FC2ブログ
 
■プロフィール

アル酎ハイマーはいかい士

Author:アル酎ハイマーはいかい士
FC2ブログへようこそ!

■最新記事
■最新コメント
■最新トラックバック
■月別アーカイブ
■カテゴリ
■カウンター

■検索フォーム

■RSSリンクの表示
■リンク
■ブロとも申請フォーム
■QRコード

QR

~ アートアクアリューム2018 ~
今年も、コレド・日本橋三井ホールで始まりました。

今年は、”金魚と錦鯉とプロジェクションマッピング”のコラボです


薄暗い場内に七色の光線が忙し気に走り抜けています。

嫌が追うにも、これから展開される物への期待が膨らみます。





DSC_アート5285_01










入口からの通路天井が”和”を意識してか「格天井(ごうてんじょう)」になってました。

ただし格子の中は、花鳥風月の絵ではなく、”金魚の水槽”でした。


天井を金魚が泳いでいるんです。




DSC_アート5493_01





DSC_アート5283_01









≪超・花魁≫



アートアクアリューム10年の集大成として誕生した新たな超大作で

世界一の大きさの金魚鉢です。

今までの「花魁」は1,000匹の金魚が泳いでいましたが、この「超・花魁」は

3,000匹の金魚が泳いでいます。




       7037a86bd14a41e2b3759b8057c7a12f.jpg








七色に変わるライティングがされています。




DSC_アート5300_01











≪大政奉還金魚大屏風≫




会場を二つに仕切るように造られた金魚鉢の舞台の上に、幅5,4Mの

屏風状に造くられた、薄型の水槽が18連並んでいます。

その水槽屏風(ビョウブリュウム)に屏風絵の替わりに、プロジェクションマッピングが

投射されています。

そしてその屏風の中では金魚が泳いでいます。驚きの発想ですネ。


投射されているプロジェクションマッピング内容は、江戸末期の徳川幕府による

大政奉還によってもたらされた、日本美術史の移り変わりが流れるようにを表現されています。




DSC_アート5290_01







舞台に見えるところも、実は大きな水槽になっていて迷彩色の映り込みの中

沢山の弁柄色をした金魚が泳いでいて”和”を表現しています。




DSC_アート5491_01









≪プリズリウム F18≫



18面体の水槽です。

光の関係で色々な表情の金魚を観ることが出来ます。



image.jpg






DSC_アート5435_01










≪アースアクアリュウム・ジャポニズム≫




地球をイメージした直径1,5Mの球体水槽の中を錦鯉が乱舞しています。




ph_EarthAquariumJaponism_03.jpg







新潟県長岡市山古志から取り寄せた最高級の錦鯉が優雅に泳いでいます。



DSC_アート5340_01










≪キリコリュウム≫



江戸切子で出来た金魚鉢の中を金魚が泳いでいます。

金魚は”和”の景色に良く似合います。




DSC_アート5449_01









≪その他の展示金魚の抜粋≫



それぞれの涼しさを!!



         DSC_アート5501_01










DSC_アート5391_02









DSC_アート5366_01










         DSC_アート5359_01









DSC_アート5329_01









DSC_アート5475_01








展示されている金魚達と同化していました、まるで金魚と一緒に水槽の中に

いるようでした。




         DSC_アート5477_01











≪追伸≫



夜の部には、こんなコーナーも用意されています。




DSC_アート5387_01












以上、とても幻想的な『アートアクアリュウム2018』 でした。

今度は『ナイトアクアリュウム』 に来てみたいと思います。
スポンサーサイト


旅・はいかい | 22:26:41 | トラックバック(0) | コメント(0)
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

FC2Ad