■プロフィール

アル酎ハイマーはいかい士

Author:アル酎ハイマーはいかい士
FC2ブログへようこそ!

■最新記事
■最新コメント
■最新トラックバック
■月別アーカイブ
■カテゴリ
■カウンター

■検索フォーム

■RSSリンクの表示
■リンク
■ブロとも申請フォーム
■QRコード

QR

~ 東十条「新潟屋」 ~
今日はご存じ人気居酒屋の東十条「新潟屋」に来ています。

ここはどうしてもこの先の「S玉屋」さんと比較されます。

どちらの店にも特徴がありそれぞれですが、その分好き嫌いがあるようです。

色々な仲間の意見を聞くとどちらかと言うとこの「新潟屋」のほうが人気があるようです。


新潟屋 010



で、今夜は何とか入れました。

まずは、メニューのトップバッター「熱燗2合徳利」といきますか

320x320_rect_14428788.jpg



お通しはきゅうりと大根の漬物

漬かりすぎづいい感じです。

メニューの短冊も貫禄がありますネ。



640x640_rect_22259417.jpg



そして今どき、「タン刺し」「レバ刺し」ですか

実は、「刺し」はあまり好みではないので、「焼物」にします。

「レバー」と「しろ」をたれで

大将が焼いてます。


新潟屋 003




なるほど噂通り「やさしそう」で「人が良さそう」です。

この辺が「S玉」との人気の違いかな。

別に「S玉」の大将が人が悪い訳ではないですヨ。

「~そう」が「表に」出ているか、出ていないか、だけの違いだと思います。


新潟屋 004




「レバー」と「しろ」が来ました。

「う~ん。うまっ!!」

濃厚な「たれ」が意外とさっぱりしていて、程よい「甘味」です。

特に「レバー」には相性ピッタリ。

焼き具合もさすが年期が入っている。


お客さんの中にはかなりの常連さんがいるようです。

品物の頼み方が違う。


新潟屋 005




しかし、感心したのは店の女性陣の対応です。

常連だからと言って、特に親しく「私語」を交わすこともなく、

たんたんと、平等に「テキパキ」と対応している。 此の辺も人気の秘密かな。



新潟屋 006



今度は、「タン」「ハツ」を塩で頼んでみた。

これも旨い。「ハツ」が少し固めだったかナ。

「たれ」「塩」どちらとも言い難い。

味を楽しむなら「たれ」

肉を楽しむなら「塩」でしょうか。



この店でもう一つ気に入ったものがあります。

それは、カウンターの「天板」です。

コーナー部分を除いて、檜の一本物です。

厚みは2寸5分程しかありませんが、一本の檜を縦割りにしてあります。

内側には多少曲がりがあるが、客側は真っ直ぐに伸びている。

このような「樹」探すのも大変です。

「ご立派」です。



「熱燗 2合徳利」を追加です。

それと、目の前の「大鍋」の中から呼ばれたような気がしたので

「煮込み」を頼みました。 


320x320_rect_17217071.jpg





 好きなんですネ。

また、このみそ味の「煮込み」が、「ばか旨!」最後の一滴まで飲み干しました。


すると、隣の空いた席に20歳過ぎぐらいの細見の女性が座りました。

(こんな若い女性が一人でこんなところへ)

注文は、 「オレンジジュース」

(へぇ~)

「タン刺し」と「レバー刺し」ニンニク生姜で!

(えぇ~。それって「通」が頼むやつじゃねーの)

注文が終わると、ひたすら「スマホ」

さすがの私も声掛けれない!


新潟屋 007

(「タン」と「ハツ」撮ったら「オレンジジュース」入っちゃいました)


しばらくすると、

すいません。焼いてください。

「ピーマン」「ネギ」「タン」「しろ」塩で。

それと、「オレンジジュース」追加してください。

(え~ぇ。ここは2本縛りだぜ。しかも「オレンジジュース」かよ)


(う~む!!)


すると、すいません「ニンニク」追加してください。

店員:「ニンニク」は1本で出来ますけど、どうします。

2本でいいです

(げぇ~!! 参りました!!)


新潟屋 008

(自分の酒を撮るふりして「ニンニク焼き」盗み撮りです。 犯罪か?)






すごいですネ。新潟屋!!

客も店も一級品だ!!


新潟屋 009




今日は本当に勉強になりました。

まだまだ、ですネ!!


”修行してきます!!”























スポンサーサイト


お酒 | 07:14:43 | トラックバック(0) | コメント(0)
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

FC2Ad