FC2ブログ
 
■プロフィール

アル酎ハイマーはいかい士

Author:アル酎ハイマーはいかい士
FC2ブログへようこそ!
私が、酒を好きなのではありません。
酒が、私を好きなんです。
毎晩、ストーカーされています。

■最新記事
■最新コメント
■最新トラックバック
■月別アーカイブ
■カテゴリ
■カウンター

■検索フォーム

■RSSリンクの表示
■リンク
■ブロとも申請フォーム
■QRコード

QR

~ 住吉大社 ~
「すみよっさん」で大阪市民に親しまれている

大阪ナンバー1の規模と歴史と人気を誇る。

『住吉大社』 です。

大阪府の南部、大阪湾の方角に西面して鎮座する、航海の神・港の神として祀られた

神社です。摂津国一宮と位置付けられ、大阪を代表する神社として、

今日まで広く庶民から崇敬されてきた。






DSC_住9582_01











社 号          住吉大社

鎮座地          大阪府大阪市住吉区住吉2-9-89

主祭神          住吉大神

                底筒男命(そこつつのおのみこと)・・・・・第一本宮

                中筒男命(なかつつのおのみこと)・・・・ 第二本宮

                表筒男命(うわつつのおのみこと)・・・・・第三本宮

              神功皇后(じんぐうこうごう)・・・・・・・・・・・・第四本宮

社格等          式内社(名神大4座)

               摂津国一宮

               二十二社(中七社)

               官幣大社

               別表神社

創 建          (伝)神功皇后摂政11年

本殿様式        住吉造 4棟

例大祭          7月31日(住吉祭)











【由緒・沿革】


皇后摂政11年辛卯年(かのとうのとし)、神功皇后は、新羅(しらぎ)出兵に当たって

住吉大神に加護を願い、その結果勝利することができた。

凱旋の後、大神の御神託によってこの地に鎭祭創建した。

その後、皇后自体も併せて祀られることとなった。

住吉四社大明神と崇められ、全国二千余りに及ぶ住吉神社の総本宮です。

又、社殿は、伊勢神宮(三重県伊勢市)、香取神宮(千葉県香取市)、鹿島神宮

(茨城県鹿嶋市)と並び、20年に一度の式年遷宮が行われ、平成23年に

御鎮座1800年記念大祭、第49回式年遷宮が執り行われた。











【社号標】



社号標にも歴史の重さを感じますネ。・




         DSC_住9581_01











【参道 狛犬】


南海本線「住吉大社駅」を降りて、大社と反対方向にありました。

これは長い参道の途中に電車の降り口が出来た結果なのでしょうネ。

それにしても、立派で力強い狛犬さんでした。




DSC_住9664_01      DSC_住9663_01











【鳥居狛犬】  




DSC_住9584_01      DSC_住9583_01











【一の鳥居】




DSC_住9586_01











【反橋狛犬】

反橋のたもとにも年代物の狛犬がおりました。



DSC_住9588_01      DSC_住9587_01











【手水舎】




DSC_住9590_01











吐水口は大きな兎でした。

浦和の「調神社」と顔つきも含めて似ていますネ。

「調神社」の場合は、兎自体を祀っているのに対し、

こちらは”神功皇后”が辛卯年の卯月の卯日に創建したことから繋がる

兎との縁です。




DSC_住9592_01











【二の鳥居(角鳥居)】


柱が四角な、角鳥居となっている。

珍しい鳥居なので「住吉鳥居」とも呼ばれている。




DSC_住9595_01




   ≪鳥居扁額≫


陶板で出来ています。




         DSC_住9639_01











【山門 幸壽門】




DSC_住9597_01
   


   ≪扁額≫   




         DSC_住9598_01
  










❝ 本  宮 ❞ 


本宮は海に向かって西面し、西から東に第三本宮・第二本宮・第一本宮が縦一列に

建ち並び第三本宮の南側(右側)に第四本宮が並ぶび、本殿の配置としては

極めて珍しい配列になっている。

本殿4棟とも、文化4年(1810年)の造営で住吉造という独特の様式で、

飛鳥時代に遡る、社殿最古の様式として位置づけられている。

構造は、切妻造で妻入(妻側から出入り)  屋根は桧皮葺で、千木・鰹木が載る。

4棟共、国宝に指定されている。






【本殿】    各四棟 国宝


屋根には反りがなく直線的で、前後二か所の千木(ちぎ)と棟には五本の鰹木(かつおぎ)

が載っている。

内部は2室に分かれていて、周囲に回廊がないのも特徴です。

柱は朱(丹)塗り、板壁は白色の胡粉(ごふん)塗り

本殿の周囲には端垣(本殿下半を隙間なく隠す垣根)・玉垣(端垣の外側の角柱の垣根)が

二重にめぐらされている。

各本殿の前面には、渡殿(わたりでん)・幣殿(へいでん)が建てられて、

通常、我々が参拝しているのが幣殿です。

その4棟いずれも、国重要文化財に指定されている。




DSC_住9609_01










【第三本宮・幣殿】   (表筒男命)   重要文化財



「角鳥居」から入り「幸壽門」を潜ると正面に「第三本宮」がある




DSC_住9601_01





DSC_住9599_01











【第四本宮・幣殿】   (神功皇后)   重要文化財



第三本宮の右側に位置している。

屋根の正面に少し見えている千木の先端が水平に切られている。

これは「内削ぎ」と言い女の神様が祀られていることを示している。

ちなみに、男の神様が祀られているところは「外削ぎ」と言い千木の先端が

垂直に切られている。




DSC_住9602_01





DSC_住9600_01











【第二本宮・幣殿】   (中筒男命)   重要文化財


第三本宮の真後ろに位置します。




DSC_住9604_01





DSC_住9605_01











【第一本宮・幣殿】   (底筒男命)   重要文化財


第二本宮の後ろ、一番奥に位置します。




DSC_住9608_01





DSC_住9607_01












以上 『住吉大社』  国宝 「住吉造」 本殿、重要文化財 渡殿・幣殿でした。

『住吉大社』まだ続きます。
スポンサーサイト





神社 | 08:55:40 | トラックバック(0) | コメント(0)
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する