FC2ブログ
 
■プロフィール

アル酎ハイマーはいかい士

Author:アル酎ハイマーはいかい士
FC2ブログへようこそ!

■最新記事
■最新コメント
■最新トラックバック
■月別アーカイブ
■カテゴリ
■カウンター

■検索フォーム

■RSSリンクの表示
■リンク
■ブロとも申請フォーム
■QRコード

QR

~ 神代植物公園の春の華 Ⅰ ~
『神代植物公園』 です。

都内では、満開宣言が出されましたが、ここは23区内とは気温の差があるのか

ソメイヨシノは2~3分咲きと言うところでしょうか。

しかし、こちらにはソメイヨシノより先に咲く、知る人ぞ知る”枝垂桜”があります。

そちらを『観桜』 すべくやってまいりました。

桜を見るためにこちらにお邪魔すっるのは初めてです。




DSC_神2198_01











【枝垂桜】


こちらは予想通り満開でした。

淡いピンク色が、品よくふさふさと垂れ下がっています。




         DSC_神2219_01





人気の桜ですので、当然人だかりができています。

カメラのアングルに苦労します。

人だかりの合間を縫ってシャッターです。




      DSC_神2224_01






反対側から観てみます。




         DSC_神2228_01












傍にある別の枝垂桜です。





         DSC_神2215_01





         DSC_神2246_01











奥にも、立派な枝ぶりの枝垂れ桜がありました。




DSC_神2255_01










【神代曙(ジンダイアケボノ)】


神代植物公園にはもう一つ有名な桜があります。

それが『神代曙』と言う種類の桜です。

こちらがその原木です。




         500_10829280.jpg









戦後一斉に植えられた「ソメイヨシノ」に寿命が来ています。

全国的に絶滅の危機にあります。

ソメイヨシノは、早熟で早くに花を咲かせますが、その分短命です。

弘前には樹齢100年を超すソメイヨシノもありますが、一般的には

60年~80年と言われています。

それに比べ北杜市の「エドヒガン桜」などは樹齢2000年とも言われています。

ソメイヨシノの桜並木を調べると、樹齢40年で急に腐朽が進み「倒木の恐れ」レベルの

ものが8割近くに達します。

さらに、ソメイヨシノはサクラの中でもっとも「てんぐ巣病」に侵されやすく、放置しておくと

枯れ死してしまいます。

そう言ったことから「ソメイヨシノの寿命60年説」が強く言われています。

その日本を代表する桜の危機を、救ってくれる期待がかかっているのが

この「神代植物公園」で生まれた『ジンダイアケボノ』 です。

ワシントンから逆輸入されて、神代植物公園で「接ぎ木」され生まれた新種です。

ソメイヨシノの美しさと耐病性を兼ね備えた『ジンダイアケボノ』は現在すでに

日本各地で、枯れたソメイヨシノの代わりに植樹がされています。

近い将来、ソメイヨシノの代わりにこの『ジンダイアケボノ』が日本の桜と言われる日が

来ると思います。




jindaiakebono-02.jpg











ソメイヨシノの花より少し小ぶりで、赤身がかかっています。

そしてソメイヨシノより少し早く咲きます。






DSC_神2206_01











         DSC_神2257_01








透き通るようなピンクがきれいです。

幻想的です。





         DSC_神2258_02









ピンクの木洩れ日です。




DSC_神2262_01





         DSC_神2266_01









DSC_神2268_01








空で舞う妖精のようです。




DSC_神2269_01











モクレンも負けじと綺麗に咲いていました。




         DSC_神2211_01





         DSC_神2213_01











白モクレン




DSC_神2254_01












以上 『神代植物公園の華』 枝垂れ桜とジンダイアケボノ&モクレンんでした。

”神代の春の華”まだ、続きます。
スポンサーサイト


旅・はいかい | 21:53:17 | トラックバック(0) | コメント(2)
コメント
枝下桜、とても綺麗です!その昔糸が下がって居る様に見えるところから、「糸桜」とも云われたそうですね。
2018-04-04 水 20:43:25 | URL | 厨 [編集]
Re: 枝垂れ桜に思う
枝は伸びると重力によって下に垂れそうになりますが、ふつうの植物にはそれに打ち勝つだけの

復元する力があり太陽に向かって伸び続ける。しかし枝垂桜はその力が弱く、人間が支え木などをして
 
育てていかないと大きくならない。

しかしそのホルムが繊細で女性的な雰囲気を醸し出して、高い人気を保っています。

素敵ですネ。
 








> 枝下桜、とても綺麗です!その昔糸が下がって居る様に見えるところから、「糸桜」とも云われたそうですね。
2018-04-05 木 09:29:01 | URL | アル酎ハイマーはいかい士 [編集]
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

FC2Ad