FC2ブログ
 
■プロフィール

アル酎ハイマーはいかい士

Author:アル酎ハイマーはいかい士
FC2ブログへようこそ!

■最新記事
■最新コメント
■最新トラックバック
■月別アーカイブ
■カテゴリ
■カウンター

■検索フォーム

■RSSリンクの表示
■リンク
■ブロとも申請フォーム
■QRコード

QR

~ 第80回 全日空寄席in 東京へ行ってきました 【中入り後】 ~
〖中入り後〗






≪春風亭一之輔≫




DSC_寄席2688_01





当代きっての人気を誇り、年間900席もの高座をこなすなど、寄席、ホール落語問わず精力的に

活動しています。テレビへの露出度も噺家の中ではトップクラスではないでしょうか。

酒とつまみと男と女(2014年4月 - 2015年3月、BSジャパン)は毎週楽しみに見させて

頂きました。 特に印象に残っているのは、酔客にブラザートム、酔女に倉嶋紀和子を迎えて

「赤羽界隈」で呑んだ時の放送です。いつものように、あちこち梯子酒しながらブラザートムの

話を聞いているうちに、一の輔はトムの考え方、生き方に感動と憧れを感じてしまい

最後の方は、いつもとは違い酔いが覚めてきたのか、、真顔で「今から帰って落語の稽古

しよう」とつぶやいたのを今でも覚えています。根が真面目なんですネ!

確か4年ほど前だったと思います。





趣味も「飲酒」だけでなく、落語協会主催の「謝楽祭」では空手の「板割り」をやったり

確か「アルプス登山」も経験していると記憶しています。

多方面での才能を持っている芸人さんだと思います。

日本大学時代の「落研」サークルでは、「柳家わさび」の先輩に当たります。






   【演目】


『ガマの油』




まずは、長いセリフのガマの油売りの口上をただ覚えただけでなくうまく演じていました。

拍手です!!


一之輔は古典を演じる場合でも、色々な工夫を凝らしているようです。

今回も新しい試みを演じていました。

普通、落語の構成は「マクラ+本題+サゲ」で出来ていますが。

今回は「マクラ+本題+マクラの続き+本題+サゲ」と言う構成で話ました。

確かに、演目も二つに分けやすい演目でした。

前半は「口上」がうまくいき、ガマの油がたくさん売れた場面、後半は酔っぱらって

「口上」もままならず、おまけに普段なら切れない腕が切れてしまい血だらけになる場面です。



落語の「マクラ」の語源の由来は諸説あるようです。

極端なのは英語の「マーケット クライアント ライブラリー( Market Client Library )」から

一文字づつとって『マクラ』と呼ぶようになったと言う説もまことしやかに言われています。

しかし、落語の頭の部分につく(あるいは頭を載せる)ので「マクラ」と言う方がなんとなく

しっくりしますし、粋な感じがします。

では、今回の一之輔の落語構成のように本題の途中に別の噺が入るのは何と呼ぶのでしょうか。

同じ載せるのでも「座布団」では一番下で体全部が載るから最後の「サゲ」になってしまいます。

「マクラ」は本題の頭が載るので「マクラ」、今度は逆に本題の体の途中に別の噺が載るので

”膝枕”ってーのはいかがでしょうか。       (座布団一枚!)




冗談はともかくその”膝枕”の中で、私が30年使っているオリジナルマイフレーズの一部を

一の之輔に使用されてしまいました。 




一之輔


「確かに、私は酒が好きです。でも向こうも私のことが好きなんです。相思相愛なんです」






オリジナルマイフレーズ(使用歴30年)


「私が酒好きじゃあないんです。酒が私を好きなんです!」

「特に最近は陽が落ちると毎晩表れて私にすり寄ってきます!」

「酒にストーカーされてます。近々警察に相談に行こうと思ってます!」




どうです!

全部ではありませんが、一部ニュアンスが似てるでしょう。

商標登録しておけばよかったかなぁー!




でも、なんとなくよく見ると一之輔の方が、正直で真面目そうな感じがしますネ。

それに、私のは少ししつこい気もします。

私に方が印象的に不利かも!



まっ、とりあえず酒飲みの考えることは一緒ってことにしておきましょうか!!















≪二代目 立花家 橘之助(たちばなや きつのすけ)≫





DSC_寄席2689_01




師匠の3代目三遊亭圓歌からスカウトされた際、「お前を女優にしてやる」と口説かれ、

その気になって入門したものの、気付けば芸人にされていたという。

小円歌時代、師匠の圓歌が心筋梗塞で倒れて入院する騒ぎになった際、マスコミから

病名を聞かれて誤って「近親相姦です」と答えたと圓歌本人にネタに

されていましたが、どうも事実ではないようです。

本人は「日本(世界)に2人しかいない女流三味線漫談家」を自負しているようです。







   【演目】



   『浮世節 たぬき』






初代 立花家 橘之助の代名詞とも言われる「たぬき」です。

三味線の色物が寄席でトリをつとめた異例中の異例と言われた襲名披露興行でも

浮世節「たぬき」を鮮やかな音色で聴かせ、期待に応えていました。










≪立川生志≫




DSC_寄席2690_01



生志の真打までの道のりは実に長かったようです。談志がなかなか認めなかったからです。

評論家筋に高く評価され、毎年のようにコンクールで受賞する「そんじょそこらの真打より

上手い二ツ目」と言われ真打昇進を期待されました。

談志が定めた立川流の昇進基準では、二ツ目は落語五十席、真打は落語百席の習得が

必要とされるほか、歌舞音曲と講談も出来なくてはいけない。

笑志の場合、引っかかったのは「歌舞音曲」の部分だったようです。

そんな中で2008年、5年がかりでやっと真打に昇進しました。


笑点の若手大喜利などでは、何度か見かけましたが、落語は聞いたことがありませんでした。

立川流生え抜きの真打では志の輔、談春、志らく、談笑に次ぐ実力者であることは

間違いないようです。

近々、師匠の男子のおはこ、“芝浜”を披露するそうで、楽しみです。




   【演目】


  『紺屋 高尾』




師匠の立川談志、兄弟子の立川志の輔の得意噺ですネ。

花魁の最高位である高尾太夫と、一介の紺屋の職人との純愛をテーマに据えた作品で

「五代目の高尾」の実話に基づいた噺です。

人気の始まりは、大正末期に出した篠田実の浪曲レコードで当時は異例となるほどの

売れ方をしたそうです。

ストリーがハッピーエンドで日本人好みの人情が入っているからでしょうか。








〖お土産〗



予め指定シートに置かれていました。



トートバッグ 大 小

ANAオリジナルペットボトルカバー

ボールペン

そして、意味が良くわかりませんが、「子供用の学習帳」




DSC_寄席2700_01











以上、『第80回全日空in東京』 の紹介でした。
スポンサーサイト


寄席・芸能 | 22:28:09 | トラックバック(0) | コメント(0)
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

FC2Ad