■プロフィール

アル酎ハイマーはいかい士

Author:アル酎ハイマーはいかい士
FC2ブログへようこそ!

■最新記事
■最新コメント
■最新トラックバック
■月別アーカイブ
■カテゴリ
■カウンター

■検索フォーム

■RSSリンクの表示
■リンク
■ブロとも申請フォーム
■QRコード

QR

~上中里で紅葉狩り~
JR京浜東北線「上中里駅」に来てます。

日頃より京浜東北線には必要ない駅が幾つかあると思っていました。

その筆頭が「上中里駅」です。

800px-Kami-Nakazato_Station.jpg



無くても誰も困らないのではないかと思っていました。

調べてみると案の定、駅の利用者が一日当たり平均6973人(平成12年)で

京浜東北線の駅では最低です。

東京23区内を見ても、「越中島駅」に次いで2番目の低さだそうです。

しかし、今日の目的地「旧古河庭園」に行くにはここが最寄りの駅です。

初めて降りてみました。

なるほど、商店街も気の利いた商業施設もありません。

まあ、よく言えば「閑静な住宅街」でしょうか。

でも、雰囲気はあります。

何となく今から行く「旧古河庭園」への期待は高まります。

駅を出て緩やかな坂を上りきると、「平塚神社」があります。

ここも紅葉が見ごろになっています。


旧古河庭園 002


旧古河庭園 003



信号を曲がってしばらく行くと「旧古河庭園」はあります。

名前の通り元々は、「古河財閥」の所有でしたが、昭和31年から「都立公園」として

東京都が管理しています。


旧古河庭園 006


旧古河庭園 005



正門を入って左側にルネッサンス風の「洋館」が見えます。



旧古河庭園 007


大正6年に竣工し、当時は「古河虎之助」の邸宅として、実際に生活をしていたそうですが

現在はリニューアルされガイドツアーの観光用スペースとなっています。


旧古河庭園 013


旧古河庭園 027


建物は英国貴族の邸宅にならった古典様式で、天然スレート葺きレンガ造り、

外壁は真鶴産の新小松石で覆われて、とても品のある落ち着いた雰囲気を醸し出しています。




旧古河庭園 008







庭は、地形の傾斜を上手に利用し、中腹部に当たる前庭は、「洋風庭園」

低地部に「日本庭園」が配置されている。

そしてその両方を包み込むようにして現在は「紅葉」が茂っている。



【洋風庭園】

「バラ園」となっており階段状に連なる”イタリア式”と、

平面状に幾何学的に構成されるフランス式技法が合わせて用いられている。




旧古河庭園 015


旧古河庭園 017


旧古河庭園 010


旧古河庭園 024



「バラ園」にある沢山の種類のバラに中からお気に入りを抜粋しました。



page.jpg



『ミスターリンカーン』

『ホワイトクリスマス』

『熱情』


とても綺麗でした。





【日本庭園】

作庭者は多くの日本庭園を手掛けた京都の庭師 小川治兵衛です。

「心字池」を中心とした「池泉回遊式」の庭園となっている。



旧古河庭園 029



旧古河庭園 032



旧古河庭園 037



「小川治兵衛」の力作と言われる『崩石積み』です。

石の立て積で崩れそうで崩れない姿の美しさを追求しているそうです。


旧古河庭園 036




もう一つ「小川治兵衛」の力作


『大滝』です。



旧古河庭園 039



旧古河庭園 040



『大滝』と『紅葉』の共演です。



旧古河庭園 041





最後に本日の「メインディッシュ」


『紅葉』の「借景」をどうぞ



旧古河庭園 012



旧古河庭園 014



旧古河庭園 031



旧古河庭園 033



旧古河庭園 034




おまけです



旧古河庭園 030


訳ありですか?




と言う訳で今日は堪能しました。

これは発見です。

これで入園料が150円なんて最高ですネ。得した気分です。

ナイス『CP』

又来ます。


スポンサーサイト


旅・はいかい | 07:26:32 | トラックバック(0) | コメント(0)
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

FC2Ad