FC2ブログ
 
■プロフィール

アル酎ハイマーはいかい士

Author:アル酎ハイマーはいかい士
FC2ブログへようこそ!
私が、酒を好きなのではありません。
酒が、私を好きなんです。
毎晩、ストーカーされています。

■最新記事
■最新コメント
■最新トラックバック
■月別アーカイブ
■カテゴリ
■カウンター

■検索フォーム

■RSSリンクの表示
■リンク
■ブロとも申請フォーム
■QRコード

QR

~ おかず横丁 ~
鳥越神社の境内横からまっすぐ230mほど伸び、江戸時代は裏参道だったと思もわれる

狭い路地。

そこの入口にはレトロな書体で”おかず横丁”と書かれた看板が掲げられている。

午後は車両進入禁止なので「歩行者・自転車天国」です。



         
         s-鳥越神社DSC_6683_02






明治末期から大正にかけてバラバラに存在していた商店を、昭和24年に一本化して商店街が

生まれました。元々このエリアは、町工場が多かったエリアで朝から夜まで忙しく働き、

お腹をぺこぺこにして帰宅する職人が多かった。そんな時美味しいご飯が食べられるという

“おかず”を求めて人が集まりまりました。

現在は、当時ほどの賑わいはありませんが、まだまだ昭和の匂いをぷんぷんさせた

お店が残っています。






【高岡酒店】



関東大震災後に流行した店舗兼用住宅の一つで、木造2~3階建で外壁を簡易洋風仕上げ

にした典型的な「看板建築」です。外壁全体を看板キャンパスにします。

歴史を感じさせますネ。思わず「ガンバレ!」と言いたくなります。




         s-鳥越神社DSC_6684_02











【郡司味噌漬物店】



こちらは”味噌の飛脚”と自ら称して、日本全国から選りすぐりの味噌を集めてきて

一同に揃えているお店です。

味噌だけでなく、べったら漬けなどの漬物類、醤油、それに全国の土地土地から集めた名産品も

揃っています。




s-鳥越神社DSC_6686_02











【入舟や】


戦前から続く、横丁の顔と言うべきお店です。

店構え、ショーケース、大皿盛、どれをとっても昭和のレトロぷんぷんですネ。




s-鳥越神社DSC_6687_02






見てるだけで美味しさが伝わってきますす。




s-鳥越神社DSC_6688_02





s-鳥越神社DSC_6689_02












【魚米】



創業120年だそうです。

前の椅子には店主がど~ンと座っているんでしょうネ。




s-鳥越神社DSC_6690_02





s-鳥越神社DSC_6691_02










【大佐和老舗】



本社を、湯島に持つ創業140年のお茶と乗海苔のお店です。




s-鳥越神社DSC_6692_02











鳥越201406251129218dc










以上、昭和のレトロが残る 『おかず横丁』 でした。










気に入っていただけましたら
「拍手」にクリックをお願いします。

有難うございました。

スポンサーサイト





旅・はいかい | 20:22:59 | トラックバック(0) | コメント(0)
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する