FC2ブログ
 
■プロフィール

アル酎ハイマーはいかい士

Author:アル酎ハイマーはいかい士
FC2ブログへようこそ!
私が、酒を好きなのではありません。
酒が、私を好きなんです。
毎晩、ストーカーされています。

■最新記事
■最新コメント
■最新トラックバック
■月別アーカイブ
■カテゴリ
■カウンター

■検索フォーム

■RSSリンクの表示
■リンク
■ブロとも申請フォーム
■QRコード

QR

~ 憧れの大阪ラプソディ Ⅱ ~
戎橋を渡ると次は『心斎橋筋』に変わります。




         DSC_難波9700_01










「戎橋筋」と比べるとファッション系の店舗が多く少し大人しい

静かな筋でしょか。




DSC_難波9694_01











心斎橋です。

実際、川は流れていません。

そのせいか、戎橋ほどの賑わいはありません。

皆さんも、足早に通り過ぎるだけですネ。





DSC_難波9695_01





         DSC_難波9696_01











ほうちょーう  いいっぽっんー  さらしにまいてェ~

たびにでるのォ~はァー  いたばのしゅぎょうォ~  



藤島恒夫さんの歌、「月の法善寺横丁」で全国に知られた  

法善寺横丁 です。




DSC_難波9713_01









想像していたよりかなり狭く、横丁と言うより、路地に近いです。

幅3m長さ80mの路地が、2本平行にあるだけでした。

東西の入り口にそれぞれ館銘板が掲げられていて、東は3代目桂春団治

西は、藤山寛美によるものです。

こちらは、西側の看銘板です。




DSC_難波9715_01











路地の両側に、大阪の味を代表するようなお店が立ち並びます。

夜の喧騒が目に浮かぶようです。

しかし、今はここだけ静寂の時間が流れているように思えます。

「月の法善寺横丁」の歌ではありませんが、使い込まれた風情のある

石畳の上を小走りに下駄を鳴らして、和服姿の「こいさん」が出てきそうな気がします。

「こいさん」 とは、関西の商家で使われる言葉で”末娘”のことだそうです。





DSC_難波9716_01











もう一本の法善寺横丁路地です。




DSC_難波9677_01











ここが噂の水掛不動尊 法善寺 です。




DSC_難波9680_01










手前にある 水掛不動尊 です。

地元の人や観光客などで、水掛け待ちの行列が出来ています。

勿論、恋人同志と思われるカップルも並んでいます。

何をお願いするのでしょうかネ。 (大きなお世話だろー)





(月の法善寺横丁)

『こいさんが、わてを初めて法善寺へ連れて来てくれはったんは「藤よ志」に奉公に

上った晩やった。 「早う立派な板場はんになりいや」 ゆうて、長いこと水掛不動さんに

お願いしてくれはりましたなァ。 

あの晩からわては、わては、こいさんが好きになりました』



と、線香の煙を浴びながら誓い合い、二人の将来をお願いしたのでしょうか。






DSC_難波9707_01











水を掛けられている為か、沢山の人の願いがこびり付いているのか

地蔵尊が苔だらけです。




         DSC_難波9708_01











折角ですから、水を掛けて拝礼しましょう。


”早う、立派な板場はんになれますように!!”




DSC_難波9709_01











水掛地蔵の横に、織田作之助の小説 『夫婦善哉』 のモデルとなった甘味屋さん

”夫婦善哉”があります。

甘いものは、残念ながら家風に合わないので、外から見るだけにします。




DSC_難波9706_01





いやー! 憧れの『法善寺横丁』 堪能させていただきました。

”こいさん” は現れてくれませんでしたけど感動です。








出発点の「難波」に戻ります。

南海鉄道の「南海なんば駅」です。




DSC_難波9667_01











屋上に、”南海空港特急 ラピート”の看板が載っていました。





DSC_難波9669_01










折角ですから、現物を観に行きましょう。

ラピートはドイツ語で「速い」と言う意味で、一般公募3万2千通の中から選ばれたそうです。




正面は何となく鉄人28号の顔に似ていますネ。




         DSC_難波9575_01





外観と内装のイメージが全然違います。

外装は寒色でメカニカルですが、内装は一転して暖色でレトロ調です。



DSC_難波9577_01




南海電鉄、初めて見させていただきました。








以上で『大阪ラプソディ』 終了です。

「大阪お上りさん散歩」楽しまさせていただきました。

今度は是非 『夜の法善寺』 も行ってみたいものです。
スポンサーサイト





旅・はいかい | 22:15:01 | トラックバック(0) | コメント(0)
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する