FC2ブログ
 
■プロフィール

アル酎ハイマーはいかい士

Author:アル酎ハイマーはいかい士
FC2ブログへようこそ!
私が、酒を好きなのではありません。
酒が、私を好きなんです。
毎晩、ストーカーされています。

■最新記事
■最新コメント
■最新トラックバック
■月別アーカイブ
■カテゴリ
■カウンター

■検索フォーム

■RSSリンクの表示
■リンク
■ブロとも申請フォーム
■QRコード

QR

~ 氷見鰤三昧 ~
雪の降る中、氷見にやってきました。

今日のランチ、”鰤三昧”する為に

場所は 『寿司割烹 万葉』

今はシャッター街になりかかっていますが昔、港に大量の魚の水揚げのあったころは、

さぞかし賑わっただろうと思われる氷見本通りに

面してありました。




万葉photo2jpg











日本最古の歌集”万葉集”の代表歌人「大伴家持」が国守として富山の地に赴任してきて

5年間滞在し、223通の歌を詠みました。

そんな史実から『万葉』と言う名がつけられたのでしょうか。







予約の際、時化(しけ)で鰤が揚がらなかったら鰤ずくしは無理と言われていたのですが

朝方、鰤が揚がったとの連絡がありました。

しかも、10キロオーバーとのこと。

鰤は10キロを境にして脂ののりが全然違うそうです。

楽しみですネ。


今は鰤の最盛期、店に着くと『万葉』は予約の客で貸し切り状態でした。

奥の座敷に通されるとそこにはすでに”鰤刺”の用意が出来ていました。




DSC_氷見0077_01











早速、頂きます!!

旨いですネ

脂がのってましたネ。





特に手前の脂の部分が歯ごたえよく、しかも甘かった。

こんな甘い鰤初めて食べました。




DSC_氷見0078_01





DSC_氷見0079_01











≪鰤大根≫


刺身もそうだけど、これも下手な説明なんかいらないネ。

鰤の色を見ただけで美味しさが解る。




DSC_氷見0080_01











≪握り≫




DSC_氷見0081_01











≪鰤しゃぶ≫



さすがに、刺身の部位とは少し違うか。

まあ、それはしょうがないでしょうか。




DSC_氷見0083_01





DSC_氷見0087_01






DSC_氷見0084_02 - コピー









≪よもぎ麩≫



よもぎ麩も美味しかったです。




DSC_氷見0088_01











以上 氷見の寒鰤三昧の『万葉』 でした。
スポンサーサイト





食べる | 23:17:42 | トラックバック(0) | コメント(0)
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する