■プロフィール

アル酎ハイマーはいかい士

Author:アル酎ハイマーはいかい士
FC2ブログへようこそ!

■最新記事
■最新コメント
■最新トラックバック
■月別アーカイブ
■カテゴリ
■カウンター

■検索フォーム

■RSSリンクの表示
■リンク
■ブロとも申請フォーム
■QRコード

QR

~ 亀戸天神社 梅まつり ~
昨日来の雪も止み、青空も見えてきたので少し早いかと思いつつ

「雪」と「梅」のコラボも「おつ」か、と

足元の悪い中「亀戸天神の梅まつり」に来てみました。

う~ん。やっぱ 少し早いか、2分~3分咲きと言うところかナ。

でも空いててゆっくり見れるからこれはこれでいいか。



亀戸天神梅まつり 003



亀戸天神梅まつり 005



『亀戸天神』は通称「亀戸天満宮」とも呼ばれますが、正式名は『亀戸天神社』です。

言わずと知れた「菅原道真」を祀る神社で総本社は当然『大宰府天満宮』です。

「菅原道真」の末裔であった太宰府天満宮の神官、菅原大鳥居信祐が天神信仰を広めるため諸国をめぐった際に

この地亀戸に「天神像」を奉祀したのが始まりだそうです。

本来昨日の「大雪」さえなければ今日あたりは「道真公」の御利益を求めて絵馬を奉納する受験生で

あふれていたと思われる。



亀戸天神梅まつり 008



亀戸天神梅まつり 009




『亀戸天神』の名物と言うとまずは、本家『大宰府天満宮』と同じ

「太鼓橋」ですか。



亀戸天神梅まつり 022



綺麗に池にも映ってます。

鳥居を潜ってすぐに渡るこの橋が『男橋』です。

池と橋を人の一生になぞらえて、この橋は「過去」を表すそうです。




本殿の手前にあるのが『女橋』です。



亀戸天神梅まつり 013


この橋は「未来の希望」を表しているそうです。





太鼓橋(男橋)とスカイツリーのコラボです。


亀戸天神梅まつり 010





藤棚とスカイツリーです。



亀戸天神梅まつり 011




もう一つおまけに「鳥居」とスカイツリーです。



亀戸天神梅まつり 024







手水舎です。


コンパクトです。



亀戸天神梅まつり 018





本殿です。  さすがに貫禄ありますネ。


亀戸天神梅まつり 016


両サイドは合格祈願の絵馬です。 すごい数です。





本殿の正面には総本社『太宰府天満宮』の『飛び梅』が鎮座してました。



亀戸天神梅まつり 020





『亀戸天神社』でもう一つ有名なのが、「鷽(うそ)替え神事」です。

例年1月24日、25日に行われ、木彫りの「鷽」が授与されます。

「去年の悪しきはうそとなり、まことの吉にとり(鳥)替えん」

との言い伝えによるそうです。




亀戸天神梅まつり 017



img010302.jpg










金沢の兼六園で有名な「琴柱燈籠」もありました。

ここには幾度か来ていますが気が付きませんでした。

兼六園に負けず劣らず立派な「琴柱燈籠」です。





亀戸天神梅まつり 015








『菅原道真公』は「牛」に大変御縁があるようで『大宰府天満宮』ほどではありませんが、

こちらにもありました。


「神牛殿」です。



亀戸天神梅まつり 019



牛は天神の神使(みつかわしめ)として信仰されているそうです。







学問の神様、受験の神様として祀られる『菅原道真公』の『亀戸天神社』ですが

その境内の中に摂末社として『御嶽神社』があり

『道真』の数学のの師である法性坊尊意僧正が祀られています。

この『御嶽神社』は「卯の神」として知られ、正月の初卯詣には、芸者とその旦那がこぞって詣でたそうです。

「学問の神様」と「芸者と旦那」妙な組み合わせの正月ですネ。



亀戸天神梅まつり 004







藤棚と池から観た本堂です。




亀戸天神梅まつり 023




この池には地名の「亀戸」にちなんで幾つかの種類の「亀」が沢山生息しているようです。









でもって、せっかくの「梅まつり」ですから、わずかですが、「梅」をどうぞ。



亀戸天神梅まつり 006




亀戸天神梅まつり 014




亀戸天神梅まつり 021





亀戸天神梅まつり 025






以上「亀戸天神社の梅まつり」の先駆けでした。





亀戸天神梅まつり 001


スポンサーサイト


神社 | 12:55:18 | トラックバック(0) | コメント(0)
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

FC2Ad