FC2ブログ
 
■プロフィール

アル酎ハイマーはいかい士

Author:アル酎ハイマーはいかい士
FC2ブログへようこそ!
私が、酒を好きなのではありません。
酒が、私を好きなんです。
毎晩、ストーカーされています。

■最新記事
■最新コメント
■最新トラックバック
■月別アーカイブ
■カテゴリ
■カウンター

■検索フォーム

■RSSリンクの表示
■リンク
■ブロとも申請フォーム
■QRコード

QR

~ 鎮守 氷川神社 ~
何度目かの参詣です。

とは言うものの、地元故いつでも来れる感があり、

地元の割には、久しぶりの参詣です。3年ぶりでしょうか。

オートレース場の目の前と言う特異な環境の中

横尾忠則のデザインした「オリジナル御朱印帳」でも人気の『鎮守 氷川神社』 です。




DSC00442-620x379.jpg













社  号          鎮守 氷川神社

鎮座地           埼玉県川口市青木5-18-48

主祭神           素盞鳴命(スサノウノミコト)

               櫛稲田姫命(クシイナダヒメノミコト)

社格等:          村社

創  建          応永年間(1397~1428年)

社  殿          権現造

例大祭:          10月20日

境内社          浅間神社   弁天社   磯前神社   天神社   三峰神社

                稲荷神社   古峰神社   不動尊堂









【由緒・沿革】



鎮守氷川神社は室町時代(700余年前)の初期(応永年間)の創建にかかる地方(武蔵国)の

古社で古来より時代時代に幾度か社殿が修復され再建されて来ましたが、明治17年に本殿、

拝殿が再建されました。

しかし、大正12年の大震災により拝殿、鳥居が倒壊した為、昭和天皇の御即位の御大典を記念し、

昭和2年拝殿・鳥居等を再建し、昭和61年5月25日氏子崇敬者の御奉賛により、

新社殿御造営大事業が成されました。


御祭神は伊邪那岐神、伊邪那美神の御子である素盞鳴命を又、夫婦神として櫛稲田姫命を

主祭神としてお祀りしている。

素盞鳴命が八俣の大蛇を退治したことから、厄祓い・厄除けの霊験あらたかであり、

主祭神が夫婦神であることから縁結び、夫婦和合、そして子育ての御神徳がある神として

崇敬されて今日に至っています。











【社号標】




         s-氷川神社DSC_4651_01










【大鳥居】




s-氷川神社DSC_4653_01





    《鳥居扁額》




         s-氷川神社DSC_4655_01











【鳥居狛犬】


こちらには、3対の狛犬がいます。

まずは鳥居の足元に鎮座していました。

この鳥居は、真新しいですね。造りたて、機械彫り感が漂います。




s-氷川神社DSC_4657_01      s-氷川神社DSC_4656










【手水舎】




s-氷川神社DSC_4659_01






吐水口は水を司ると言われる竜の彫刻。

こちらも最近はやりのエコ手水。人が近づくと水が出てきます。




         s-氷川神社DSC_4660_01














【参道狛犬】



参道の途中に鎮座していました。

こちらは少し年季が入っています。

大正15年(1926)の奉納です。

なんとなく趣のある、個性的で愛嬌のある顔つきですよね。




s-氷川神社DSC_4662s-氷川神社DSC_4661
      









【拝殿前狛犬】



これは年代ものです。

神様に近づくに従って、古くなっていきますネ。

嘉永4年(1851)の奉納です。

歴史が詰まっている顔をしてますネ。




s-氷川神社DSC_4665      s-氷川神社DSC_4664










【拝殿】



昭和2年に再建。

社殿全体の造営は、昭和61年完成

権現造




s-氷川神社DSC_4663_01




    《拝殿扁額》



氷川神社の総元締め「大宮氷川神社」の宮司さんが書かれています。




         s-氷川神社DSC_4666_01










【本殿】



裏に回ると本殿が、緑の杜に囲まれて幣殿と拝殿とつながって佇んでいました。

神域の静まりを呈しています。



s-氷川神社DSC_4670_01










【御神木】



本殿の裏に「大欅」の御神木がそびえていました。




         s-氷川神社DSC_4672_01











【お百度石】



拝殿の正面横にお百度石が置かれていました。

慶應10年(1868)の奉納

大政奉還の頃でしょうか。日本中がごった返していた時期ですネ。

この小石が100個あるということでしょうか。




s-氷川神社DSC_4677_01








【富士塚】




         s-氷川神社DSC_4674_01










【神撰田(しんせんでん)】


神様に供えるお米を作っています。




s-氷川神社DSC_4673










【絵馬】



絵馬も、お願いごとによりいくつかの種類が用意されているようです。

とは言うものの、皆さんお好きな絵馬に願い事を書かれているようですが。




         s-氷川神社DSC_4679_01









人気の絵馬は、こちらのようです。




s-氷川神社DSC_4667_01





s-氷川神社DSC_4675_01










【御朱印】



ここ、『鎮守 氷川神社』 では、御朱印帳だけではなく

”御朱印”にも工夫を凝らしています。

季節によって、御朱印の色が違います。




s-氷川神社DSC_4678_01








今は、夏なので「ブルー」です。

それプラス、今年は令和元年なので金色の「菊の御門」が押されていました。

賑やかで明るくていいですネ。




         s-氷川神社DSC_4682_01










以上、参詣者のために色々工夫している 『鎮守 氷川神社』 でした。










気に入っていただけましたら
「拍手」にクリックをお願いします。

有難うございました
スポンサーサイト





神社 | 21:50:48 | トラックバック(0) | コメント(0)
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する