FC2ブログ
 
■プロフィール

アル酎ハイマーはいかい士

Author:アル酎ハイマーはいかい士
FC2ブログへようこそ!
私が、酒を好きなのではありません。
酒が、私を好きなんです。
毎晩、ストーカーされています。

■最新記事
■最新コメント
■最新トラックバック
■月別アーカイブ
■カテゴリ
■カウンター

■検索フォーム

■RSSリンクの表示
■リンク
■ブロとも申請フォーム
■QRコード

QR

~ 大阪城 ~
大阪へは、仕事やプライベートで何度も訪れて来ていますが

『大阪城』へは一度も来ていないことに気が付きました。

そんなわけで、本日『大阪城』初デビューです。




         DSC_8922_01.jpg












【青屋門(あおやもん)】


大阪城二の丸の北に位置する出入り口

桝形門

2階に櫓を持つ櫓門

創建 元和6年(1620年)

空襲で大破したが、残材を用いて昭和44年(1969年)再建した。




DSC_8892_01.jpg











【極楽橋】


山里丸と二の丸を結ぶ橋

当初、天正11年(1583年)豊臣秀吉によって架けられた。

大坂夏の陣、明治維新の大火などで焼け落ちたが

昭和40年(1965年)に再架橋された。




DSC_8896_01.jpg











【天守閣】


この天守閣は3代目の天守閣です。

初代は、豊臣秀吉が慶長3年(1598年)に築いた天守閣(豊臣大坂城)

2代目は、大坂夏の陣で豊臣家が滅亡した後、

徳川家康が寛永6年(1629年)に築いた天守閣(徳川大坂城)

そして、3代目は現在の天守閣で昭和6年(1931年)に昭和復興天守閣として

コンクリートで再建された。(登録有形文化財)

徳川家康は”徳川大坂城”を構築するに当たり、”豊臣大坂城”の石垣、堀等に

盛り土を施し、すべてを地中に埋めてその上に”徳川大坂城”を構築した。

したがって今地上に見えている大坂城の遺構は全て”徳川大坂城”の遺構です。




         DSC_8902_01.jpg





DSC_8910_01.jpg











場内の木々にも少しずつ秋の色ずきが見え始めました。

本格的な紅葉にはもう少しでしょうか。




         DSC_8900_01.jpg











最上階には途中までEVで行くことができます。

豊臣も徳川も、大坂の街を見渡せるこの丘に惚れて城を造ったのでしょうか。




DSC_8915_01.jpg





         DSC_8917_01.jpg











【桜門】




DSC_8932_01.jpg











【西の丸庭園から】




DSC_8953_01.jpg





         DSC_8957_01.jpg











【大坂城の石垣】


大阪城を見るに当たり、楽しみにしていたことが一つあります。

それが「大坂城」の石垣を探索することです。




DSC_8931_01.jpg











比叡山の麓に、安土桃山時代に活躍した石工の集団”穴太衆(あのうしゅう)”

住む町「穴太の里」があります。

”穴太衆”が石垣を手掛けたなかで、現存する主な城には、金沢城・安土城・彦根城・竹田城・篠山城

などそうそうたる名城の名が並らびます。

その「穴太の里」で ”穴太積”を今に継承する方々と以前知り合うことができ、

色々な話を伺う機会に恵まれました。

史実を証明する文章等はありませんが、口伝で言い伝えられたこととして、

豊臣大坂城構築の際、石垣を積むことを秀吉より命じられた”穴太衆”

集落の石工のほとんどの者を引き連れて大坂へ行き、その命に携わりました。

そしてそれが竣工した後、城内の秘密を知る者として口封じの為全員が処刑されて、

一人も「穴太の里」に戻ってくることはなかったそうです。

”穴太積”伝承の危機にさらされた”穴太衆”は残った者で何とか試行錯誤の上

「一子相伝」の技術を復活させたそうです。

そんないきさつもあって、どこかに”穴太積”の痕跡を見つけることができないか

探索を試みたしだいです。

前記したように、家康は”豊臣大坂城の石垣”を全部地中に埋没させたので

まず、地上には無いだろうとは思っていましたが、本当にありませんでした。

”穴太積”は石をほとんど加工しない「野面積(のずらつみ)」なのですが、

残存の大坂城の石垣は、ほとんどが「切り込みはぎ」「打ち込みはぎ」で

加工された石で造られていました。

その中で、やや「野面積」に近い積み方の石垣の遺構がわずかに残っていました。

石が玉石なので”穴太積”と言えるかどうかはわかりませんが。




DSC_8949_01.jpg





DSC_8948_01.jpg











大津市坂本にある本物の”穴太積”はこちらです。




390px-Sakamoto_Otsu07s4592.jpg











【大坂城豊臣石垣公開プロジェクト】


現在、大阪市では埋没された”豊臣大坂城の石垣”を掘り起こして

一般公開しようと言うプロジェクトが進行中です。

平成31年の竣工を目指しているそうです。

すごいですね。完成したら是非見に行きたいですね。

”穴太衆”が命の替わりに築いた石垣が日の目を見る時が来るんですね。

楽しみです。わくわくするプロジェクトですネ。




b1_s.jpg


                    ≪大阪市広報より≫

 









以上 『大阪城』 でした。
スポンサーサイト





歴史探訪 | 22:52:15 | トラックバック(0) | コメント(0)
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する