FC2ブログ
 
■プロフィール

アル酎ハイマーはいかい士

Author:アル酎ハイマーはいかい士
FC2ブログへようこそ!

■最新記事
■最新コメント
■最新トラックバック
■月別アーカイブ
■カテゴリ
■カウンター

■検索フォーム

■RSSリンクの表示
■リンク
■ブロとも申請フォーム
■QRコード

QR

~ 立春 朝搾り ~
毎年恒例になりました。

『立春朝搾りいただきます会』

この、『立春朝搾り』は日本名門酒会が全国的に展開している催しです。




kinoene.png


立春の日の朝に搾った新酒をその日のうちにお客に届けて、

春の到来を祝ってもらう催しです。

勿論、その会に参加している蔵元と酒屋が近くに存在していなければ実現しません。

現在は全国で、43の蔵元が参加しています。

全国で43か所ですから、『立春朝搾り』にあやかれる地区は限られています。




map_risshun18.jpg











朝出来たばかりのの酒なので、新鮮であることはまちがいないのですが

一切の火入れをしていない生酒でしかも原酒です。酒蔵でしか味わえない

フルーティな香気と躍動感あふれる生まれたてのまさに跳ねているような新酒の味です。

しかし、搾り上がりが2月4日と決まっているので、出来上がりが早すぎたり

遅くなったりしないよう完璧な管理と微妙な調整が必要になります。

又、前日から徹夜で搾り上げを行ったりと杜氏・蔵人にとっては手間のかかるある意味

厄介な酒であるようです。










今年も『立春朝搾り』を提供してくれるのは

千葉県  飯沼本家  『甲子』   さんです。




         ダウンロード










場所は、最近お世話になっている”守門” さんです。




         立春20171023200526f19











早速仲間といただきます。





         DSC_立春0756_01





DSC_立春0755_01











お通しです。

いかにも、日本酒のつまみです。




DSC_立春0761_01











う~ん!!

フルーティーです。 口の中でプチプチ跳ねています。

まだ生まれたての新鮮な香りがします。

熟成もいいけど、生まれたてもいいですネ。








搾りたてに合わせて、つまみも素晴らしいです。

極上の刺身です。

赤身、中トロ、大トロのそろい踏みです。

佐藤夫婦が直接市場へ出向いて購入してきたそうです。



DSC_立春0764_01










≪赤身≫


いい色してますネ。  「真紅の赤身」です。




DSC_立春0763_01











≪大トロ≫


脂がたっぷりのってます。

下の上で溶けそうです。





DSC_立春0762_01





まさしく


”こいつは春から縁起が良いわえ!!”


でしょうか。








2本の『立春朝搾り』 があっという間に空になりました。

飲み物が変わります。



≪一刻者≫




         DSC_立春0766_01





         DSC_立春0765_01





DSC_立春0767_01







9 とあるのは9本目のことでしょうか?

人間って、恐いですね!











以上、おかげさまでいい春を迎えることが出来ました

『立春朝搾りいただきます会』 でした。
スポンサーサイト


お酒 | 10:45:43 | トラックバック(0) | コメント(0)
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

FC2Ad