FC2ブログ
 
■プロフィール

アル酎ハイマーはいかい士

Author:アル酎ハイマーはいかい士
FC2ブログへようこそ!
私が、酒を好きなのではありません。
酒が、私を好きなんです。
毎晩、ストーカーされています。

■最新記事
■最新コメント
■最新トラックバック
■月別アーカイブ
■カテゴリ
■カウンター

■検索フォーム

■RSSリンクの表示
■リンク
■ブロとも申請フォーム
■QRコード

QR

~ 夕焼けだんだん ~
舞台はいきなり東京

JR日暮里駅西口から続く「御殿坂」と谷根千で有名な「谷中銀座」を繋いぐ階段が

『夕焼けだんだん』 夕日が美しく見えるスポットと言うことで、話題を呼び

一般公募の中から選ばれて名づけられたそうです。

幅4.4m, 段数 36段の「谷中銀座」を象徴する小さな階段です。




         DSC_谷中9760_01





DSC_谷中9761_01











『夕焼けだんだん』をスタートして

久しぶりに、「谷中銀座」をぶらついてみます。



ここは、猫の住む町、猫の聖地としても有名な処ですが、さすがに外が寒いと

猫たちも「日向ぼっこ」より、こたつの中でしょうか。

普段は、猫の散歩道になっている『夕焼けだんだん』にも猫の姿は見えません。






それでも、オブジェはありました。




DSC_谷中9769_01








猫、関連のショップもあります。


猫雑貨 ねこあくしょん 

店内は猫グッツでいっぱいですネ。

里親探しもしているそうですので、

興味のある方は行かれてみてはどうでしょか




DSC_谷中9758_01







看板猫のようです。

 「食事中ぐらい静かにしろ!」




DSC_谷中9789_01















レストラン ザクロ


テレビで「日本一うざいレストラン]として何度も紹介されました。

イラン、トルコ、ウズベキスタン料理を提供すろレストランです。

看板にある「幸せランチ」は興味をそそりますネ。

「谷中銀座」の醸し出す、レトロで江戸チックで、昭和ロマンのイメージとはかけ離れて

いますが、別の意味で「谷中銀座」の名物店ではないでしょうか。



DSC_谷中9762_01







しかし、店の前はレストランの店前ではないですネ。

リサイクルショップ並みです。

ぶら下がっているのは、敷物でしょうか、掛物でしょうか




DSC_谷中9784_01











邪悪なハンコ屋  しにものぐるい



猫を中心にした動物のイラスト入りの認印を作ってくれるお店です。

立て看板の上部で赤く滴っているのは、血をイメージしているそうです。



         DSC_谷中9764_01











江戸民芸   雨彦


店内は、処狭しと民芸品、雑貨が置かれていて、江戸の香りプンプンでした。

実用と言うより、インテリアとして飾っておきたいものが多いですネ。



DSC_谷中9766_01











立呑 写楽


良い響きですネ。  「立呑」

立呑みとはいえ、店内は全て椅子が用意されていました。

お薦めは、自家製生レモンサワーだそうです。

福島 宮泉銘醸の酒 「写楽」も飲めるそうですヨ、同名のよしみでしょうか。






DSC_谷中9770_01











和栗や



谷中銀座でスイーツと言ったらこちらでしょうか。

名前の通り、和栗を使ったスイーツが人気のようです。

特に、「和栗ソフトクリーム」は歩きスイーツの人気定番です。

空きテーブル待ちで寒空の下、店の前には行列ができています。




         DSC_谷中9771_01










おしゃれ小物雑貨 多満留



古今亭志ん生グッズを始めとする落語家グッズや江戸小物が

店中に溢れています。




DSC_谷中9765











ZAKURO らんぷ家


「日本一うざいレストラン ZAKURO」が経営している

日本唯一、トルコモザイクランプの店です。

とりあえず、日本一が好きなんですネ。




DSC_谷中9768






こちらが、店内のトルコモザイクランプ




main_p9-520x379.jpg











肉のスズキ


谷中銀座の一番人気店でしょうか。

行列整理の準備は出来ているようです。

ウォーキングフードのメンチカツは谷中銀座散歩の定番です。




DSC_谷中9775_01












自家焙煎珈琲専門店 満満堂


暖簾を始め、扉、植栽などどう見ても、粋な小料理屋さんと見まがう店構えですが

純粋な珈琲店でした。




DSC_谷中9776_01















竹工房 翠屋



明治41年創業の竹工芸専門店です。

二代目は、荒川区 重要無形文化財に認定されているそうです。




DSC_谷中9783_01











アウグス谷中ビアホール谷中銀座店




古民家を再生して、6月にオープンした

ビールの製造直売しているお店です。

クラフトビールの飲み比べができるそうです。

今回は時間の関係でお邪魔できませんでしたので次回は

是非飲み比べしてみたいと思います。




DSC_谷中9785_01










この「谷中銀座」でもう一つ気に入っていることがあります。

それは、各店の看板です。





DSC_谷中9778_01





DSC_谷中9779_01







統一された大きさと外形の中に自由に各店の個性が表せるようになっています。

まさに、谷中銀座の存在自体のコンセプトを表しているようです。










以上 「おもしろい」が沢山詰まった、谷中銀座の象徴 『夕焼けだんだん』 でした。
スポンサーサイト





旅・はいかい | 22:15:18 | トラックバック(0) | コメント(0)
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する