FC2ブログ
 
■プロフィール

アル酎ハイマーはいかい士

Author:アル酎ハイマーはいかい士
FC2ブログへようこそ!
私が、酒を好きなのではありません。
酒が、私を好きなんです。
毎晩、ストーカーされています。

■最新記事
■最新コメント
■最新トラックバック
■月別アーカイブ
■カテゴリ
■カウンター

■検索フォーム

■RSSリンクの表示
■リンク
■ブロとも申請フォーム
■QRコード

QR

~ 上高地 梓川周遊 ~
『上高地』は、春から秋にかけて年間150万人の人が訪れるそうですが、環境保護の為に

マイカー規制がもうけられています。

観光客は、沢渡(さわんど)か、平湯温泉からシャトルバスに乗ってしか訪れることができません。

そしてこちらがシャトルバスの終点のバスターミナル。




DSC_上6772






バスターミナルから歩いて5分程のところに

『上高地』のランドマーク的存在の≪河童橋≫があります。


”穂高連峰”をバックに”梓川”に架かる≪河童橋≫

定番の撮影スポットですネ。




DSC_上6778_01





1891年(明治24年)に初めて橋が架けられました。

全長37m、幅3.1mのカラマツ製の木造橋です。

≪河童橋≫の名前の由来は、その昔河童橋の下は深瀬で、その深瀬を「河童の淵」と、

呼んでいたからという説と、昔は橋が無かった為に川を渡るには着ているものを

頭の上に載せて水の中を歩いて行き、その姿が河童に似ていることからと言う説が

ありますが、真相は定かではないそうです。

4度の架け替えが行われ、現在は5代目の橋となります。




DSC_上6780_01











≪河童橋≫から見た”穂高連峰”です。



正面に見えるのが「明神岳」と「前穂高岳」「吊尾根」です。

通年だと「前穂高岳」や「吊尾根」には残雪がもう少しあるようですが

今年は少なめと言うことです。




DSC_上6783_01









≪河童橋≫を起点に”梓川右岸道(川上から川下を見て右)”を

時計回りで≪明神池≫を目指します。



途中の梓川支流に明神岳が映り込んでいます。

上高地の景色は穂高連峰のバックがよく似合います。



         DSC_上6787_01










川のせせらぎをBGMに、緑のベールが訪問者を包みこんでくれます。





         DSC_上6794_01






DSC_上6802_01











湿地帯などには歩行用の木道が敷設されています。

我々のような素人訪問者には有難いですネ。




DSC_上6806_01











一時間ほど遊歩道を歩くと、再び梓川本流の河原に出ます。

正面には、Uターン予定の「明神橋」が見えてきました。

広い河原では、家族連れがそれぞれの水遊びを楽しんでいます。




DSC_上6811_02











≪明神橋≫ です。


河童橋より少し長く出来ています。

ここを渡って、左岸道へUターンです。




         DSC_上6840_01











≪朝焼けの宿 神河内 明神館≫


明神橋を渡ったところにあります。

ちょっと名前が長いですが、それには理由があるようです。

ここ明神地区は、古来より「神河内徳郷(かみこうちとくごう)」と呼ばれ

上高地の始まりの地と言われています。明神館はその明神地区の一軒宿で

穂高岳の朝焼けを一番美しく見ることが出来る宿だそうです。

それで”朝焼けの宿”の冠が。




DSC_上6843_01









上高地の名景色の一つ”明神池の朝靄(あさもや)”を

5分程で見に行くことが出来るそうです。

確かに、明神岳がすぐ傍まで迎えに来ているように見えます。





untitled明神館


                                             〖明神館HPより〗











これから、「梓川左岸道」を≪河童橋≫に向けて戻ります。

右岸道と違って平坦で整備された遊歩道が続きます。

確かに帰りが楽な方が、助かります。




DSC_上6849_01











40分程歩くと≪河童橋≫が見えてまいりました。

訪問者は、それぞれに≪河童橋≫を楽しんでいるようです。




DSC_上6853_01











橋のたもとで、優雅に写生をしている方がいました。

緑に包まれた穂高連峰が力強く描かれています。

上高地の景色と共に、悠久の時も描いているのでしょうか。

羨ましいですネ。




DSC_上6855_01











とても素敵な森林浴と渓流浴に溢れた『上高地・梓川周遊』 右岸先回りでした。




本日の〖HURIMUKANAIDE〗




         DSC_上6810_01









上高地まだまだ続きます。
スポンサーサイト





旅・はいかい | 08:38:33 | トラックバック(0) | コメント(0)
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する