臣大坂城”の石垣、堀等に

盛り土を施し、すべてを地中に埋めてその上に”徳川大坂城”を構築した。

したがって今地上に見えている大坂城の遺構は全て”徳川大坂城”の遺構です。




         DSC_8902_01.jpg





DSC_8910_01.jpg











場内の木々にも少しずつ秋の色ずきが見え始めました。

本格的な紅葉にはもう少しでしょうか。




         DSC_8900_01.jpg











最上階には途中までEVで行くことができます。

豊臣も徳川も、大坂の街を見渡せるこの丘に惚れて城を造ったのでしょうか。




DSC_8915_01.jpg





         DSC_8917_01.jpg











【桜門】




DSC_8932_01.jpg











【西の丸庭園から】




DSC_8953_01.jpg





         DSC_8957_01.jpg











【大坂城の石垣】


大阪城を見るに当たり、楽しみにしていたことが一つあります。

それが「大坂城」の石垣を探索することです。




DSC_8931_01.jpg











比叡山の麓に、安土桃山時代に活躍した石工の集団”穴太衆(あのうしゅう)”

住む町「穴太の里」があります。

”穴太衆”が石垣を手掛けたなかで、現存する主な城には、金沢城・安土城・彦根城・竹田城・篠山城

などそうそうたる名城の名が並らびます。

その「穴太の里」で ”穴太積”を今に継承する方々と以前知り合うことができ、

色々な話を伺う機会に恵まれました。

史実を証明する文章等はありませんが、口伝で言い伝えられたこととして、

豊臣大坂城構築の際、石垣を積むことを秀吉より命じられた”穴太衆”

集落の石工のほとんどの者を引き連れて大坂へ行き、その命に携わりました。

そしてそれが竣工した後、城内の秘密を知る者として口封じの為全員が処刑されて、

一人も「穴太の里」に戻ってくることはなかったそうです。

”穴太積”伝承の危機にさらされた”穴太衆”は残った者で何とか試行錯誤の上

「一子相伝」の技術を復活させたそうです。

そんないきさつもあって、どこかに”穴太積”の痕跡を見つけることができないか

探索を試みたしだいです。

前記したように、家康は”豊臣大坂城の石垣”を全部地中に埋没させたので

まず、地上には無いだろうとは思っていましたが、本当にありませんでした。

”穴太積”は石をほとんど加工しない「野面積(のずらつみ)」なのですが、

残存の大坂城の石垣は、ほとんどが「切り込みはぎ」「打ち込みはぎ」で

加工された石で造られていました。

その中で、やや「野面積」に近い積み方の石垣の遺構がわずかに残っていました。

石が玉石なので”穴太積”と言えるかどうかはわかりませんが。




DSC_8949_01.jpg





DSC_8948_01.jpg











大津市坂本にある本物の”穴太積”はこちらです。




390px-Sakamoto_Otsu07s4592.jpg











【大坂城豊臣石垣公開プロジェクト】


現在、大阪市では埋没された”豊臣大坂城の石垣”を掘り起こして

一般公開しようと言うプロジェクトが進行中です。

平成31年の竣工を目指しているそうです。

すごいですね。完成したら是非見に行きたいですね。

”穴太衆”が命の替わりに築いた石垣が日の目を見る時が来るんですね。

楽しみです。わくわくするプロジェクトですネ。




b1_s.jpg


                    ≪大阪市広報より≫

 









以上 『大阪城』 でした。

歴史探訪 | 22:52:15 | トラックバック(0) | コメント(0)
~ がんこ ~
大阪泊まりの夕食はこちら、ホテルの正面にある、

御存じ「よろこんでぇーっ!」でおなじみのがんこ寿司系列 『がんこ』




DSC_がんこ8972_01










店内は、広いL型カウンターとテーブル席、奥は座敷となっています。






DSC_がんこ8974_01





DSC_がんこ8988_01











ちょいと寒くなったので、熱燗といきましょうか

お通しは厚揚げの煮びたし




DSC_がんこ8975_01











肴は、 【胡麻サバ】【蛸天】




DSC_がんこ8976_01





DSC_がんこ8977_01











昔は、盛んに「よろこんでぇーっ!」

が店内で飛び交っていました。  その時は、やかましくて耳障りでしたが

最近のように、全く聞かなくなってみると、なんか寂しい気もします。

でも、ここのベテランの和服のお姉さんは今でも言ってくれます。

何か懐かしい響きですネ。

板さんのきびきびした動きも、新鮮さと清潔さを感じさせます。




DSC_がんこ8978_01















DSC_がんこ8990_01








【冷しひれ酒】




カウンターに置かれた特選メニューに珍しいものを発見したので頼んでみました。

普通は、沸騰寸前の熱燗で呑む「ひれ酒」がキンキンに冷やされていました。





         DSC_がんこ8984_01




初めて呑んだのですが、結構美味しかったです。

欲を言わせてもらえば、もう少し美味しいお酒を使用していただくと

もっと良かったな。







【ヤリイカ明太】




DSC_がんこ8983_01


これは新鮮で、美味しかったですネ。











酒は、冷酒に変更です。




DSC_がんこ8989_01











【イベリコ豚の東平焼き】



イベリコ豚を使った大阪のソウルフード、「東平焼き」です。

豚肉が柔らかくて甘くてグッドでした。




DSC_がんこ8986_01











「よろこんでぇーっ」のお姉ーさんに勧められた

【鯛の荒だき】


美味しかったのですが、おかげで徳利がもう一本寝てしまいました。




DSC_がんこ8992_01










以上、 いつも清潔感溢れる『がんこ』 でした。

お酒 | 07:46:39 | トラックバック(0) | コメント(0)
前のページ 次のページ

FC2Ad