FC2ブログ
 
■プロフィール

アル酎ハイマーはいかい士

Author:アル酎ハイマーはいかい士
FC2ブログへようこそ!
私が、酒を好きなのではありません。
酒が、私を好きなんです。
毎晩、ストーカーされています。

■最新記事
■最新コメント
■最新トラックバック
■月別アーカイブ
■カテゴリ
■カウンター

■検索フォーム

■RSSリンクの表示
■リンク
■ブロとも申請フォーム
■QRコード

QR

~ 六義園 モミジ晴れ ~
「六義園」の紅葉が凄いと言う評判を聞いてやってきました。

いつも通り、染井門から入園です。

この門は普段は閉鎖されていて、特別なイベントの時だけ解放されます。

私はいつもここから入るのですが、それはイベントの時しか来ていないと言う証でしょうか。




s-六義園DSC_8807










さっそく真っ赤に染まったモミジが野点の傘とコラボで迎えてくれました。

パチンコ屋の出台ではないけれど通りすがりに見たら引き寄せられますよね。

しかも、首をちょっと傾げて笑って手招きしているようにも見えるし!




         s-六義園DSC_8809










順路に沿って「内庭大門」の方へ向かうと、あちらこちらに真っ赤なモミジが顔を出します。

本当に顔を出して出迎えてく手ます。




         s-六義園DSC_8811_01





s-六義園DSC_8814_01










名物の”枝垂れ桜”の周りにも桜に負けじとモミジの大木が赤く染まっています。

ものすごい迫力です。

さすが、桜だけではないですね。 

東京一の紅葉と言われる所以でしょうか。




s-六義園DSC_8820_01





s-六義園DSC_8821_01








和風大名庭園らしく灯籠ともコラボしています。

このモミジが一番赤かったでしょうか。

まさに ”真紅” でした。

衣服が触れたら、赤く染まってしまうのではないかと思えるほどでした。



s-六義園DSC_8823_01







こちらは、ボリュウムは小ぶりですが、赤さはいい勝負でした。



s-六義園DSC_8825_01










庭園中央にある大きな池「大泉水」に沿って”渡月橋”へ向かいます。

橋の麓も赤く染まっていました。




s-六義園DSC_8830_01










『六義園』の代表する景色”渡月橋”です。

人気のスポットでもあるので、橋には通行人、手前には写真撮影者が居なくなるのを

待つのが大変です。 撮影の秘訣は焦らず、急がずです。




s-六義園DSC_8832_01










裏の「ささかにの道」へ向かいます。

川の岸辺が赤く染まっています。




s-六義園DSC_8834_01





         s-六義園DSC_8837_01









「山陰橋」と「藤浪橋」の間が一面モミジ色に包まれています。






         s-六義園DSC_8838_01





s-六義園DSC_8839_01









この辺だけでも400本のモミジがあるそうです。

一番迫力があるのが「つつじ茶屋」周りでしょうか。

私の一番好きなところでもあります。

小さな四阿に赤いモミジがのしかかるように覆いかぶさっています。




s-六義園DSC_8841_01





    s-六義園DSC_8842_01




s-六義園DSC_8844_01





物凄い迫力でした。

埼玉の都心紅葉の名所「平林寺」に勝るとも劣らない紅葉でした。

特に回遊庭園としては「平林寺」にはない素晴らしさを持っていました。

今からライトアップが始まるようなので、あちらこちらが通行止めになって戻れなくなるようです。

残念ですが、この辺でいったん退散です。







以上、モミジ晴れの『六義園』 でした。


『六義園』はまだ続きます。









気に入っていただけましたら
「拍手」にクリックをお願いします。

有難うございました。
スポンサーサイト





旅・はいかい | 21:51:09 | トラックバック(0) | コメント(0)
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する