FC2ブログ
 
■プロフィール

アル酎ハイマーはいかい士

Author:アル酎ハイマーはいかい士
FC2ブログへようこそ!
私が、酒を好きなのではありません。
酒が、私を好きなんです。
毎晩、ストーカーされています。

■最新記事
■最新コメント
■最新トラックバック
■月別アーカイブ
■カテゴリ
■カウンター

■検索フォーム

■RSSリンクの表示
■リンク
■ブロとも申請フォーム
■QRコード

QR

~ 小石川後楽園 ~
小石川後楽園に来ています。

確か、奥の方に梅園があったのを思い出して、仕事帰りに寄ってみました。



s-小石川DSC_1910_01





s-小石川DSC_1914_01







が、全然ダメでした。

梅園はあることはありましたが、ほとんど咲いていませんでした。

ここは元をただせば、水戸藩の屋敷、水戸光圀が作った庭園ですので

梅の木には、力が入っているかと思いきや、期待はずれでした。



         s-小石川DSC_1976_01





s-小石川DSC_1971_01









依然来た時には、もう少し梅のボリュウムがあったように思えたのですが

記憶違いだったのでしょうか。






s-小石川DSC_1973_01










その代り、沢山の空からの来訪者がいました。

改修工事の為汲み上げた池の底に残された小魚をつまんでいました。




s-小石川DSC_1920_01






鋭い眼光ですが、名前はわかりません。



s-小石川DSC_1938_01










これはアオサギです。

こちらは、水の中を泳ぐ小魚を正しい狩猟法でとらえていました。




s-小石川DSC_1943_01










そして、シラサギです。

岸から小魚を咥えようとしてますが、前のめりになって中々思うように

捉えられないようです。まだ子供で狩猟が未熟なのでしょうか。

やっぱり、水に足を浸けないと、うまくいかないのでは?




        s-小石川DSC_1982_02











こんな、ほほえましい来訪者もいました。

異国の庭園を眺めて何を話しているのでしょうか。

聞いてみたい気もしますが、馬に蹴られてもしょうがないのでやめときましょう。




s-小石川DSC_1913_01










一番奥の「内庭」の日本庭園のふちに真っ赤に咲いていました。

花がみんな下を向いてさくらんぼがぶら下がるように咲いています。

これは「梅」の一種なのでしょうか。 梅ではないかも?




s-小石川DSC_1979_01










以上、やっぱり「枝垂れ桜」の時期がよかった『小石川後楽園』でした。
スポンサーサイト





旅・はいかい | 09:05:16 | トラックバック(0) | コメント(0)
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する