FC2ブログ
 
■プロフィール

アル酎ハイマーはいかい士

Author:アル酎ハイマーはいかい士
FC2ブログへようこそ!

■最新記事
■最新コメント
■最新トラックバック
■月別アーカイブ
■カテゴリ
■カウンター

■検索フォーム

■RSSリンクの表示
■リンク
■ブロとも申請フォーム
■QRコード

QR

~ 日本橋界隈プチ社散歩 Ⅱ ~

プチ社ではありません。

1100年以上の歴史を持つ、列記とした日本橋の古社『福徳神社』です。

2014年に新しく当地に遷座してから4度目の参詣です。

日本の中心日本橋のビル群の中に、凛として鎮座しています。




         DSC_福徳7054_02











社 号         福徳神社 

所在地         東京都中央区日本橋室町2-4-14

主祭神         宇迦之御魂神(うかのみたましん/倉稲魂命)

社 格         旧村社

創 建         不詳 (貞観年間859~876)

社 殿         入母屋造り正面向拝、千鳥破風付  

別 称         芽吹神社











【由緒・変革】


平安時代前期の貞観年間(859~876年)には創建されていたと推測されている。

旧福徳村の稲荷神社として奉斎され、社号もこの村名に由来する。

古くは源義家が深く崇敬していたとされ、江戸城を築城した太田道灌も狩の帰路にしばしば

参詣していたという。

江戸幕府開府以前に太田道灌が合祀され、その兜・矢・鏃などが奉納されたと伝わる。

また、徳川家康は江戸入府後の1590(天正18)年8月初めて参詣し、その後も参詣は

数度に及んだ。

二代将軍・徳川秀忠が1614(慶長19)年正月に参詣した際に「福徳とはまことにめでたい神号

である」と称賛し、この時に当社の古例であった樹皮付きの椚(くぬぎ)製鳥居に若芽が萌え

出ているのを見て「芽吹神社」との別称を命名した。

1619(元和5)年2月に江戸城内から弁天宮が合祀された際には将軍自ら神霊を納めている。

幕末期には火災が多く度々被災したが、社殿・施設修復費用捻出のため、富くじ興行が

許された社寺のひとつでもあった。

天保の改革の影響により一時福徳稲荷は姿を消すが、改革を断行した老中・水野忠邦の失脚後、

氏子の嘆願により再興された。

明治維新後の1874(明治7)年8月、村社に列せられる。

関東大震災後の1925(大正14)年に区画整理が実施された際、換地に遷座した。

1944(昭和19)年には空襲により社殿が焼失し、戦後仮殿にて奉斎されていたが、

1972(昭和47)年、旧三井銀行日本橋支店の申し入れにより旧鎮座地を交換、遷座した。

2010(平成22)年までは一時期ビルの屋上に鎮座するなどしていたが、日本橋室町東地区

開発計画の一環として社地・社殿が改められることとなり、2014(平成26)年10月23日に

竣工が発表された。

なお、2016(平成28)年9月、境内東側に隣接する敷地が「福徳の森」としてオープンし、

同所には東京薬事協会が奉斎する薬祖神社が遷座している。





【大鳥居】



DSC_福徳7053_01








【社殿】


入母屋造り正面向拝、千鳥破風付  

社殿は木造のような外観だが、当地が防火地域の為、実は鉄骨造に吉野檜で化粧をしている。

RC造ののっぺりとした外観に安易に落ち着かなかったことに拘りが伺える。

地下2階には防災用備蓄倉庫が造られていて、帰宅困難者に配給する飲料水や食料が

16,000食分確保されているという。

都会の神社の新しい役割を見つけたのではないでしょうか。





DSC_福徳7055




   ≪扁額≫




         DSC_福徳7058_01















【手水舎】




DSC_福徳7056





DSC_覆億7059







水を司どる神、龍が力強い。




DSC_福徳7057_01










社殿竣工の2年後境内に”福徳の森”が完成しました。

近隣サラリーマンの憩いのオアシスとなっています。




DSC_福徳7060





DSC_福徳7061





         DSC_福徳7062










この”福徳の森”の中にもう一つ社が遷座されました。

薬祖神社 です。




DSC_福徳7064





   ≪扁額≫



         DSC_福徳7065











【拝殿】




DSC_福徳7066











以上 『日本橋界隈 プチ社 散歩 Ⅱ 』 でした。







スポンサーサイト
神社 | 21:53:33 | トラックバック(0) | コメント(0)
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

FC2Ad