FC2ブログ
 
■プロフィール

アル酎ハイマーはいかい士

Author:アル酎ハイマーはいかい士
FC2ブログへようこそ!

■最新記事
■最新コメント
■最新トラックバック
■月別アーカイブ
■カテゴリ
■カウンター

■検索フォーム

■RSSリンクの表示
■リンク
■ブロとも申請フォーム
■QRコード

QR

~ ハノイの朝 其のⅠ ~
現在朝6時です。

ハノイの街はすでに始まっている。

ハノイの街を散歩、散策してみます。

まず【街並み・建物】 から

ハノイの街は、新しさと古さが、雑然と混在しています。


ホテルの前の超高層マンションです。

決して日本のマンションに負けていません。



         DSC_朝1526_01










中層住宅。

少し雑然としていますかネ。




         DSC_朝1476_01











立派な商業施設もあります。

東京で写したと言っても誰も疑わないでしょう。




         DSC_朝1480_01











しかしながら、ふと振り返ると

隣どうしの建物の壁が隙間もなく押し合った

どうやって建てたのかを聞きたくなるような街並みが続く。

その雑然さにダメを押すように、訳のわからない数の電線が垂れ下がり

道路を横断している。



DSC_朝1484_01











それでも、通り沿いはまだましの方

一つ路地を入ると、さらに雑然とする。




DSC_朝1578_01





DSC_朝1504_01











地元の人に話を聞くと実は今は「無宗教者」が一番多いと言うことですが

それでも「仏教国」街のあちこちに仏壇が飾られています。

そして毎朝そこに灯が灯され、お供え物が供えられています。




DSC_朝1489_01










ハノイの街には、二毛作の稲作用に雨季に貯めておく沼が

ところどころに造られている。

そしてその周囲が、街の住人の憩いの場にもなっている。




DSC_朝1492_01











我々、旅行者も水面に街並みを綺麗に映しこんで迎えてくれた。




DSC_朝1883_01











ハノイの街並みを語る時、欠かせない事柄がある。

それは道路に溢れるごとくに走り去る「バイク」の波。

駐車してあるバイクを含めると、人口の3倍ほどのバイクが

街にあふれているように思える。

ベトナムの成人者で「ホンダ」「カワサキ」の名を知らないものはいない。




DSC_朝1552_01





DSC_朝1548_01











こんな目立ちたがり屋さんもおりました。

地元の方がおっしゃっていました。

「容姿に自信がある女性は、バイクに乗る時もマスクはしない」 と

真偽のほどは不明。 追及するのはヤボと言う物でしょう。




         DSC_朝1561_01











こんな猛者もいました。

死ぬときは、家族一緒と言うことでしょうか。




DSC_朝1555_01











なんの、なんの、これで驚いてはいけませんよ!

これはもうサーカスとしか言いようがありません。

私が見たなかでは、最高級難度5人乗りです。

最後部のお母さん、お尻が半分以上落ちてます。

もしお尻から落ちたらつかまっている子供もみち連れです、こわーっ!


  あぶないっすよ~っ!!



DSC_朝1586_01



 でも、マスクしてませんネ! 

 まっいいか!






それにしてもものすごい交通量です。

我々では横断歩道も渡れません。

地元の人は底を平然と渡ってきます。

すごいですネ 尊敬に値します。













         DSC_朝1592_01





地元のガイドさんが言ってました。

交通関係取り締まる警察官は、交通関係専属の独立した警察官だそうです。

そして自転車と歩行者が事故を起こしたら、歩行者の勝

バイクと自転車が事故を起こしたら自転車の勝

自動車とバイクが事故を起こしたらバイクの勝

バイク同士が事故を起こしたら強い方が勝だそうです !!











以上、『ハノイの街並みとバイク事情』 でした。

スポンサーサイト


旅・はいかい | 14:17:11 | トラックバック(0) | コメント(0)
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

FC2Ad