FC2ブログ
 
■プロフィール

アル酎ハイマーはいかい士

Author:アル酎ハイマーはいかい士
FC2ブログへようこそ!
私が、酒を好きなのではありません。
酒が、私を好きなんです。
毎晩、ストーカーされています。

■最新記事
■最新コメント
■最新トラックバック
■月別アーカイブ
■カテゴリ
■カウンター

■検索フォーム

■RSSリンクの表示
■リンク
■ブロとも申請フォーム
■QRコード

QR

~ ふるさと祭り東京2019 ~
3年ぶりに、お邪魔しています。

毎年、この時期になると東京ドームで開催されている

日本各地の“うまい”を堪能しながら、伝統のお祭りを感じることができる

『ふるさと祭り東京2019』 です。




logo.jpg











会場の、東京ドーム内は沢山の人の熱気で暑ささえ感じます。

場内は、お祭りを実演する「お祭りひろば」と、食を楽しむ「にぎわい市」ゾーンに

別れています。

「お祭りひろば」の正面の客席は、土日祭日は有料となる「特別観覧席」です。

一見、ところどころ空席があるように見えますが、私物で席が確保されていて

ほぼ満席状態です。

右側に少し見えているのが「にぎわい市」の一部ですが「お祭りひろば」の後ろの

広いスペースが全て「にぎわい市」の会場になっています。



s-ふるさと祭DSC_0856_01










「お祭りひろば」の右端に、3年前はスケジュールの関係で観ることが出来なかった

およそ300年の歴史と伝統を誇る、「ユネスコ無形文化遺産」にも登録された、

”八戸三社大祭”の山車が飾られています。

”八戸三社大祭”は東北を代表するお祭りの一つで、「おおがみ神社」「長者山新羅神社」

「神明宮」の三神社の行列と27台の山車の合同進行で行われます。

特に神話や歌舞伎を題材にして制作された最大で幅8メートル、高さ10メートルにもなる

山車は圧巻です。実際の祭を現地で観るのは日程的に中々難しいのでせめて

今日はこの山車が曳かれるところを観る目的で来ました。



s-ふるさと祭DSC_0858_01









”八戸三社大祭”の山車製作者は「博多祇園山笠」や「ねぶた祭」の山車の製作者と違い

プロの製作者ではなく、他に本業のある人々が、毎年祭の直前に集まり制作をします。

当然深夜まで作業が及ぶそうです。

それにしては、見事な出来上がりですネ。感心します。




s-ふるさと祭DSC_0859_01











「お祭りひろば」ではまず、すでに知名度は全国レベルになっている奥能登・名舟に伝わる

”御陣乗太鼓”の実演です。

”御陣乗太鼓”は1576年頃の発祥とされていますが、名舟町70戸250人のわずかな町民のうち

約20人が打ち手として全国で活動しています。

豊年の祝いや祭りごとに催される他のめでたい太鼓と違い、征服に来た上杉勢を太鼓で

追い返す目的で始まった太鼓ですので非常に速いテンポでしかも強く打ち続け、

その上それに合った身振り手振りも続けられる肉体的にハードな太鼓が特徴です。





まずは、一人打ちから




         s-ふるさと祭DSC_0887_01











続いて三人打ち

本番は五人ぐらいで打ちます。

そして被る面によってもそれぞれ太鼓の打ち方が違うそうです。

写真の打ち手もジャンプをしながら打っています。

かなりの運動量です、ちらりと肩で大きく息をしているのが垣間見れました。



s-ふるさと祭DSC_0918_01











いよいよ”八戸三社大祭”の山車曳きです。

民謡王国八戸の南部民謡と手踊りが先導です。

正月に唄われる「南部餅つき唄」「南部俵積み唄」 が続けて演じられています。





s-ふるさと祭りDSC_0959











”八戸三社大祭”の発祥の神社である「おがみ神社」の例祭で舞われる山伏神楽

「法霊神楽(ほうりょうかぐら)」 です。




         s-ふるさと祭DSC_0975_01








獅子頭を使う神楽のうち、修験信仰の色濃い神楽を「山伏神楽」と呼びます。

山伏神楽では、獅子頭を「権現様」と呼び神そのものとして拝んでいます。

伊勢流の大神楽と違い、太夫が権現様の上顎と下顎をもって歯を打ち鳴らすのが

「山伏神楽」の特徴です。

三社大祭でおがみ神社の行列を先導する「法霊神楽」も沢山の獅子頭が同時に打つ

「一斉歯打ち」は三社大祭の名物にもなっています。





s-ふるさと祭DSC_0981_01











「山車の曳き回し」が始まりました。





s-ふるさと祭DSC_0990_01





山車は、毎年毎年違う題材・テーマで造り変えられのですが

今日、お祭りひろばに置かれている山車の題材は、富士山をテーマに「富嶽三十六景」を

描いた”葛飾北斎”と富士山の祭神”木花開耶姫(このはなさくやひめ)”のようです。

富士山繋がりですかネ。

センターには北斎の代表作、通称”グレートウエーブ”と呼ばれている”神奈川沖浪裏”

掲げられていて、その両サイドには富嶽三十六景”凱風快晴”と”山下白雨”が飾られて

います。その下には神話の美姫”木花開耶姫”とその取り巻きの人形が

数体置かれています。




         s-ふるさと祭DSC_0860











山車が広場のセンター付近で一旦停まりました。

すると、びっくりしましたなんと”神奈川沖浪裏”と”凱風快晴”と”木花開耶姫”が

せり上がりました。そして二カ所から煙まで出しています。




s-ふるさと祭DSC_1007_01





スケールの大きい演出です。

これは確かに見る価値がありました。

後からも見て見ます。

せり上がった”ビックウエーブ”の後ろはこんな風になっていました。





s-ふるさと祭DSC_1020_01











以上 『ふるさと祭り東京』 のお祭りひろばでした。
スポンサーサイト





旅・はいかい | 10:21:40 | トラックバック(0) | コメント(2)
コメント
東京はイベントも多くて良いですね❗
いつも素敵な写真や説明文は、とても参考なります。これからも楽しみにしてます😊
2019-01-23 水 18:24:56 | URL | 和ママ [編集]
Re: タイトルなし
> 東京はイベントも多くて良いですね❗
> いつも素敵な写真や説明文は、とても参考なります。これからも楽しみにしてます😊


拙いブログに訪問いただき有難うございます。
皆さんに読んでいただけるよう、面白いブログになるよう切磋琢磨していくつもりですので、
ご指導宜しくお願いいたします。
コメントお待ちしています。又気に入りましたら「拍手」をクリックお願いします。

2019-01-24 木 17:36:25 | URL | アル酎ハイマーはいかい士 [編集]
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する