■プロフィール

アル酎ハイマーはいかい士

Author:アル酎ハイマーはいかい士
FC2ブログへようこそ!

■最新記事
■最新コメント
■最新トラックバック
■月別アーカイブ
■カテゴリ
■カウンター

■検索フォーム

■RSSリンクの表示
■リンク
■ブロとも申請フォーム
■QRコード

QR

~ ホテル椿山荘 東京 庭園めぐり Ⅱ ~
ホテル椿山荘 東京 庭園めぐり の続きです。

2万坪の庭園にはまだまだ見どころが沢山あります。



【白玉稲荷神社】



大正13年、京都下賀茂神社にあった社殿を譲り受けて移築。

翌年、伏見稲荷明神から白玉稲荷を勧請して椿山荘の守護神とした。




DSC_椿山3998_01





         DSC_椿山4000_01




綺麗に清掃され、隅々まで管理が行き届いていて、気持ちが良いですネ。

砂利敷きの参道にもゴミひとつ落ちていませんでした。




    ≪手水鉢≫

      可愛い手水鉢が清楚に置かれていました。




         DSC_椿山4001_01











【御神木】



樹齢約500年、ホテル椿山荘東京最古の椎の木です。

周囲は4.5m、樹高は約20mです。




         DSC_椿山4008_01











【木春堂】



東急電鉄グループの創始者「五島慶太翁」が神奈川県足柄上郡の中津渓谷沿いに

所有していた田舎屋を譲り受け、移築したものです。

現在は「石焼会席料理」を提供している料理店になっています。




DSC_椿山4010_01





         DSC_椿山4011_01











【長松亭】



電力業界の長老松永安左ヱ門翁に設計を依頼して昭和29年に完成した

茶室です。




DSC_椿山4012_01











【古香井(ここうせい)】



古くから東京の名水に数えられてきた由緒ある湧水です。

秩父山系からの地下水がわき出ているもので、ミネラル・カルシウムを豊富に含んだ

弱アルカリ性の水がわき出ています。

関東大震災のときは被災者に解放されたそうです。




DSC_椿山4017_01








現在もトクトクと湧き出ています。



         DSC_椿山4018











【十三重塔】




戦国時代の武将であり、茶人でもあった織田遊楽(織田信長の弟)ゆかりの層塔と

伝えられています。

総高さ 4.76 m

花崗岩製で第一層に四方仏が彫刻されています。




DSC_椿山4023_01





         DSC_椿山4021_01











【聴秋瀑(ちょうしゅうばく】



「幽翠池」から流れる水が苔むした岩間からたぎり落ちて作る小さな滝。

庭園造営当初は大滝だったそうです。

水車は最近までは動いていたようですが今日は不動です。




DSC_椿山4022_01




















【椿山荘の七福神】




椿山荘の庭園の中にはところどころに七福神が置かれています。

全部は見つけきれなかったのですが一部を紹介します。



   ≪大黒天≫


   富と財の神




DSC_椿山3971_01











    ≪布袋≫

   平和安泰、家庭隆盛の神




DSC_椿山3995_01











    ≪寿老人≫


    健康と安全を守り長寿を授ける神




         DSC_椿山4006_01











   ≪恵比寿≫



   商売繁盛や豊漁をもたらす商業や漁業の神



DSC_椿山4015_01











    ≪庭の神≫


    七福神ではないですが椿山荘の庭を守ってくれているニワトリだそうです




         DSC_椿山4003_01











以上、歴史のたっぷり詰まった 『ホテル椿山荘東京の庭園めぐり』 でした。


まだまだ廻り切れなかったところが沢山ありますが、それは次の機会に撮っておきます。

今度は秋の紅葉が良いかな」。
スポンサーサイト


旅・はいかい | 05:20:37 | トラックバック(0) | コメント(0)
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

FC2Ad