FC2ブログ
 
■プロフィール

アル酎ハイマーはいかい士

Author:アル酎ハイマーはいかい士
FC2ブログへようこそ!

■最新記事
■最新コメント
■最新トラックバック
■月別アーカイブ
■カテゴリ
■カウンター

■検索フォーム

■RSSリンクの表示
■リンク
■ブロとも申請フォーム
■QRコード

QR

~ 晴明神社 ~
陰陽師 安倍晴明を その屋敷跡に祀る神社、『清明神社』 にお邪魔しています。




         DSC_晴明7360_01











社  号          清明神社

鎮座地           京都府京都市上京区清明町806番1

御祭神           阿倍清明御霊神

創  建          1007年

社格等           旧村社

例  祭          9月秋分の日(清明祭)











【由緒・沿革】



1005年に晴明が亡くなると、その時の天皇一条天皇は晴明の遺業を賛え、晴明は稲荷神の

生まれ変わりであるとして、1007年、その屋敷跡に晴明を祀る神社を創建した。

当時の境内は、東は堀川通り、西は黒門通り、北は元誓願寺通り、南は中立売通りまであり、

かなり広大であった。しかし度重なる戦火や豊臣秀吉の都市整備などにより次第に縮小し、

社殿も荒れたままの状態となった。

幕末以降、氏子らが中心となって社殿・境内の整備が行われ、1950年には堀川通に

面するように境内地が拡張された。

平成になると、漫画化・映画化もされた夢枕獏の小説のヒットにより、主人公である

安倍晴明のブームが起こり、全国から参拝者が訪れるようになった。

晴明歿後千年となる2005年には安倍晴明千年祭が行われた。

2017年に二の鳥居の社号額が新調され、1854年(安政元年)に土御門晴雄により奉納された

ものを忠実に再現したものとなった。











【社号標】




         DSC_晴明7358











【一之鳥居】



「堀池通り」に面して建っていました。

扁額には通常社号を書くのですが、社紋の「清明桔梗(五芒星)」が掲げてありました。

全国的にも珍しいのではないでしょうか。




DSC_晴明7359_01











【狛犬】


立派な狛犬でした。

面構えも勇猛で、しかもイケメンでした。




DSC_晴明7362       DSC_晴明7361







「一之鳥居」を潜った右側にひと際大きな狛犬が一頭鎮座していました。

顔は、怪しげな学者風ですが!

なぜ一頭なのか、なぜここにあるのか、なぜ台座に乗っていないのか?仔細は不明です。




         DSC_晴明7365




         DSC_晴明7366











【二之鳥居】


さすがにこちらの扁額は社号でした、しかも真新しい。





DSC_晴明7367_01











【二之鳥居狛犬】



こちらもユニークな面構えをした狛犬ですネ。

狛犬を観ているだけで飽きませんネ。

”犬相”に3組三様の味がありました。




DSC_晴明7370       DSC_晴明7369










【手水舎】




DSC_晴明7371











【清明井】



安部晴明が念力により湧出させたと言われている「晴明井」です。

病気平癒のご利益があるとされ、湧き出す水は現在でも飲めるそうです。

水の湧き出るところは、その歳の恵方を向いており、吉祥の水が得られます。

恵方は毎年変わりますので、立春の日にその向きを変えます。

又、この地に千利休の屋敷があり「清明井の水」でお茶を点て、

秀吉もそれを飲んだとか、飲まなかったとか云われています。





DSC_晴明7372













【本殿】




pixta_3016999_M.jpg





DSC_晴明7378











【安部清明像】



晴明が、衣の下で印を結び、夜空の星を見て遠く天体を観測している様子を

あらわしているそうです。




         DSC_晴明7377_01











【厄除け桃】



陰陽道では、桃は魔除け・厄除けの果物といわれます。

『古事記』や『日本書紀』などでも魔物を追い払う様が描かれています。

昔話、「桃太郎」もこれに由来するものだと言う説もあります。

自身の厄や、まがまがしいものをこの桃に撫で付ければ、清々しい気持ちになることが

できると言われています。




         DSC_晴明7374











【御神木】



樹齢推定300年の楠です。楠は、かつて虫除けなどに使われる樟脳の原料でした。




         DSC_晴明7376











【旧・一条戻り橋】


安倍晴明とも縁深い先代の一条戻橋で使われていた欄干の親柱を境内に移し、昔の風情を

そのままに「一條戻橋」を境内に再現しています。

昔、一条より北には埋葬地があり死体は一条橋を渡って運搬されていました。

ある時、運搬中の死体が一条橋の上で生き返ったそうです。

それから「一条戻橋」と呼ばれる様になりました。

現在でも、婚礼の花嫁はこの橋を通らないと言う風習が残っています。




         DSC_晴明7363










【式神石造】



「旧・一條戻橋」の傍らには、式神の石像が置かれています。式神とは、陰陽師が使う精霊で、

人の目には見えません。

清明は、奥さんが怖がったのでこの式神を一条橋戻橋の下に封じ込めていたそうです。



         DSCF8761.jpg











【御朱印】




         DSC_晴明8111_01











以上、霊気漂う 『清明神社』 でした。
スポンサーサイト


神社 | 22:47:20 | トラックバック(0) | コメント(0)
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

FC2Ad