FC2ブログ
 
■プロフィール

アル酎ハイマーはいかい士

Author:アル酎ハイマーはいかい士
FC2ブログへようこそ!
私が、酒を好きなのではありません。
酒が、私を好きなんです。
毎晩、ストーカーされています。

■最新記事
■最新コメント
■最新トラックバック
■月別アーカイブ
■カテゴリ
■カウンター

■検索フォーム

■RSSリンクの表示
■リンク
■ブロとも申請フォーム
■QRコード

QR

~ 美瑛の丘続編&ペンギン散歩 ~
今日も、美瑛の丘を散歩する予定ですが、その前にホテルの裏口から1~2分ほどの

ところにある”白ひげの滝” を見学です。

本当にホテルの裏庭のようなところにありました。

湯気で靄っています。



       s-白髭の滝DSC_0297_02





十勝岳連峰の地下水が溶岩層の割れ目から、白ひげのように美瑛川に流れ落ちていく

ので「白ひげの滝」と名づけられたそうです。落差は約30メートルあります。

地下水が溶岩層などの裂け目から落ちる滝を「潜流瀑(せんりゅうばく)」といい、

日本でも珍しい滝のひとつだそうです。

滝の水は、温泉の水とも混ざっているので、凍らずに流れ落ちますが、落ちた水の一部は

水蒸気となり、木の枝につくと忽ち樹氷となります。

事実滝の水の落ちてないところは、樹氷や氷柱の林となっています。

ちなみに、今日の夜明け時の外気温は約ー14℃だそうです。

確かに、耳は千切れそうだし、外気に触れている頬はチクチクと針が刺さっているようです。

写真は滝のすぐ横です。 モノクロ写真ではありませんヨ、念の為。




         s-白髭の滝DSC_0299_02
 










この滝自体はさほど大きな滝ではありませんが、美瑛町にとってはかけがえのない大切な

滝となっています。この滝から美瑛川に落ちた水は、美瑛川に”コバルトブルー”の流れを

生み出してくれています。美瑛川が通称”ブルーリバー”と呼ばれるのはこの滝の

おかげです。

最近脚光を浴びている”青い池”の青さもこの滝から運ばれた水のおかげなんです。

滝壺の部分が青みがかっているのが判ると思います。




s-白髭の滝DSC_0344_02







もう少し近づきます。




s-白髭の滝s2_0016592










”白ひげの滝”から下流を見ると一目瞭然です。

”ブルーリバー” の誕生です。




         s-白髭の滝DSC_0313_01




”白ひげの滝”は美瑛町の観光にとっては「恵みの滝」なんです。











【ケンとメリーの木】



JR美瑛駅から車で5分ほどのところの、なだらかな丘陵地帯ににありました。

若い方には全く記憶にもないでしょうが、オジサン達には、とっても懐かしい青春の記憶です。

1972年(昭和47年)9月から1977年(昭和52年)まで発売された「ケンとメリーのスカイライン」こと

日産・4代目スカイラインのCM第15作「地図のない旅」編のロケーション撮影地として一躍有名に

なったスポットです。

もちろん、スカイライン自体も若者のあこがれの的、スカイラインに乗ることがステータスのように

なったきっかけのメモリアルなモンスターCMです。

そのCMのカップルの名前をとってつけられたポプラの大木 「ケンとメリーの木」

まだ生きていたのですね! 感激です!




         s-旭山動物園DSC_0360_01







確かにちょっとお年を召しましたかネ。

枝に雪でも積もっていれば、もう少し絵になったかもしれませんが

あのCMで使われなかったら、ただの境界の目印の木で一生を終わったのでしょうが

それが一瞬にして日本中の若者のあこがれの場所になりスターとなったのですからすごいですね。

まっすぐ天に向かって伸びる姿は若者の将来の希望を暗示しているようで

爽やかで今でも好感を持てるのではないでしょうか。

まだまだ”スター”は生きている!











