■プロフィール

アル酎ハイマーはいかい士

Author:アル酎ハイマーはいかい士
FC2ブログへようこそ!

■最新記事
■最新コメント
■最新トラックバック
■月別アーカイブ
■カテゴリ
■カウンター

■検索フォーム

■RSSリンクの表示
■リンク
■ブロとも申請フォーム
■QRコード

QR

~ 鎌倉 杉本寺 ~
苔寺で有名な『鎌倉 杉本寺 』 です。

奈良時代に行基が開いたとされる鎌倉最古の寺です。

「仁王門」まで急な階段が続きます。





         DSC_杉4422_01













階段を登りきると「仁王門」です。





DSC_杉4409_01






「金剛力士像」は鎌倉時代の仏師「運慶」の作と言われています。

奈良の「東大寺」まで行かなくても、「運慶」の”金剛力士像”を拝顔できるとはなんと素晴らしい。

真贋なんて野暮な発想はやめましょう!

”阿形”の顔つきなんか、そっくりではないでしょうか。




DSC_杉4413_01      DSC_杉4414_01










境内全体が苔に包まれています。



         DSC_杉4407_01










「仁王」門をくぐると目の前に見えるのが、苔に覆われた風情のある階段…!

”苔好き”にはたまらない風景ではないでしょうか。

この苔の階段は鎌倉の山の石を切り出して作られたそうです。

この鎌倉で切りだされる石は柔らかいのですり減りやすいことや、苔がつきやすいことから、

長い時間をかけてこのような素敵な苔むした階段ができました。この苔の景観を守るために

雨が降らない日が続くと水をまくこともあるそうです。

現在は苔が滑りやすく石が崩れる危険があるため通行禁止です。




         DSC_杉4416_01









上から見ると、勾配のきつさが判ります。

これでは、通行止めでなくても怖くて降りれません。




DSC_杉4420_01
















左脇の階段を上ると本堂(観音堂)です。

これもまた風情のある茅葺の屋根が趣を醸し出しています。




DSC_杉4419_01




本堂には上がることはできますが、撮影はできません。

御本尊として3体の十一面観音立像があります。

一番手前の正面にに大きな、「十一面観音立像」があり、これも「運慶」の作と言われていますが

これは御本尊ではありません。

その奥に3体の御本尊があります。

向かって左の像は「行基」が建立時に安置したものです。

中央の像は円仁慈覚大師の作(重要文化財)、

向かって右の像は、源信恵心僧都の作(重要文化財)です。











鐘楼も茅葺で趣がありました。




         DSC_杉4418_01


















杉本寺の由来


1189年に近くで火災が起こった時、ご本尊三体が自ら本堂から出てお庭にある杉の下に逃げて

火を避けられたことから、ご本尊を「杉本観音」と呼ぶようになり、

お寺の名前も杉本寺になったそうです。










以上、苔寺にふさわしい趣のある 『杉本寺』 でした。







〖追伸〗


「杉本寺」の裏側「鎌倉宮」の大鳥居の門前にある”鎌倉夫人”

ランチをいただきました。

生シラスが入荷したと言うので早速注文しました。

≪生シラス丼≫


ビールは地元を尊重して「鎌倉ビール」




         DSC_シラ4424_01










さして待つことなく登場です。

さすが、生シラスは一握り程ですが!




DSC_シラ4427_01









でも中々、口に入らない貴重品です。

確かに、「釜揚げシラス」とは別の食べ物のようです。





DSC_シラ4429_01







遅れてみ味噌汁が来ました。



DSC_4432_01.jpg










あっという間に完食です。

ごちそうさまでした!!


鎌倉バンザイ \(^o^)/!!
スポンサーサイト


旅・はいかい | 22:48:07 | トラックバック(0) | コメント(0)
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

FC2Ad