FC2ブログ
 
■プロフィール

アル酎ハイマーはいかい士

Author:アル酎ハイマーはいかい士
FC2ブログへようこそ!
私が、酒を好きなのではありません。
酒が、私を好きなんです。
毎晩、ストーカーされています。

■最新記事
■最新コメント
■最新トラックバック
■月別アーカイブ
■カテゴリ
■カウンター

■検索フォーム

■RSSリンクの表示
■リンク
■ブロとも申請フォーム
■QRコード

QR

~ 両国駅 幻の3番線ホーム ~
s-両国駅3番ホームDSC_5658_01






JR両国駅は現在1、2番線のホームがあり、総武線、中央線の各駅列車の停車駅になっています。

そのホームから北側を見るともう一つのホーム、3番線ホームが見えます。

しかしその3番線ホームにはどこからも立ち入ることが出来ません。

そんなことから、いつしか”幻の3番ホーム”と呼ばれるようになりました。

実際は国技館側の改札を入って正面に出入り口があるのですが普段は固く扉が閉められて

います。

元々両国駅は、房総と都心を結ぶターミナル駅でした。

貨物も含めると20ものホームを持つ大ターミナル駅です。

電化が遅れていた千葉駅から先の房総に人たちは、都心に行こうとする時はいったん列車で

両国駅まで来て電車に乗り換えて都心に向かっていました。

人にとっても貨物にとってもとても重要なターミナル駅でした。

それが時代が進むに連れて、房総の電化が進み東京駅に直接乗り入れが出来、

貨物のニーズが減り、20有ったホームが徐々に減らされ、国技館になり、江戸博物館になり

1~3番ホームを残すのみとなりました。かろうじて残った3番ホームは日に一度、房総地方への

夕刊の積み込みホームとして使用されてきました。しかしその夕刊の積み込みも

2010年をもって取りやめとなり、要の亡くなったホームは「開かずの扉」で隔離されてしまいました。

実は、私は房総生まれの房総育ちなので、東京の親戚に行くときは両国行の列車に乗り

(もっと子供の頃はSLでした)両国駅で乗り換えた思い出の駅なのでちょっとさみしい気がします。


しかし、今はなんとイベント用のホームとして蘇りました。

今日は、草月流の花が活けられています。

写真は3番ホームに向かう通路を3番ホームから開かずの扉の方に向かって映しています。



s-両国駅3番ホームDSC_5656_01


            (一つ一つの作品をアップで撮るのは禁じらえているのであしからず)









幻の3番ホームです。




s-両国駅3番ホームDSC_5652_01





s-両国駅3番ホームDSC_5653_01











偶然ですが、たまたま回送電車はホームに入ってきました。




s-両国駅3番ホームDSC_5651_01











これも演出でしょうか。夕刊が積み込む様に積まれて置かれています。

当時もこのように置かれていたのでしょう。




s-両国駅3番ホームDSC_5654_01











つい先日まで、「餃子ステーション」として餃子を焼いてつまみにしながらビールを飲む

イベントが行われていました。

エスカレーターの奥の茶色の灯りが「3番ホーム」行く通路の灯りです。




s-両国駅3番ホームP8275712-743x557






s-両国駅3番ホームIMG_6485-743x557











又、何かイベントがあるときに来て昔を懐かしんでみたいと思います。


以上 『両国駅 幻の3番ホーム』 でした。
スポンサーサイト





旅・はいかい | 22:41:11 | トラックバック(0) | コメント(0)
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する