FC2ブログ
 
■プロフィール

アル酎ハイマーはいかい士

Author:アル酎ハイマーはいかい士
FC2ブログへようこそ!

■最新記事
■最新コメント
■最新トラックバック
■月別アーカイブ
■カテゴリ
■カウンター

■検索フォーム

■RSSリンクの表示
■リンク
■ブロとも申請フォーム
■QRコード

QR

~ 三社祭 2018 ~
今年も700年以上の歴史を持つ『三社祭』が浅草にやってきました。

100基以上の神輿が練り歩く壮大な様は『三社祭』ならではの光景です。

雷門通りは、行き交う神輿と、その祭囃子で賑やかです。

三年前までは、あちらこちらで全身刺青のお兄さん達が下帯一つで神輿に乗って

町内神輿を先導し、挙句の果てには喧嘩沙汰を起こすことも珍しくありませんでした。

それゆえに三社祭は”やくざ祭”と比喩されていましたが、

現在はは「暴対法」によりそれもなくなり、丸金の法被を着た方々もいなくなり

さらに今年からは、「担ぎ棒」も神聖な神輿の一部とみなされ、人命救助等の緊急事態以外は

休憩時といえども、「担ぎ棒」に足を掛けて乗ることが禁止となりました。

そんなことで、より一層一般市民が安心して『三社祭』に参加、見学しやすい環境になりました。




それではまず、町内神輿です。




男性に交じって威勢がいいですネ。

と言うより男性がおとなしすぎるのかも。



DSC_三社2013_01









こちらは、少しお澄ましすぎ、もっとパーッとはじけなきゃ年に一度の祭だから!

 せいやっ、そいやっ!




DSC_三社2176_01







こちらは少しお疲れ気味でしょうか。

スカイツリーが後ろから応援してますよ。

お父さん、前の人に抱きつくのはやめましょう。



         DSC_三社2202_01






まあ、そうはいっても「ハナ」を担ぐのは結構疲れます。

がんばれ!




         DSC_三社2216_01








こちらは、至って元気ですネ!

やっぱり祭は明るく陽気じゃなきゃ‐ネー \(^o^)/

明るく、陽気に、いきましょうー!






DSC_三社2223_01








         DSC_三社2250_01













これはすごい写真じゃないですか!

担ぎ手の間に入ってしまってます。

しかも、しゃがんでるし!。

怖ーっ!! (*゚ロ゚)(*゚ロ゚)(*゚ロ゚)

実は、怖・楽 かも !!


でも危ネーし!!


やっぱ、危険なことはやめましょう! ミ☆⌒ヽ(*゚ロ゚)ノ






         DSC_三社2261_02











少し、路地に入ってみます。

大好きな「ホッピー通り」です。

どの店もほぼ満席ですネ。 (゚д゚)

今日は暑いから、ビール、ホッピーが売れてるでしょうネ。

良いことですね!!  景気の底上げは、まず「ホッピー通り」から!








角付の「大国さん」がいました。

顔は笑顔ですけれど寄付の集金集めです。

ご用心、ご用心!




DSC_三社2140_01









奥の方の町の様子が、様変わりしてました。

露店などがなくなり、大きなホテルが建ってます。

でも残ってましたね! 人気NO1の「正ちゃん」

良かったですね。

しかも相変われず満席で、道路が青空食堂に。




DSC_三社2149_01







しかし、一番奥の”初音小路”は解体されてビルの建設中でした。

又、ホテルにでもなるのでしょうか。

残念ですネ。 昭和は遠くなりにけり か!!












本社神輿が雷門通りにやって来ました。

三つある本社神輿の内の”三之宮” です。

渡御している神様は、”三社”の名前の由来となった3人の神様の内の

桧前竹成命(ひのくまたけなりのみこと) です。




DSC_三社2073_01












重さは、「二之宮」と同じ1000kg

町内神輿と違って、重さ、大きさもさることながら担ぎ手の迫力が違います。

担ぎ手の数が違います。

3つの本社神輿を担ぐのに、担ぎ手が1万人必要と言われています。

神田明神の本社神輿は、一基で2000人の担ぎ手が必要と言われていまが

「三社」は一基あたりでも神田明神の本社神輿を凌ぐことになります。



まず、は担ぎ手の数から




DSC_三社2074_01





すごいでしょー!

ここに写っている人のほとんどが担ぎ手です。

雷門通りが担ぎ手で埋め尽くされています。

見学者は危ないので両脇の屋根のある歩道に揚がっています。

勿論、かく言う私も怖いので歩道の上です。






では「三之宮」の暴れぶりをどうぞ!



担ぎ手を無理やりはがしたり、押し込んだりしています。

勢いがついているので周りに居る担ぎ手も逃げ惑っています。



DSC_三社2036_01





DSC_三社2065_01






2枚の写真の神輿の方向が逆になっています。

右に行ったと思えば、左

前に行ったと思えば、後ろ

と思えばUターン

要するに、進行方向制御が不能になっています。

とても危険です。 

先頭に居る誘導責任者はスピーカーで声をからして、方向を支持していますが

神輿は、どこ吹く風、唯我独尊です。


押し倒されて、転ぶ人もいます。

隣の人に縋り付いている人もいます。

担ぎ手同志で小競り合いも起きています。

町内神輿と比べてみてください。

笑っている人など一人もいません! 真剣勝負です。

どうやら、反対側の歩道に突入したようです。大丈夫でしょうか。




DSC_三社2067_01





DSC_三社2076_01










何とか、向かうべき方角を向いたようです。

担いでいる人も方向を調整している人も必死です。

それでもさすがに今年は担ぎ棒に乗っている人はいませんネ。

通達が聞いているようです。










DSC_三社2079_01





DSC_三社2085_01






DSC_三社2091_01










何とか、”馬のある場所(担ぎ手の引き継ぎ場所)”に到達したようです。

100メートルを一時間程かかりましたかネ。



ヨォーオ! 

 しゃしゃしゃん しゃしゃしゃん しゃしゃしゃんしゃん お疲れーぃ!!




DSC_三社2103_01










お互い無事で良かったです。

さすがに今日は危険を感じて怖くなりましたネ。

私も逃げました。

凄い迫力です。


さすがに女性の担ぎ手は見かけませんでしたネ。




とりあえずまた来年も、見にきたくなりました。


以上 『三社祭2018』 でした。




     ソイヤー !!
スポンサーサイト


| 05:35:03 | トラックバック(0) | コメント(0)
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

FC2Ad