FC2ブログ
 
■プロフィール

アル酎ハイマーはいかい士

Author:アル酎ハイマーはいかい士
FC2ブログへようこそ!
私が、酒を好きなのではありません。
酒が、私を好きなんです。
毎晩、ストーカーされています。

■最新記事
■最新コメント
■最新トラックバック
■月別アーカイブ
■カテゴリ
■カウンター

■検索フォーム

■RSSリンクの表示
■リンク
■ブロとも申請フォーム
■QRコード

QR

~ 旅のおわり ~
今度は、間違いなく乗りました。

一時間待って。

たった一つ残った旅の目的”わたらせ渓谷鐡道に載って紅葉を”を実現すべく。

列車は、「わたらせ渓谷鐡道」の始発駅「桐生」に向かっています。


処が、なんと順調に走っていた列車が「桐生」の3つ手前「足利」の駅に止まったまま

動かなくなった。


嫌な予感が頭をよぎる!

すると車内放送が「ただ今、桐生駅の手前の踏切で列車と自動車が衝突し、

レスキュー隊が現場に向かっているとの情報が入りました、安全の確認が取れるまで

この列車は、足利駅に停車します」
 と告げている。

/(^o^)\ナンテコッタイ!!

レスキュー隊が出張ると言うことは最低でも1~2時間はかかるのでは、との疑問が湧く。

最後尾の列車に行き、車掌に確認するも、情報が入ってこないので詳しいことは分からない

とのこと。なすすべもなく車内で待つ。

30分ほどすると又車内放送が「復旧のめどが立たないのでこの列車は始発駅の

小山に引き返します」
 と告げている。

ついに最後に残った目的”わたらせ渓谷鐡道に載って紅葉を”さえ

もぎ取られようとしている。



頭の中を”タラレバ”の走馬燈が回っている。

勿論”タラレバ”が何の役にも立たないことは、百も承知ですが、


もっと手早く「蔵の街」を廻っていたら。

待ち合わせ時間に遅れなかったら。

朝食を我慢していたら。

ファスナーがベンチに挟まれなかったら


おそらく別の旅行になっていただろうと。




足利にとどまってもしょうが無いので、とりあえず栃木にでも引き返して

最初に切り捨てた、”夜の、とちぎ秋まつり” でも観てみることになった。

捨てたものが、ブーメランのように戻って来たとは言え、何となく釈然としないのは

私だけでしょうか?






s-栃木秋祭祭DSC_9395






何度この「栃木駅」に降り立ったでしょうか。

しかし「とちぎ秋まつり」の夜の部は6:15とスケジュールに書かれている。

後、4時間何をすればよいのだろうか。駅の周りには何もない。



喫茶店、デパートのフードコートで時間を過ごしやっとのことで、夜の部にたどり着いた。







〖泉町 諫鼓鶏(かんこどり)〗



市指定有形民俗文化財


倭町の「静御前」と同様「とちぎ秋まつり」の起源となった山車です。

「諫鼓」とは昔の中国で君主に対して諫言しようとする民衆に打たせるために設けられた

太鼓のことで、「鶏」は鶏鳴によって君主に善政を促し、人々を警醒する想像上の鶏である。

「諫鼓鶏」とは、善政であるため諫鼓を鳴らす必要がなく、上に止まっている鳥も逃げない

という意味である。

元和元年(1615)5月、大坂夏の陣に勝利して江戸へ凱旋した二代将軍徳川秀忠は、

日枝神社の大祭である6月の山王祭を前に「太平の世を祝って諫鼓鶏の山車を末代に

至るまで一番で渡せ」と上意を下し、それまでの「御幣猿」に代わって「諫鼓鶏」を先駆けとした

といわれています。





         s-栃木秋祭祭DSC_9566_01











〖万町 劉備元徳〗



明治26年制作

県指定有形民俗文化財




         s-栃木秋祭祭DSC_9579_01





      s-栃木秋祭祭DSC_9578_01











〖倭町3町目 静御前〗


明治26年制作

県指定有形民俗文化財






         s-栃木秋祭祭DSC_9582_01
    





   s-栃木秋祭祭DSC_9604_01











〖倭町2丁目 神武天皇〗


明治26年制作

県指定有形民俗文化財




         s-栃木秋祭祭DSC_9586_01





s-栃木秋祭祭DSC_9587_01











〖室町 桃太郎〗



明治38年制作

県指定有形民俗文化財




         s-栃木秋祭祭DSC_9598_01











〖ぶっつけ〗



複数のだしが向き合って、お囃子を競い合う祭一番の見せどころです。

山車の引手などが提灯を振りかざし、掛け声を掛けながら、お囃子を盛り立てます。

お囃子の調子がズレた山車が道を譲るのが約束です。

「川越祭」で言うところの”ひっかわせ”と同じですネ。

しかし、迫力はこちらの方があるように思います。



s-栃木秋祭祭DSC_9545_01





s-栃木秋祭祭DSC_9552_01





s-栃木秋祭祭DSC_9555_01





s-栃木秋祭祭DSC_9558_01





          s-栃木秋祭祭DSC_9564_01











元気の良いのは、男ばかりではありません。



         s-栃木秋祭祭DSC_9577_01





s-栃木秋祭祭DSC_9611_01











でも、やっぱりこちらには勝てないか。




           s-栃木秋祭祭DSC_9614_01









以上、『とちぎ秋まつり 夜の部』でした。


いやーっ、栃木尽くしの長い一日でした。

「タラレバ」をたっぷり背負って帰りましょうかネ。

しかし、もうじき夜の8時ですが、いまだに桐生~小俣間は不通の状態のようです。

「タラレバ」の一つでも起きなかったら、桐生に行けて「わたらせ渓谷鐡道」に乗ることが

出来たかもしれないが、戻ってくるのは不可能。

結果としてこれが一番よかったのかもしれません。

「人間万事塞翁が馬」 と言うことでしょうか。









以上、 『 旅のおわり』 でした。




スポンサーサイト





旅・はいかい | 04:12:47 | トラックバック(0) | コメント(0)
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する