FC2ブログ
 
■プロフィール

アル酎ハイマーはいかい士

Author:アル酎ハイマーはいかい士
FC2ブログへようこそ!

■最新記事
■最新コメント
■最新トラックバック
■月別アーカイブ
■カテゴリ
■カウンター

■検索フォーム

■RSSリンクの表示
■リンク
■ブロとも申請フォーム
■QRコード

QR

~ 下谷神社例大祭 ~
江戸の夏祭りの走りの一つ、1000年の歴史を持つ『下谷神社祭』です。

今年は、本社神輿の渡御が行われる「本祭」です。


「宮出し」が終わったばかりで、一時の静寂流れる『下谷神社』の境内です。




DSC_下谷1793_01






DSC_下谷1796_01










舞殿では恒例のお囃子が演じられています。




DSC_下谷1795_01











参詣後、早速境内に掲示された「本社神輿渡御道筋図」に基づき

本社神輿の後を追う。

ほぼ予定通りの時間に予定通りの場所を「渡御」していました。



まず先導役の猿田彦(さるたひこ)一本歯の高下駄が凄いですね。 

日本神話に登場する神様です。

今はちょっと休憩です。




         DSC_下谷1814_01






千貫神輿といわれるだけあって、大きいですネ。

その千貫神輿が、下町の狭い路地を渡御するので、かえって迫力が増します。





DSC_下谷1833_01






男性に交じって女性も担いでいます。

祭の神様は、相撲の神様みたいに度量が狭くないですネ。




DSC_下谷1805_01







DSC_下谷1840_01











担ぎ手が多い分だけ、迫力も増します。

特に下谷神社神輿の渡御には新聞沙汰になるようなケンカ、トラブルがつきものです

撮影もひやひやしながら撮っています。

では、超接近映像を

命がけです!!


足がぶつかっているんですけど!!





DSC_下谷1846_01





DSC_下谷1850_01










渡御は、町内ごとに担ぎ手がその町内の担ぎ手と変わります。

これは1000年続く伝統です。

都営地下鉄上野検査場です。地下鉄の電車が地上で見える珍しい場所です。

ここで神輿とのコラボを撮りたかったのですが

残念ながらmタイミングが合いませんでした。




         DSC_下谷1801_01










粋な御姉さんも神輿の来るのを待ってます。




         DSC_下谷1830_01








担ぎ手が変わりました。

先ほどより少し元気がありますかネ。

沢山の担ぎ手が我よ我よと寄っていきます。







DSC_下谷1860_01





         DSC_下谷1867_01











行列の最後は、馬に乗った神主さんです。

中々格式がありますね。

さすが千年の歴史です。



         DSC_下谷1873_01









以上 『下谷神社大祭 神社神輿渡御 』 でした。
スポンサーサイト


| 22:53:50 | トラックバック(0) | コメント(0)
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

FC2Ad