FC2ブログ
 
■プロフィール

アル酎ハイマーはいかい士

Author:アル酎ハイマーはいかい士
FC2ブログへようこそ!

■最新記事
■最新コメント
■最新トラックバック
■月別アーカイブ
■カテゴリ
■カウンター

■検索フォーム

■RSSリンクの表示
■リンク
■ブロとも申請フォーム
■QRコード

QR

~ バオソンホテル ~
宿泊は、市街から20分程郊外へ行った4つ星ホテル 『バオソンホテル』 です。

1995年開業のプール、フィットネスセンター、会議室等を備えた中級ホテルです。

客室は100室で、半数がツインルームとなっている。




DSC_バオソン1473_01





DSC_バオソン1472_01











【フロントロビー】


広々としたロビーです。




DSC_バオソン1474_01





DSC_バオソン1469_01











さすが、仏教の国ですね、壁の隅に仏様が飾られています。

ベトナムの仏さまは、どちらも明るくて「電飾」がお好きなようです。

お供え物の果物も、新鮮です。

毎日新しいものが供えられているようです。




DSC_バオソン1880_01











【一階EVホール】




DSC_バオソン1468_01











【客室】




DSC_バオソン1466_01











   ≪リビング≫




DSC_バオソン1458_01











テレビは日本のNHKが生放送で観られます。




DSC_バオソン1459_01











   ≪寝室≫




DSC_バオソン1456_01











   ≪洗面・バス・トイレ≫


アメニティは一揃いそろっています。

トイレは、水に流せるトイレットペーパーが用意されていました。

ただし、ウオシュレットは、ハンドシャワー方式となっていました。

初めての経験です。




         DSC_バオソン1464











便器とバスタブの間にあるシャワーヘッドがウオシュレット用シャワーです。

バスのお湯は、客が同時期に使用した為、極めて出が悪かったです。




         DSC_バオソン1462_01










とりあえず、ビールで乾杯です。

冷蔵庫にあった地ビールです。

「ビア ハノイ」  35,000 ドン




         DSC_バオソン1467_01



中々円やかな口当たりでしたが、ちょっと物足りないかも!

室内には、無料のミネラルウオーターが用意されていましたが

念のため冷蔵庫の中の有料ミネラルウオーター飲ませていただきました。











【朝食】


場所は一階のレストランです。

万国共通の「バイキング」方式です。




DSC_バオソン1529_01











   ≪ホォー&エッグサービスコーナー≫


英語も日本語も通じませんので、オーダーに苦労しました。

ジェスチャーは何とか通じました。




DSC_バオソン1528_02










    ≪バイキングプレート≫


「焼きそば」「揚げ餃子」「揚げソーセージ」「揚げ春巻き」

「焼茄子」「タロイモのチマキ?」



DSC_バオソン1530_01











「目玉焼き」




DSC_バオソン1533_01











「ホォー」



やっぱり一番美味しかったですネ!

さっぱりした塩味が抜群でした。




DSC_バオソン1532_01













以上 『バオソンホテル』 でした。
スポンサーサイト


旅・はいかい | 21:48:42 | トラックバック(0) | コメント(0)
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

FC2Ad