FC2ブログ
 
■プロフィール

アル酎ハイマーはいかい士

Author:アル酎ハイマーはいかい士
FC2ブログへようこそ!
私が、酒を好きなのではありません。
酒が、私を好きなんです。
毎晩、ストーカーされています。

■最新記事
■最新コメント
■最新トラックバック
■月別アーカイブ
■カテゴリ
■カウンター

■検索フォーム

■RSSリンクの表示
■リンク
■ブロとも申請フォーム
■QRコード

QR

~ 築土神社(つくどじんじゃ) ~
「平将門の怨念」を、神田明神が祭神とする遥か前から祭神として祀っていた神社があります。

「築土神社」です。

今は九段下のビル街で怨念とは程遠いようなハイカラなコンクリートの姿の

神社になっていますが、まだまだ怨念の血は燃え尽きていないようです。





         s-築土DSC_2894_01









社  号          築土神社

鎮座地           東京都千代田区九段北1-14-21

主祭神           天津彦火邇々杵尊(あまつひこほのににぎのみこと)

相  殿           平将門公 菅原道真公

社格等           村社

創  建            940年(天慶3年)









〖由緒・沿革〗


首級の飛来の話は怨念を強調した話のように思われますが、史実としては将門所縁の者が

首桶に首級を納め、密かに持ち帰り、現在の千代田区大手町周辺の観音堂に祀ったのが

始まりと云われています。

この観音堂が“津久戸明神”と称され、徳川幕府にも篤く扱われ親密な関係が続いた。

当社内には、震災で社殿が消滅するまで平将門の首(頭蓋骨や髪の毛)そのものが

安置されていたと言われ、数ある将門ゆかりの社寺の中では、将門信仰の象徴的神社と

なっていました。

明治に入ると教部省の指示により朝廷に反旗を翻した将門は相殿に格下げされ、

「天津彦火邇々杵尊」が主祭神となって社号も『築土神社』とし現在に至っている。

つまり、未だに『築土神社』 の本来の姿には戻っていないと言うことになる。

これでは、将門の怨念は消えるどころか益々燃え上がるのではないでしょうか。









〖社号標〗




         s-築土DSC_2896_01











〖鳥居狛犬〗





s-築土DSC_2898_01      s-築土DSC_2897_01











〖社殿狛犬〗



社殿の前にも荘厳そうな狛犬が置かれていました。

築土神社の歴史を示す狛犬です。

頭に角があるのが「狛犬」宝珠を載せているのが「獅子」と区別していたころの狛犬です。




s-築土DSC_2900_01      s-築土DSC_2899_01











〖手水舎〗




s-築土DSC_2902_01

    









〖本殿〗




s-築土DSC_2904_01




   ≪扁額≫




         s-築土DSC_2906_01











〖境内社・世継稲荷〗





s-築土DSC_2907_01




         s-築土DSC_2908_01











〖御朱印〗





         s-築土DSC_2929_01











以上、将門の怨念が渦巻くパワースポット『築土神社』 でした。









気に入っていただけましたら
「拍手」にクリックをお願いします。
有難うございました
スポンサーサイト





神社 | 13:30:58 | トラックバック(0) | コメント(0)
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する