FC2ブログ
 
■プロフィール

アル酎ハイマーはいかい士

Author:アル酎ハイマーはいかい士
FC2ブログへようこそ!
私が、酒を好きなのではありません。
酒が、私を好きなんです。
毎晩、ストーカーされています。

■最新記事
■最新コメント
■最新トラックバック
■月別アーカイブ
■カテゴリ
■カウンター

■検索フォーム

■RSSリンクの表示
■リンク
■ブロとも申請フォーム
■QRコード

QR

~ 世界らん展2019 ~
3年ぶりに『世界らん展2019-花と緑の祭典ー』に行ってきました。

おなじみの東京ドームです。

ドーム全体に、らんの香りと、観客の熱気が溢れていました。

場内には3000種、約10万株、250万輪のらんが展示されているそうです。

でも、誰が250万輪も数えたのでしょうか?




s-らん展DSC_1347_01










オーキドゲート、らん展の入り口です。




         s-らん展DSC_1350_01











このらん展は、5つの部門に分けられたコンテストにもなっています。

審査申請総数は5部門合わせて928作品です。

各部門の最優秀賞を獲得した「らん」を紹介します。







【フレグランス部門】


蘭の香りを審査する部門




最優秀賞    バンダ ファルカータ  '柚乃(ユノ)'



確かに香りはしましたが、我々素人には全く判断ができません。

姿かたちは、清楚でした。




img02.jpg












【ディスプレイ部門 愛好家クラス】



最優秀賞        蘭 舞踊



確かに、言われてみれば、らんが踊っているのかも。




img03.jpg











【ディスプレイ部門 オープンクラス】




ショーディスプレイ最優秀賞         天空の城





img04_pc.jpg











ライフスタイルディスプレイ最優秀賞         和洋折衷




img05_pc.jpg











〖フラワーデザイン部門〗






最優秀賞           ゆらぎ




img06.jpg











〖ハンギングバスケット部門〗




最優秀賞          今昔の美




img07.jpg











〖特別審査部門〗




日本大賞           パフィオペディラム
                             
                 エメラルド ゲート'グリーングローブ' 




         s-らん展DSC_1392_01
    




前回の日本大賞もそうでしたが、私の「らん」に対するイメージとはかけ離れて、

とてもシンプルです。 


講評としては、 この作品が選ばれたポイントは、花弁にみられるエメラルドグリーンと

深い黄色が美しい色彩を生みだしていること、そして見事に整った花の形だそうです。
  


まあ、我々素人には中々理解が難しいところですが勉強させていただきます。








次は素人の私が、単純に綺麗だなと思った蘭を紹介します。     






         s-らん展DSC_1353_01


品がありますが、何か怪しげな美しさを持つ妖艶な紫が目を引きました。








s-らん展DSC_1376_01



鮮やかな、赤の塊が行儀よく、同じ方向を向いています。

花の大きさもあって可愛さのある鮮やかさでした。








s-らん展DSC_1395_01



なんといっても白の集団の迫力が目を引きました。










         s-らん展DSC_1412_01



屈託のない明るい紫が魅力でした。











s-らん展DSC_1421_01



透き通る純白と怪しげな赤との対比が面白かったです。









s-らん展DSC_1481_01


コクと艶のある花の色合いの魅力と、背の高さも全体の色合いコピーしたこのように

そっくりに並んでいるのが面白い。


    










続いて個別部門のお気に入りの紹介です。




      s-らん展DSC_1368_01
     

白のキャンパスに茜色 と山吹色と紫色のグラデーション気味の抽象画を観るような

美しさでした。品格が溢れていました。

 






      s-らん展DSC_1378_01


飛び交う虫たちを有無を言わせずひきつけるような、品と怪しげな妖艶さを感じます。









         s-らん展DSC_1380_01



こちらは、可愛さを備えた小悪魔でしょうか。









s-らん展DSC_1382_01


清楚な貴婦人でしょうか。










         s-らん展DSC_1463_01


日本大賞流に言えば引き込まれるような清楚なエメラルドグリーンと

白の対比の魅力でしょうか。











まだまだ『世界らん展2019-花と緑の祭典―』はまだまだ続きますが、ちょと休憩です。
スポンサーサイト





旅・はいかい | 22:39:10 | トラックバック(0) | コメント(0)
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する