FC2ブログ
 
■プロフィール

アル酎ハイマーはいかい士

Author:アル酎ハイマーはいかい士
FC2ブログへようこそ!

■最新記事
■最新コメント
■最新トラックバック
■月別アーカイブ
■カテゴリ
■カウンター

■検索フォーム

■RSSリンクの表示
■リンク
■ブロとも申請フォーム
■QRコード

QR

~ 日本橋界隈 プチ社散歩 Ⅰ ~
神田界隈の続きで、日本橋界隈の町中社を訪ねます。




【家内喜稲荷神社(ヤナギイナリジンジャ)】


神田と日本橋の堺、すなわち千代田区と中央区の堺に鎮座していました。

昔で言うところの”国堺”でしょうか。 

まあ”区の堺”には違いないのですが。





でも、日本橋と聞いたただけでもなんとなく垢抜けて見えるのは偏見でしょうか。

神田に失礼か! まあ、神田には神田の良さがあるから。




小さいけれど、鳥居もしっかり造られています。




         DSC_佐竹7041











それにしても、面白い社号の神社ですネ。

家内が喜ぶ と書いて「ヤナギ」ですか。

おそらく本来は「柳」「柳稲荷」だったのではないでしょうか。



お祝いの席で、大事な箸が折れたりするのを忌み嫌うため、丈夫で折れにくい柳の木が

使われています。また、柳は水で清められた神聖な木とされ、春一番に芽吹くおめでたい

木とも云われています。その「柳箸」は、家の内に幸せを運び縁起が良いことから

「家内喜箸(やなぎばし)」と表示することも .ありました。


又、昔は結納の時に、縁起が良いとされた「柳樽」という朱塗りの樽に、酒を入れて

樽酒を持参していました。これも一家の幸せを願う縁起のものと言うことで

「家内喜多留(やなぎだる)」と表現されていました。


ちなみに、現代は酒樽の代わりにその代金を「祝儀袋」に入れて持参するのですが

その祝儀袋には「家内喜多留」 と表示するのが一般的だそうです。

と言う訳で、一家に幸せを呼ぶ『家内喜稲荷神社』 となりましたが

結論は、江戸っ子の粋な洒落から生まれた社号と言うことでどうでしょうか。

しかしながら、せっかくの”粋”も台無しです。

大事な「社号標」に住居プレートなんか打ち付けるな!!

失礼でしょう。 

玄関の表札にそのプレートを打ちつけられたら、あなたは喜びますか!!

まったく!!

こう言うことを無神経にする人を ”無粋” と言うのではないでしょうか。




         DSC_佐竹7042










拝殿も、綺麗に管理されていました。




 DSC_佐竹7044_01









手水鉢も置かれています。




         DSC_佐竹7043











社号 家内喜稲荷神社 やなぎいなりじんじゃ

所在地 東京都中央区日本橋室町4-2-12












【両社稲荷神社】



中央通りから、区境になっている路地を少し入ったところにビルに挟まれて鎮座していました。

こちらは正真正銘の区境です。

社は、日本橋に鎮座していますが、カメラは神田で構えています。




         DSC_佐竹7045







由緒・沿革


両社稲荷神社の縁起は定かではありませんが、京都伏見稲荷大社

の流れを汲み正一位の神階を授けられ、江戸時代初期より福田稲荷

神社と共に当地「日本橋本町」界隈の商人、町人の「家内安全、商売繁

盛」の守り神として、深い尊崇を集めていました。

平成二十五年十二月、隣接するビル立替工事のため御社を一旦取

り壊すこととなり、再建まで御霊は江戸総鎮守・神田神社(神田明神)

に移りました。

平成28年11月、奉賛会員はじめ広く当地崇敬者から寄進を

募り、新たな御社の造営が行われました。御宮は従前同様の束立向

拝宮、鳥居は朱塗りの明神鳥居といたしました。

 平成29年3月、遷座祭を斎行し、御霊を再び神田明神から当

地にお迎えし、現在に至っています。


覆殿の扉を開けると、真新しい拝殿がきれいに置かれていました。

遷座されたばかりを表しています。




DSC_佐竹7047









社号 両社稲荷神社

祭神 宇迦之御魂神

所在地 東京都中央区日本橋本町4-4-13











【福田稲荷神社】



こちらも、日本橋本町と神田美倉町の堺に鎮座します。

本町は徳川家康が江戸入府後初めに造った商業の中心町です。

その時代から今日まで薬問屋が集中している町です。

残念ながら拝殿の扉が閉まっていて中を観ることはできませんが

庇の柱と、鳥居の柱を兼務させたとてもユニークな門構えをしています。





DSC_佐竹7049











【由緒・沿革】




古事記に依りると、和銅二年に始めて京都稲荷山に伏見稲荷大明神が勧請致されました。

それから二年後和銅四年(西暦711年)に伏見より分社して福田村に鎮座したのがそも

そも福田稲荷神社の始まりです。

1300年を超える歴史を持つ、由緒ある古い稲荷神社です。





   ≪扁額≫




         DSC_佐竹7050










郵便ポストかと思ったらどうやら賽銭箱の様です。

庇鳥居と言い、賽銭箱と言いとてもユニークな神社です。




         DSC_佐竹7052











以上 『日本橋界隈 プチ社散歩 Ⅰ』 でした。
スポンサーサイト


神社 | 22:45:52 | トラックバック(0) | コメント(0)
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

FC2Ad