FC2ブログ
 
■プロフィール

アル酎ハイマーはいかい士

Author:アル酎ハイマーはいかい士
FC2ブログへようこそ!

■最新記事
■最新コメント
■最新トラックバック
■月別アーカイブ
■カテゴリ
■カウンター

■検索フォーム

■RSSリンクの表示
■リンク
■ブロとも申請フォーム
■QRコード

QR

~ 祇園・東山界隈写夢歩 ~
祇園・八坂界隈をカメラをぶら下げて散歩してみます。

まずは、祇園と言えばこちらでしょうか。

テレビや雑誌で祇園の象徴的景色として紹介される

祇園・白川にかかる「巽橋」です。




DSC_祇園7324_01





「切通し」通りです。

細い路地の石畳とベンガラ格子

祇園風情たっぷりですネ。




         DSC_祇園7334_01











素敵なお姉さん達の撮影が次々と行われています。

便乗です、すいません。



         DSC_祇園7331_01





         DSC_祇園7329_01










巽橋のたもとにあるのが、昔から祇園で働く舞妓や芸妓の信仰を集めてきた辰巳神社です。

諸芸上達のご利益があり、周囲を囲む柵や灯ろうは朱色に塗られて花街の神社らしく美くしく

鎮座しています。




         DSC_祇園7325





         DSC_祇園7326











花見小路通り「祇園甲部歌舞練場」付近です。

こちらも、石畳で祇園情緒たっぷりですネ。

手前は、名物「豆すし」で有名な「豆寅」です。




DSC_祇園7175





DSC_祇園7177











忠臣蔵の、大石内蔵助が仇討ちの意思無しを装うために、豪遊し続けたと言われる

「お茶屋 一力亭」 です。

幕末には、近藤勇や大久保利通、西郷隆盛も頻繁に通ったそうです。


以前、関西方面で仕事に従事した折、その仕事が終了し帰京するに当たり、

先輩諸氏がこの一力で送別会を開いてくれました。

祇園界隈の名の通ったお茶屋さんは当然「一見さん」お断りですが、

その中でも、この「一力亭」は、とくに格式が高いところと聞いていました。


そんな状況の中、畏れ多くも先輩諸氏のおかげで一夜限りの「大石内蔵助」を

体験させていただきました、懐かしくも有難い思い出です。


  「 鬼さん こちら・・・・・・」


失礼しました!!




DSC_祇園7335_01





その時、伺った話ですが、元々この店の屋号は「万屋」だったそうです。ところが、

幕府への遠慮からか、仮名手本忠臣蔵では、この店の「万」の字を二つに分けて「一力」という

屋号に変えて演じたようです。 そうしたところ、この芝居が予想以上に大当たりとなり

店の名も有名になりました。それからは現実のこの店の屋号までが「一力」と言う名で

呼ばれるようになったため屋号を「一力」変えてしまっただそうです。

そう言われて改めて見ると、入口の上にある屋号札は、「一力」より「万」と書いてあるように

も見えます。



            f5ef86d5050762e5d564e7bbda1f1b47.jpg














花見小路通りのどん詰まりに、建仁2年(1202年)将軍源頼家が寺域を寄進し栄西禅師を

開山として宋国百丈山を模して建立された臨済宗 建仁寺がありました。

広大な境内を有していました。



         DSC_祇園7169_01










〖本坊〗




DSC_祇園7171_01












〖法堂〗





DSC_祇園7173











「八坂の塔」 が見える八坂通りです。





         DSC_祇園7232_01









東山の坂の途中にある、”くくり猿”で知られる「八阪庚申堂」です。

境内には、沢山の”くくり猿”が括られています。

”くくり猿”に願いを描いて吊るすと願いが叶うと言われています。





DSC_祇園7243






DSC_祇園7235







DSC_祇園7239






DSC_祇園7240










東山のランドマーク法観寺の五重塔、通称「八坂の塔」です。

伝承によれば五重塔は592年に聖徳太子が如意輪観音の夢告により建てたとされています。




         DSC_祇園7244_01





         DSC_祇園7258_01











坂の途中にありました。

前衛芸術でしょうか。

でも、結構後を引く面白さ ですネ。

写真撮影は、100円とあるので、指定の人形のお口の中に入れときましたよ。

伝統と斬新と自由が混在する京都を垣間見させていただきました。




DSC_祇園7250





DSC_祇園7251










「清水寺」が工事中で舞台に足場が掛かっていると言うので見学をあきらめ

「二年坂」を曲がりました。


さて、ここでクイズです。

二年坂にあるこのお店は何という名の何の店でしょうか!

全国的に有名な誰でも知っているお店です。

ヒントは、画面の中に!!




DSC_祇園7264_01




築100年を越える、京都市が指定する伝統的建造物の大正数寄屋風日本家屋を

可能な限り保存しながら店舗に改修したそうです。

中には、表千家流の中庭、裏千家流の奥庭が創られているそうです。




正解は、 あとで!!












下河原通り、白いご飯によく合う大好きな「ちりめん山椒」のお店 「やよい」です。




DSC_祇園7268_01






こちらの「ちりめん山椒」は美味しいですね。

通称「おじゃこ」 と言うそうです。

勿論、お土産にさせていただきました。

美味しかったですよ!




        img4.jpg

                                ≪やよいHPより≫



       img3.jpg


                                ≪やよいHPより≫










以上、『祇園・東山界隈爺・写夢歩』 でした。


クイズ正解: 喫茶店 スターバックス京都二寧坂ヤサカ茶屋店

         (二階にスタバのマークの袖看板あり)
スポンサーサイト


旅・はいかい | 05:53:41 | トラックバック(0) | コメント(0)
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

FC2Ad