FC2ブログ
 
■プロフィール

アル酎ハイマーはいかい士

Author:アル酎ハイマーはいかい士
FC2ブログへようこそ!
私が、酒を好きなのではありません。
酒が、私を好きなんです。
毎晩、ストーカーされています。

■最新記事
■最新コメント
■最新トラックバック
■月別アーカイブ
■カテゴリ
■カウンター

■検索フォーム

■RSSリンクの表示
■リンク
■ブロとも申請フォーム
■QRコード

QR

~ 平河天満宮 ~
千代田区平河町のビルに囲まれて鎮座していました。

『平河天満宮』です。




DSC_平川7213_01











社 号          平河天満宮

鎮座地         東京都千代田区平川1-2-5

主祭神         菅原道真公

創 建         文明10年(1478年)

例大祭        4月

境内社         平河稲荷神社

             三殿宮(大鷲神社、塩神社、浅間神社)











【由緒・沿革】



江戸平河城主 太田道灌公が場内の北坂梅林坂上に文明10年江戸の守護神として

創祀した。慶長12年(1607年)徳川二代将軍秀忠により、現在地の奉遷され

地名を平河天満宮にちなんで「平河町」と名づけられた。

徳川幕府をはじめ紀州、尾張の両徳川家や井伊家等の祈祷所となり、新年の賀礼に

宮司は将軍に拝謁(はいえつ)できる格式の待遇を受けていた。











【社号標】




         DSC_平川7194_01











【大鳥居】     千代田区指定有形文化財



材質     銅製

高さ     5 メートル

作製     天保15年(1844年)

作者     八代目 西村和泉藤原政時


千代田区内最古の鳥居






DSC_平川7195_01










  ≪銅製獅子≫


足元には銅製の獅子が彫刻されている。




DSC_平川7196_01











【手水舎】




DSC_平川7203_01











【狛犬】



≪阿形≫は享和元年(1801年)奉献、嘉永5年(1852年)再建

≪吽形≫は嘉永5年修復再設置


古い時代の狛犬は、本殿に向かって右側(ここでは阿形)を「獅子」左側を「狛犬」として

設置することが多く行われたが、この平河天満宮の狛犬もそのように造られている

とみられる。



DSC_平川7205_01       DSC_平川7204_01


          ≪吽形≫                        ≪阿形≫












【本殿】




DSC_平川7208_01






   ≪扁額≫




         DSC_平川7209_01











【神楽殿】


4月の例大祭において、麹町囃子によるお囃子が行われます。




DSC_平川7210_01












【撫で牛】


奉納された「撫で牛」が5基境内に置かれています。




平川撫で牛page











【境内社】


     ≪平河稲荷神社≫




         DSC_平川7211_01








         DSC_平川7212_01











以上、 『平河天満宮』 でした。
スポンサーサイト





神社 | 21:40:30 | トラックバック(0) | コメント(0)
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する