FC2ブログ
 
■プロフィール

アル酎ハイマーはいかい士

Author:アル酎ハイマーはいかい士
FC2ブログへようこそ!

■最新記事
■最新コメント
■最新トラックバック
■月別アーカイブ
■カテゴリ
■カウンター

■検索フォーム

■RSSリンクの表示
■リンク
■ブロとも申請フォーム
■QRコード

QR

~ ローカル列車の車窓から ~
今日は、先日外から見ていたローカル線に乗り込んで、車窓から街並みを見て見ます。

ハノイ駅からザーラム駅までの列車の旅です。




DSC_車窓1999_01











車内は全席指定です。

旅行会社が事前に購入してくれた車両は、クッションの聞いたシートが並ぶ

少し値段の高そうな席でした。席に着くとなんと窓が嵌め殺しガラスで開きません。

しかも窓ガラスが汚れていて視界不良。

これではせっかくの車窓撮影ができません。

愕然としているところに、現地ガイドがもっと安い車両に行くと

上下式窓になっていて、少しだけ窓が開くとの情報を持ってきてくれた。

早速移動して、指定客が来たら移動する覚悟で席を確保。




         DSC_車窓2027_01





         DSC_車窓2030_01










しかし、長い間締め切りで使用していたと見えて、ほとんどがさび付いて

可動不可状態です。何とか斜めに10cmほど開く個所を探し出発です。

途中で窓が落下してくる覚悟して、注意深く撮影開始です。








踏み切りはどこも手動のようです。

しかしここは、列車の通過に間に合っていませんネ。

処が、係りの人は、特に慌てる様子はありません、国民性でしょうか。






DSC_車窓2037_01











こちらは間に合ったようです。

しっかりと閉められています。




DSC_車窓2034_01












列車は、家々の軒先をかすめて走ります。

当然と言えば当然ですが、窓から手や顔を出していると大事故の基になります。

窓が開かないようになっているのは、考えてみれば至極当然の話です。

その窓をこじ開けてカメラを出している我々の方がとても非常識な行為をしているのです。

地元の人の「白い目」の意味も解ります。




DSC_車窓2039_01










壁のペイントは乗客へのサービスのつもりでしょうか

ちょっと品性が欠けているないようですが。

折角の生活景観が台無しです。

いわゆる、おもてなしの精神が足りないかな。





DSC_車窓2040_01











先日、撮影をした踏切です。

その時は見学者が沢山いましたが今日はあまり見渡りません。




DSC_車窓2053_01











列車は、さらに家並みに接近します。

家の中も丸見えです。




DSC_車窓2036_01











DSC_車窓2042_01





DSC_車窓2047_01











手をのばせば、洗濯物に手が届きます。

これならとても車窓は開けることは不可能です。

顔など出していたら、恐ろしいことになります。






DSC_車窓2058_01










列車は紅河(ホン川)内かかる”ロンビエン橋”の上にかかりました。

鉄橋のポストが次々と車窓を流れていきます。

やはり歴史を感じます。

”ベトナム戦争”の生き証人ですネ。

先日一度撮影に来ただけですが、何となく親しみを感じます。



DSC_車窓2089_01











”ザーラム駅”に到着です。

線路に降りて、駅舎に向かいます。




DSC_車窓2091_01










以上、街並みの軒をかすめて走る『ローカル線の車窓』でした。
スポンサーサイト


旅・はいかい | 15:30:42 | トラックバック(0) | コメント(0)
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

FC2Ad