FC2ブログ
 
■プロフィール

アル酎ハイマーはいかい士

Author:アル酎ハイマーはいかい士
FC2ブログへようこそ!
私が、酒を好きなのではありません。
酒が、私を好きなんです。
毎晩、ストーカーされています。

■最新記事
■最新コメント
■最新トラックバック
■月別アーカイブ
■カテゴリ
■カウンター

■検索フォーム

■RSSリンクの表示
■リンク
■ブロとも申請フォーム
■QRコード

QR

~ 吾妻山菜の花ウォッチング ~
東京からJRで小田原方面へ向かうと小田原の二つほど手前に「二宮」と言う駅があります。

普段はあまり目立たない地味な街ですが、2年ほど前から駅前の「吾妻山」の斜面に

6万本の早咲きの菜の花を植え、『菜の花ウォッチング』と銘打って富士山とのコラボレーションを

企画し町おこしをしています。

今日はそちらにお邪魔してみました。

二宮の駅前には観光ボランティアの方々が大勢待ち構えて歓迎していただきました。

駅前の広場を過ぎるとすぐ、なんと目の前に 300段の石段が立ちはだかりました。

しかも見るからに 急勾配 です。

視界一面が階段で覆われています。ここから見る限りは間違いなく富士山より高い!!

何度か休憩を取りつつ、何度も2度と来ないぞ!!と石段に雑言を吐きつつ

何人もの子供と子犬に抜かれつつ、何とか心臓が破裂する前に頂上の「公園広場」

たどり着きました。

本来は、そんな状況を写真に収めて紹介すべきところですが、そのような精神的余裕が

どこを探してもありませんでした。

ただ、ただ、足を上げること、足を前に送ることしか頭に浮かびませんでした。

申し訳ありません!



二宮の駅に降りたとき、多くの人が両手にストックを握っていた意味を身体で痛感

させられました。

(尚、帰りの時に気付いたのですが駅前の広場には「ご自由にお使いください」と書いてある

丈夫そうな竹杖が用意されていました。気づくのが遅すぎた)



とりあえず、体力のだらしなさに関らず、普段の行いの良さのおかげでしょうか、

昨日とは打って変わって今日の空は

ドピーカンー!!  です。

富士山の御機嫌もよろしいようです。

真っ青のキャンパスに純白の雪冠を映し出しています。




s-二宮菜の花DSC_0058_01





裾野の中央にこぶのように飛び出ている「矢倉岳」もはっきり見えています。






「吾妻山」の斜面には、菜の花が咲き乱れています。

黄色い絨毯が敷かれているようです。

6万本の迫力でしょうか!





 s-二宮菜の花DSC_0087_01





         s-二宮菜の花DSC_0089_01











その菜の花の絨毯の周りには、覗き込むように沢山の人が群がっています。

皆さん、この陽気に誘われて来たのでしょうか!





s-二宮菜の花ⅡDSC_0094






      s-二宮菜の花DSC_0090_01












そして、この菜の花と富士山がコラボするとこうなります。



(尚、この景色を写真に収めるには、人影の無くなるのをひたすら待つ、

心の広さ と忍耐が必要となります。)




s-二宮菜の花DSC_0075_01








s-二宮菜の花ⅡDSC_0064








菜の花と富士山の間に桜の木がありますが、富士山と桜と菜の花がトリプルコラボしたら

最高なんですがどうしても時期てきに無理のようです、残念ですネ。

「小湊鉄道」の線路沿いなどでは、コラボしていますが、場所が違うので気候の差もあるんで

しょうね。 自然ですから人間の都合のいいようにはいきませんね。




人間だけではありません、この方たちも陽気と菜の花の香りで上機嫌のようです。




s-二宮菜の花DSC_0083_01





         s-二宮菜の花DSC_0097_01











以上、満開の菜の花と満開の笑顔にあふれる 『吾妻山菜の花ウォッチング』 でした。







気に入っていただけましたら
「拍手」にクリックをお願いします。

有難うございました。
スポンサーサイト





旅・はいかい | 21:02:12 | トラックバック(0) | コメント(0)
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する