FC2ブログ
 
■プロフィール

アル酎ハイマーはいかい士

Author:アル酎ハイマーはいかい士
FC2ブログへようこそ!

■最新記事
■最新コメント
■最新トラックバック
■月別アーカイブ
■カテゴリ
■カウンター

■検索フォーム

■RSSリンクの表示
■リンク
■ブロとも申請フォーム
■QRコード

QR

~ 京都・伏見 蔵元界隈徘徊 ~
酒造りの神様『松尾大社』をお参りしたら、そのお膝元で日本を代表する酒処に

顔を出さない訳にはいかないでしょう。

と言う訳で『松尾大社』の御利益を検証しに『京都・伏見 蔵元界隈』へやってきました。





DSC_黄桜7895


                                      ≪伏見疎水≫










「伏見」は質の高い伏流水が豊富な土地で、桃山丘陵をくぐった清冽な水が湧き出ています。

カリウム、カルシウム、などをバランスよく含んだ中硬水は、酒造りにもってこいの水質

なのだそうです。

安土桃山時代に、酒造りの伝統が花開き、以来脈々と受け継がれ日本を代表する

酒処となりました。

また、歴史的にも安土桃山時代には豊臣秀吉が伏見城を築きました。

幕末には、おなじみの坂本龍馬をはじめとする志士たちの活躍で、

近代の夜明けの舞台となりました。

そんな伏見で現在でも清酒の素晴らしさ、旨さを知ってもらおうと、多くの蔵元が色々な工夫を

凝らして酒造りを続けています。、










677年創業の山本本家の酒蔵を改装した鶏料理のお店。昭和51年に10代目によって

開店しました。この界隈でもかなりの人気店で、ランチタイムは行列ができることもあるんです。




DSC_黄桜7828_01










「株式会社山本本家」

延宝5年(1677年)創業。当時は、醤油や味噌を製造販売していたそうですが、明治時代に

清酒専業となりました。

白楽天の詩より命名した「神聖」を商標とし、

名水≪白菊水≫をもとに食中酒を造り続けています。






         DSC_黄桜7829





DSC_黄桜7831








くつろぎ処 「伏見夢百衆」

元は、月桂冠の本社だった酒蔵で大正時代の建築、どっしりとした趣のある建物です。

ここは、ショップが中心ですがお酒も飲めて、カフェ利用もOKと言う嬉しいお店。

伏見の様々な清酒や伏見のお土産が揃います。

夢百衆の近くには、土佐藩の藩邸があったと言われています。坂本龍馬はもちろん、

武市半平太や、中岡慎太郎らが出入りしていたようです。



DSC_黄桜7863











伏見の酒蔵群の中に、歴史的事件の建物に出会いました。

幕末の1860年代の2つの事件の現場となった ”船宿 寺田屋”です。

その事件の一つ、「坂本龍馬襲撃事件」のなかで、入浴中の龍馬の妻・お龍の機転のおかげで

竜馬が一命を取り留めたと言う話は有名ですネ。




         DSC_黄桜7843_01








寺田屋の女将、お登勢は人の世話をするのが趣味という女性で、幕府から目をつけられていた

尊王派の志士達を匿ったり陰から支えたりしました。

坂本龍馬もその中の一人で、お登勢とは懇意にして慕っていて、お登勢宛に書かれた

龍馬の手紙はほとんどが頼み事や泣き言だったそうです。





DSC_黄桜7839_01



幕末当時の寺田屋は鳥羽伏見の戦いで消滅したため、現在あるこの寺田屋は明治になって

復元したもので、現在も旅館業を営んでいます。

旅館内には、お龍の入っていたお風呂も復元されているそうです。




DSC_黄桜7841











一番来てみたかった蔵元です。

私は、黄緑色の花を咲かす桜「御衣黄」が好きなんですが、その別名が「黄桜」

蔵元の『黄桜』さんも同じようないきさつで社名が付いたと聞きました。

そんな関係で気になっていた蔵元さんです。




DSC_黄桜7833





DSC_黄桜7835_01





         DSC_黄桜7836










少し離れたところに、お酒が飲めて食事もできるところがあると言うので

行ってみました。




〖黄桜 伏水蔵(ふくみぐら)〗



酒とビールの見学ができる製造工場とレストランがありました。




DSC_黄桜7844




DSC_黄桜7846_01










2階の製造工程の映像を見た後、製造工場もさることながら、

やはり現物を頂ける「レストラン」へ行かさせていただきました。





DSC_黄桜7850_01











団体さんが多いようで、15分程待った後、ちょうど入れ替えのタイミングでしょうか

一番奥の準個室に通されました。

飲み物は、やはりここでしか飲めない出来立ての地ビールでしょうか。




    DSC_黄桜7851_01










メニューの中から、店員さんお薦めの「蔵のかほり」をチョイス。



確かに良い香りがする、のど越しの良いお味でした。





          DSC_黄桜7853_01











食事は、つまみも兼ねて「京風 和定食」 をオーダー。




DSC_黄桜7856_01










焼き鮭


良い色してますネ。


切り口の身がふっくらと膨らんでいます。

新鮮な鮭出ないとこうなりません。

鮭は、焼き上がった色、艶で良いか悪いか解ります。

何か下味が付いているようです。さすが京都ですネ。



DSC_黄桜7857_01











出汁巻き卵




出汁が上品です。

しつこくなく、出汁巻きを飲み込んだ後、舌の上に甘旨い余韻を残します。




DSC_黄桜7858_01












冷奴出汁付き




上品な絹ごしでした。




DSC_黄桜7859_01













おから




昔懐かしい味ですネ。




DSC_黄桜7860_01










釜揚げ白子




       DSC_黄桜7861_01











取り皿




懐かしい小島功さんデザインの取り皿が、用意されました。

あんまり懐かしいのでショップでお土産に、購入させていただきました。




DSC_黄桜7862_01











以上、『京都・伏見 蔵元界隈徘徊』 でした。


蔵元徘徊まだ続きます。
スポンサーサイト


旅・はいかい | 22:49:49 | トラックバック(0) | コメント(0)
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

FC2Ad