FC2ブログ
 
■プロフィール

アル酎ハイマーはいかい士

Author:アル酎ハイマーはいかい士
FC2ブログへようこそ!
私が、酒を好きなのではありません。
酒が、私を好きなんです。
毎晩、ストーカーされています。

■最新記事
■最新コメント
■最新トラックバック
■月別アーカイブ
■カテゴリ
■カウンター

■検索フォーム

■RSSリンクの表示
■リンク
■ブロとも申請フォーム
■QRコード

QR

~ 神田新八 ~
神田駅東口から歩いて一分程のところに神田の居酒屋を代表すると言われる

『神田新八』があります。

今日はそちらにお邪魔します。




s-新八DSC_5603_01







佇まいは、神田駅前の雑多な喧騒の中にあって、落ち着いたシックな雰囲気を醸しています。

紫に染められた縄のれんが江戸のを表しているようです。

酒蔵の銘の入った灯籠も珍しいです。

どこのお酒をメインに扱っているか一目瞭然ですネ。

で、それが埼玉の”神亀酒造”と言うのもレアーで面白い。





s-新八DSC_5601_01










一階の店内は、テーブルと小上がり席がある。

透されたのは、年寄にはやさしい掘りごたつタイプの小上がり席。

ただ店内の灯が。白熱タイプで少し薄暗いのが気になった。




s-新八DSC_5577_01











間とりあえずは、生ビールで乾杯です。




         s-新八DSC_5578_01











お通しは、「マグロの角煮」と「ひじき」




s-新八DSC_5579_01










”かんぱ~い!” です。




s-新八DSC_5580_01










まずは、さっぱりと「クエの刺身」

久しぶりです。初めて食べたのは博多でした。

博多では、この「クエ」のことを「アラ」と言う。

しかし、俗にいう「”アラ・クエ”論争」で言うススキ科の”アラ”は

同じ高級魚でも別の魚です。

能書きはともかく”いただきます”




s-新八DSC_5581_01










「トウモロコシの天ぷら」




s-新八DSC_5584_01










お酒は”神亀酒造” に敬意を称して

”純米吟醸 神亀” をぬる間でいただきます。

チェイサーは「花垣の仕込み水」




         s-新八DSC_5590_01











能登産の「のどぐろの塩焼き」

注文はしたものの、大きさが心配でしたがそこそこの大きさでした。




s-新八DSC_5587_01











千葉産の「落花生」

肴のオーダーに一貫性が無いように思われますが

今日の相方がビールしか飲まないのであしからず。




s-新八DSC_5588_01












続いて、冷酒  愛媛県 石鎚酒蔵  ”純米吟醸 石鎚 ”




         s-新八DSC_5595_01











「エリンゲ照り焼き」




s-新八DSC_5596_01









我々おっさんずの相手をしてくれたのは根っから明るいこちら。

本人の意志を尊重して「ゴッドハンド」はそのままにさせていただきます。




         s-新八DSC_5585_01











以上、神田の活気があふれる、ちょっとミドルコスパの居酒屋 ”神田 新八” でした。









気に入っていただけましたら
「拍手」にクリックをお願いします。

有難うございました。
スポンサーサイト





お酒 | 09:33:20 | トラックバック(0) | コメント(0)
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する