FC2ブログ
 
■プロフィール

アル酎ハイマーはいかい士

Author:アル酎ハイマーはいかい士
FC2ブログへようこそ!
私が、酒を好きなのではありません。
酒が、私を好きなんです。
毎晩、ストーカーされています。

■最新記事
■最新コメント
■最新トラックバック
■月別アーカイブ
■カテゴリ
■カウンター

■検索フォーム

■RSSリンクの表示
■リンク
■ブロとも申請フォーム
■QRコード

QR

~ 恵比寿GPクリスマス・イルミネーション2018 ~
『恵比寿ガーデンプレイスクリスマス・イルミネーション2018』 におじゃましています。

恒例の、バカラのシャンデリアをメインにしたイルミネーションです。

でも、いつもと何かが違います。




恵比寿GDSC_0509_01









そう、人出です。

例年と比べると人出が圧倒的に違います。

おそらく例年の10倍以上いるのではないでしょうか。

肩と肩が触れ合うどころではなく、体と体がぶつかって身動きできません。

例年だと、屋上からバカラを俯瞰したり、地下のショップからツリーを見上げたり

しながらいろいろの角度で写真が撮れたのですが、今年は違います。

そんなスペースも精神的時間的余裕がありません。

「明治神宮の初詣出」状態です。




恵比寿GDSC_0539_01









毎年同じものを展示しているのになぜ、今年はこのような人出になるのでしょうか。

それはおそらく 「イルミネーション人気ランキング」が影響しているのではないでしょうか。

去年までランキングにも入ってなかった「恵比寿GPイルミネーション」が

今年は全国で「3位」 東京で「2位」にランクされました。

初めて聞いたとき「へえ~」と驚いたのですが、今日現地へ来て見てびっくりです。

所謂 「群集心理」よくいえば「相乗効果」でしょうか。




恵比寿GDSC_0524_01











【バカラのシャンデリア】



世界最大級の大きさを誇るバカラのシャンデリアです。

高さ約5m・幅約3m・クリスタルパーツは8472ピース、ライト総数250灯という圧倒的な

存在感で輝きを放っています。 

このシャンデリアは、バカラの約70人の熟練した職人たちによって製作されたものだそうです。


一言で言うと ”綺麗” もう一つ付け足すと ”ゴージャス”







上方から撮りました。



         恵比寿GDSC_0553_01









下方から撮りました。




       恵比寿GDSC_0545_01







ここへ来て、バカラのシャンデリアを撮影するたびに思います。

アルミで出来たシャンデリアケースの横桟がシャンデリアのシルエットを邪魔します。

折角のゴージャスな姿が分断されます。非常に残念です。

写真を見て、あの黒い横残、本当にあった方がいいと思いますか?

折角のシャンデリアの姿が興ざめしますよね。


3等分された建枠の中のせめて真ん中だけでも横桟がなければ、と思うのは私だけでしょうか。

エコを考えて「アルミ」にしたと聞きましたが、アルミでも技術的には十分可能ですし、

ガラスの強度に関しては、言わずもがなバカラさんの方が本職でしょう。

これは、想像ですが、「シャンデリアケース」のデザインを優先したのではないでしょうか。

でも、基本に返ってみてください。何のためのケースですか、運搬するためですか。

違うでしょ。

シャンデリアを見せるため、見ていただくためのケースではないのですか。

むしろシャンデリアを見せる為だけならケースはいらないのかも。




459d6a8aaf9e472e9c36d7fd3d0acc76.jpg

                                        ≪OZmallより≫
                                        










時計広場には、シャンパンゴールドを基調とした約10万球もの光に包まれる幻想的な

空間の中に高さ10メートルのクリスマスツリーが飾られています。

高さもさることながら、中身もゴージャスですネ。飾りつけが満載です。

属に言う”てんこ盛り” です。

てんこ盛りを見るとなんとなくホッと安心感が湧いてくるのはやっぱり「育ち」のせいでしょうか。

もう少し下部もあるのですが、これ以上下部をフレームに入れると、「自撮り」をしている

人たちの、顔や頭がずらりと並び折角のツリーが興ざめしますのでこの辺にしておきます。



         恵比寿GDSC_0569_01











折角ですから、”てんこ盛り”のツリーの中をのぞいてみます。





ゴールドに輝いています。




恵比寿GDSC_0534_01








恵比寿GDSC_0565_01








恵比寿GDSC_0566_01













時計広場のオブジェです。

後ろに小さく見えるのが、広場の名前のもとになった「壁付き時計」です。




         恵比寿GDSC_0572_01











又、時計広場では12月25日まで限定で、ヨーロッパ各地で開催されるクリスマスマーケットを

イメージしたヒュッテ(山小屋)が並ぶクリスマス マルシェ(市場)が開催されています。




恵比寿GDSC_0511_01





恵比寿GDSC_0516_01









線路沿いの「東京都写真美術館」へ行く通路は「青の並木(勝手に付けました)」が輝きを

放っています。




恵比寿GDSC_0587_01






塀際の腰壁がSカーブを描いていて凹部分には2名が座れるほどの可愛いベンチになっています。

カップルたちが座り、盛んに青をバックに自撮りをしています。

クマのプーさんのぬいぐるみが置いてあるのは、なんなのかは不明です。




恵比寿GDSC_0599_02









向かいのの「東京都写真美術館」の壁やガラスのあちこちに青の並木が強烈に

映りこんでいます。




恵比寿GDSC_0591_01








以上、若いカップル達でごった返す

『恵比寿GPクリスマス・イルミネーション2018 』 でした。
スポンサーサイト





旅・はいかい | 06:01:42 | トラックバック(0) | コメント(0)
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する