■プロフィール

アル酎ハイマーはいかい士

Author:アル酎ハイマーはいかい士
FC2ブログへようこそ!

■最新記事
■最新コメント
■最新トラックバック
■月別アーカイブ
■カテゴリ
■カウンター

■検索フォーム

■RSSリンクの表示
■リンク
■ブロとも申請フォーム
■QRコード

QR

~ さつま珍味 『隆盛』 ~
福岡 天神の隣

「薬院」と言うところに来ています。

昔、此の辺で仕事をしてました。

今日は野暮用のついでに懐かしくて、ここまで足を延ばしました。

そのころ仕事帰りによく来たのがこの店、さつま珍味『隆盛』です。

まだありましたネ。12年ぶりです。




320x320_rect_3918534.jpg




恐る恐る扉を開けると

「いらっしゃい!! うぉ=久しぶり!!」と言う「女将」と「大将」の声が返ってきた。

お互い覚えていた。 「よかった!!」

昔と同じだ!! 

12年前に戻るのに「5分」とかからなかった。

「大将」は挨拶が終わると「寡黙」に仕事に戻る。

「今どこで何してる」などとは聞かない。

「寡黙」だが、決して「無愛想」ではない。笑顔はちゃんと作れる。 

「昔と変わらない」と安心する。



隆盛と並木 002



『隆盛』は博多ではあまり目立たない。

マスコミもあまり取り上げない。

「大将」もそんな事はあえてしない。

しかし、博多では知る人ぞ知る『有名店』です。



「福岡」には、日本の名だたる企業の「福岡支店」「九州支店」があります。

その支店の、大方の「支店長」「副支店長」が東京、大阪などからの「単身赴任者」です。

その名だたる企業の名だたる人達が「九州の味」「博多の味」を求めて

この『隆盛』に通ってくるのです。

そして、その名だたる人たちが東京に戻ってから、ホームパーティーなどを開く際、

珍しい九州の味を提供すべく、「大将」に出帳料理を依頼するのです。

私が、よく来ている頃は年に1~2回ほど、店を休んでまで「出張料理」に対応してました。

さすがに今は体力が持たないそうです。



隆盛と並木 006






ここで問題です。

「大将」の生まれ故郷はどこでしょうか。

     ●

     ●

     ●

     ●

(ヒント)  顔が「ムツゴロウ」に似ているからといって「有明海」とはかぎりません。




そうです。正解です。

「鹿児島」です。 ”かごんま”です。

『隆盛』⇒『鹿児島』

判りやすいでしょ。


    

そうなんです、創る料理も同じなんです。

素材にこだわり、素材を生かし飾らず気取らず、裏切らずです。

素材の旨さがストレートに食べる者に「判りやすく」伝わります。







隆盛と並木 001




今日の「お通し」です。

クワーッ!!

『エツの南蛮漬け』 かよ!!  びっくり!!

日本中で「筑後川河口」でしか捕れない『伝説の魚、エツ』です。

「むかし、弘法大師が筑後川を舟で渡る際、渡し賃の代わりに近くに生えていたヨシの葉を浮かべたところ

たちまち”魚のエツ”になってその後までこの地域に富みをもたらした」

と言う伝説の魚です。


しかも、『エツ』は傷みが早いので取れた近隣でしか食せない。

が、残念ながら絶滅危惧種Ⅱ類に指定されているので、

そう遠くないうちに捕獲が禁止されるかもしれません。






そんな魚をサラッと出すか。『隆盛!!』

もう少しもったいぶって出せよ!!  「うんちく」でも言ってさぁ。



まあ、とりあえず今日はありがたくいただいておこう。






隆盛と並木 004



刺身の盛り合わせです。


 「天然のマグロの赤身」
  
 「タコ」

 「自慢の、こぶ締めの〆鯖」

 「取れたてのサヨリ」



どれも旨かったです。




隆盛と並木 005




酒は『隆盛』特製ブレンドの「芋焼酎」のロックでず。

グラスいっぱいに注ぐのが「女将」の自慢です。

 「東京の店はケチやけん。うちは違う」




隆盛と並木 003




焼酎も昔からの焼酎しか置いてません。

後ろに隠れているのは。

 「朝日」「なかむら」ですかネ。

察するに特製ブレンドは「三岳」と「白玉の露」の混ぜ合わせか。

どっちも「鹿児島」かよ。

わかりやすぅー!!





隆盛と並木 011



隆盛と並木 008





「ホワイトアスパラ」と「煮物」です。






「昔、最後に食べた高菜のおにぎり」が旨かったと話すと

早速作ってくれました。




隆盛と並木 007


隆盛と並木 009




旨い!!



なぜ、ここの「高菜のおにぎり」は旨いのか?

やはり「高菜の質」と「ゆで方」か。





『隆盛』の名物がもう一つあります。

毎年暮れになると注文制で作ってくれる『鯖寿司』

これがまた抜群に旨い。

ただし、「大将」が気に入った鯖じゃないと作らないのでどれだけの数になるかはその時次第。

予約していても手に入らないこともある。








う~ん。今日はとても懐かしく、美味しい一夜でした。


「酒」を美味しく飲みたい方には、最高の店 『隆盛』でした。






スポンサーサイト


お酒 | 12:26:27 | トラックバック(0) | コメント(0)
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

FC2Ad