FC2ブログ
 
■プロフィール

アル酎ハイマーはいかい士

Author:アル酎ハイマーはいかい士
FC2ブログへようこそ!
私が、酒を好きなのではありません。
酒が、私を好きなんです。
毎晩、ストーカーされています。

■最新記事
■最新コメント
■最新トラックバック
■月別アーカイブ
■カテゴリ
■カウンター

■検索フォーム

■RSSリンクの表示
■リンク
■ブロとも申請フォーム
■QRコード

QR

~ 越谷 香取神社(大沢香取神社) ~
埼玉県には、先に参詣した「久伊豆神社」が元荒川流域を中心に分布しているのに対し

西側の荒川流域には「氷川神社」が、東側の中川流域には「鷺宮神社」が、そして

利根川・江戸川流域には「香取神社」が多数分布している。

なんとなく、人や町が川の流れに沿って発展進歩してきたのが判るような気がします。


今日は、”大落古利根川”流域で、東武スカイツリーライン”北越谷駅”の目の前に鎮座する

『越谷 香取神社(大沢香取神社)』にお邪魔しています。




         s-香取神社DSC_2847_01







この時期ならではの神楽殿の「春もみじ」です。




s-香取神社DSC_2864_01












社  号          越谷 香取神社(大沢香取神社)

鎮座地           埼玉県越谷市大沢3-13-38

主祭神           経津主大神(ふつぬしのおおかみ)

社格等           村社

創  建          不詳

例  祭          10月9日











【由緒・沿革】



香取神社は、約六百年前室町時代後期の応永年間(1394-1427)に下総国一の宮(千葉県

佐原市)香取神宮の御祭神・経津主大神を御分霊し、香取大明神として大沢村鷺後(さぎしろ)に

一村の鎮守として勧請連立された。奥州街埴(後の日光街道)の整備により武州大沢宿が

できたのに伴い、寛永のころ(1624-1644)鷺後から現在の大沢の地に移した。

現在の本殿は明治元年に再建されたものであり本殿周囲の彫刻は見事です。

また本殿の屋根は昭和六十年に修復された。











【社号標】




          s-香取神社DSC_2844











【一之鳥居】




          s-香取神社DSC_2845





    ≪鳥居扁額≫



          s-香取神社DSC_2846_01











【狛犬】



一之鳥居を潜ると、古い狛犬が二対参道に置かれていました

いかにも歴史を感じさせる姿ですネ。




s-香取神社DSC_2849      s-香取神社DSC_2848










こちらがさらに古く宝暦元年(1751)奉納の狛犬だそうです。




s-香取神社DSC_2851      s-香取神社DSC_2850

      









【二之鳥居】




s-香取神社DSC_2852_01





    ≪鳥居扁額≫


天満宮と書かれているのは明治以降後当社に合祀された神社の鳥居が移設された

ものと思われる。



s-香取神社DSC_2853_01











【三之鳥居】




s-香取神社DSC_2854_01










【狛犬灯篭】


三之鳥居を潜ったところに灯篭と言うのか狛犬と言うのか珍しいものが置かれていました。

初めて見ました。

灯篭が狛犬の上に載っています。

対ではなく単体でした。

重そうですネ。

今なら「動物虐待」でしょうか。




         s-香取神社DSC_2855_01











【手水舎】




s-香取神社DSC_2856_01











【狛犬】



拝殿前の狛犬です。

神様にお尻を向けないようにお行儀よく横向きに座っています。



s-香取神社DSC_2859_01    s-香取神社DSC_2858_01











【拝殿】


戦後再建されました。鉄筋コンクリート造です。

朱色が綺麗ですね。




s-香取神社DSC_2862_01





    ≪拝殿扁額≫




         s-香取神社DSC_2863_01











【奥殿・本殿】


本殿は明治元年(1868)に再建されたものが現存しています。

奥殿は慶應2年(1866)に再建されたものです。

四方がすべて浮かし彫りになっています。




         s-香取神社DSC_2869_01










彫物師 浅草山野町 長谷川竹次良によるもので、高砂の翁・龍など縁起物の彫刻が

色々と施されています。





s-香取神社DSC_2871_01







北面には川面で布を洗ったり、竹竿にかけて干すという「紺屋」の労働作業を表現した彫刻が

されている。江戸時代の大沢町は、紺屋の盛んな地域で、当地の産業を彫刻したものと見られる。




s-香取神社DSC_2875_01







【御朱印】




         s-香取神社DSC_2882_01



  





イヤーッ!色んなところに、いろんなものがあるんですね。

現地を見るまで全く知りませんでしたネ。

今日は何か得をしたような気分です。

感謝!   







以上 小粒だがきらりと光る『越谷 香取神社 』 でした。   








気に入っていただけましたら
「拍手」にクリックをお願いします。
有難うございました
スポンサーサイト





神社 | 23:45:42 | トラックバック(0) | コメント(0)
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する