FC2ブログ
 
■プロフィール

アル酎ハイマーはいかい士

Author:アル酎ハイマーはいかい士
FC2ブログへようこそ!
私が、酒を好きなのではありません。
酒が、私を好きなんです。
毎晩、ストーカーされています。

■最新記事
■最新コメント
■最新トラックバック
■月別アーカイブ
■カテゴリ
■カウンター

■検索フォーム

■RSSリンクの表示
■リンク
■ブロとも申請フォーム
■QRコード

QR

~ 国営昭和記念公園の黄葉 ~
『国営昭和記念公園』のイチョウが黄色に染まったと言うので来てみました。

2年ぶりでしょうか。 駅から歩く距離の短い「西立川ゲート」から入ります。




DSC_昭9160_01











おさらいですが、ここは「米軍立川基地」の跡地を造り替えた公園です。

現在でも、少しずつ整備拡張され続けています。

計画面積は180haで東京ドーム38個分の広さになります。

改めてこの広さに驚きます。園内に造られた遠路をただ一周するだけでも

一時間以上かかります。一日で公園の全てを観て廻るのはしんどい。

幸い公園はいくつかのゾーンに分かれていますので、目的に合わせたゾーンだけを

じっくり楽しむようにしています。

したがって何度かお邪魔していますが、まだ行ってないゾーンが幾つかあります。

そんなわけで、本日の主目的は”イチョウ並木の黄葉”です。

”イチョウ並木”は2か所あります。

まずは”カナールイチョウ並木”

「カナール」は「CANAL」と書き、運河や人工水路を意味します。

造園用語では「清水水路」の事をさします。

フランス式庭園で多様される幾何学式西洋庭園です。

私は、以前福岡に住んでいたことがあるので、博多の「キャナルシティ」

と発音する読み方のほうが耳馴れしています。

また、富山の駅前にある運河を使った公園は「カナルパーク」と呼ばれています。




DSC_昭9028_01











200mのカナールの両脇に歩道とイチョウ並木が幾何学的に並び

一点透視法のパース絵画を観ているようです。




      DSC_昭9054_01











左側の並木を潜り「立川口」の方へ向かいます。

イチョウが陽を浴びてゴールドに輝いています。

まぶしいくらいです。




DSC_昭9029_01











カナール側から観るとこのイチョウ並木のボリュームの大きさが判ります。

迫力満点です。




DSC_昭9033_01











立川口で折り返します。

今度は先ほどとは逆に、一点透視法が大噴水に向かって収束しています。




DSC_昭9036_01











カナールも秋仕様に衣替えですネ。

先ほど通ってきた並木が移りこんでいます。



DSC_昭9039_01











大噴水に近づきました。

”カナールイチョウ並木” 終了です。




DSC_昭9042_01











「ふれあい広場」のモニュメントにも金色の木漏れ日が降り注いでいます。




DSC_昭9055_01





DSC_昭9025_01











「ふれあい橋」を渡って真っ直ぐ進むと「水鳥の池」の眺めのテラスに出ます。

池の北西部には「バードサンクチュアリ」も設けられ池の名の通り

野鳥のオアシスになっているようです。




        DSC_昭9064_01










池の淵に置かれたモニュメントです。




DSC_昭9060_01











池の周りには、草月流の方々の「木の枝」を使った作品がところどころに展示されています。

これが、又晩秋の池の雰囲気にマッチして良いアクセントになっていました。




DSC_昭9015_01




DSC_昭9020_01





DSC_昭9069_01











園内を巡回する「パークトレイン」もイチョウの帽子をなびかせ

自慢げに見えます。

東京ドーム38個分の園内にあって、来場者の欠かせないモビリティになっています。

行きは好い好い、帰りは「パークトレイン」と言う使い方が多いようです。




         DSC_昭9014_01




         











池の淵の園道に沿って歩き「レインボウプール」の横を抜け、普段渡る「もみじ橋」ではなく

左に折れて「いちょう橋」を渡ると二つ目の目的地”かたらいのイチョウ並木”です。

橋のたもとで大イチョウが出迎えてくれました。

”ウエルカム ゴールド” ですか。




        DSC_昭9078_01











こちらもイチョウのアーチがまぶしいです。

ライトアップの”シャンパンゴールド”とまではいきませんが

自然がくれた ”ゴールデン ベール” でしょうか。




DSC_昭9086_01











見送りも大イチョウでした。

”ゴールドオブザロード” でしょうか。




         DSC_昭9088_01











【HURIMUKANAIDE】


池の淵で、仲よく並んで絵を描いていました。

微笑ましいですネ。

 ”秋拾い”でしょうか。




DSC_昭9063_01











以上、秋深まる『国営昭和記念公園のゴールデンベール』でした。
スポンサーサイト





旅・はいかい | 11:28:24 | トラックバック(0) | コメント(0)
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する