【セブンスターの木】



昭和51年に日本専売公社(現・JT)の販売する「セブンスター」の観光たばこ「北海道の旅」に、

このカシワの木が使われました。

観光たばこは、昭和42年に始まった企画で、たばこのパッケージに全国の観光地の写真を

プリントし、観光促進を促す目的で始まりました。




s-旭山動物園DSC_0374_02





s-旭山動物園DSC_0377_01






ところが、残念なことに現物は残っていないし、写真もないし見たことのある人も

ほとんどいないそうです。 現況は昔話だけの木になってしまっているようです。

JT(専売公社)に行けば写真ぐらいはあるのではないでしょうかネ。

ちなみに、私はの生まれ故郷は南房総の館山というところですが、そこに北条海岸という

湾があります。鏡のように波が立たないので通称”鏡が浦”と呼ばれていますが、子供の頃は

夏になると毎日そこで泳いでいました。

そこも、観光たばこのパッケージになりました、使い終わったパッケージですが写真が

ありました。 貴重な写真です。

たばこの種類は、今はもうなくなったかな?赤いパッケージ印象的だった”CHERRY” です。


よく見ると 波 ありましたネ!


s-美瑛1-1s-美瑛2-2


                                【提供 観光たばこ -magicboy





”セブンスターの木” のパッケージ写真もどこかに残っていると良いですね!









「セブンスターの木」の横にも素晴らしい景色が用意されていました!

”白樺並木” です。

無人の白銀に白樺の木が1列整然と並んでいます。

なぜか、サハラ砂漠を歩く一列のラクダの群れを彷彿させられました。

”雪の砂漠に凛と佇む白樺並木” でしょうか。



s-旭山動物園DSC_0369_02





空の碧さも、雪の白さも、白樺の木の気高さも最高に良かったけれど、もっとよかったのは

隣国の友人達が引き上げてくれたタイミングの良さが最高でした。

早くても遅くても、並木の数と同じくらいの人並をファインダーに入れることになったと思います。

おかげで ”サイレントファンタジー”でしょうか、広さが増幅されたような気がします。












【旭山動物園】



旭川の定番観光スポットといえば「旭山動物園」ではないでしょうか。

一時は、年間入場数が減少して廃止まで検討されたお荷物動物園が

「行動提示」を導入して今では、東京の上野動物園の入場者数を抜いて日本一になったと

聞きました。素晴らしいですね。 あっぱれです!!

大都会と言う人口と「ジャイアントパンダ」と言う、ガリバーな集客力を持っているところを

手作りの工夫で抜いたのだから称賛に値しますよネ。 立派です







   ≪オオカミ≫



女性の場内アナウンスに応えるように、みんなで遠吠えをしています。

これも行動展示の一つなのでしょうね。




s-旭山動物園DSC_0384_01











   ≪レッサーパンダ≫



吊り橋渡りをするところです。

目と目が合ってし舞いました。

完全にカメラ目線です。




s-旭山動物園DSC_0426_01











   ≪ホッキョクグマ≫


さすがに冬はプールには飛び込みませんが、でかいですね。

手の平と言うか足の平と言うかわかりませんが、顔より大きいです。

平手打ちされたら即死ですネ。




         s-旭山動物園DSC_0448_01





s-旭山動物園DSC_0442_01











   ≪アムールトラ≫



正面にまっすぐ向かってきます、近づくとやっぱり怖いですよネ。




          s-旭山動物園DSC_0461_01











   ≪ペンギンの散歩≫



冬の旭山動物園の定番のアトラクションと言えば「ペンギンの散歩」ですよね。

一日2回、毎日行われるのですが、これがペンギンの自由参加らしいです。

行きたいペンギンだけがついてくるそうです。

だから日によって、多かったり少なかったりするそうです。

が、しかしその散歩を見学する人達の数は ずば抜けて多い!

散歩コースの両サイドには散歩の小一時間前から二重三重の人だかりができています。

後ろの人はペンギンはほとんど見えないと思います。

とりあえず、人垣をかき分けて何とかシャッターを押しました。






先頭の茶色の毛の大きなペンギンは、実はまだ子供です。

大人になると茶色の毛が抜けてみんなと同じ燕尾服になります。

空からの外敵から守るために、岩色の補色になっているのだと思います。




         s-旭山動物園DSC_0504_01






s-旭山動物園DSC_0517_01





s-旭山動物園DSC_0526_01






今日はペンギンは沢山いるほうだそうです。 よかったです。












以上、 『美瑛の丘とペンギン散歩』 でした。  







気に入っていただけましたら
「拍手」にクリックをお願いします。

有難うございました。
スポンサーサイト





旅・はいかい | 22:02:19 | トラックバック(0) | コメント(0)
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する