■プロフィール

アル酎ハイマーはいかい士

Author:アル酎ハイマーはいかい士
FC2ブログへようこそ!

■最新記事
■最新コメント
■最新トラックバック
■月別アーカイブ
■カテゴリ
■カウンター

■検索フォーム

■RSSリンクの表示
■リンク
■ブロとも申請フォーム
■QRコード

QR

~金沢の旨・飲みどころ~
金沢に隠れた旨いもの何処(どころ)がある。
その店は、金沢の台所「近江町」をエムザ口から入り、まっすぐ進んだ一番奥にある。
”大友家”です。

大友家近江町 001

大友家近江町 003

大友家近江町 007

大友家近江町 062

大友家近江町 027


店構えは地味でめだたないが、中身は濃い。
この店の特徴は、まず豊富な「つまみ」メニューにある。
しかも、酒飲みが喉を鳴らしそうな「つまみ」ばかりだ。
新鮮な食材は「近江町」が後ろに控えている。
来るたびに何を頼もうか悩むのも客の贅沢な楽しみだ。
大方の客は、まずあれを食べて、これを食べて、次はそれ、最後の〆はこいつでいこう。などと今日の「筋書き」を考える。しかし隣の人の食べているものを見て、この「筋書き」がしばしば覆る。これも又、楽しみの一つだ。
客どうしで、新メニューの情報交換は、日常茶飯事だ。

大友家近江町 037

大友家近江町 047

大友家近江町 046

大友家近江町 044

大友家近江町 043

大友家近江町 041

大友家近江町 045

大友家近江町 038


ここの店の特徴はメニューの多さだけではない。
元は、親の代からの”惣菜屋”だったマスターが腕を振るって作る(注:別に厨房で、腕をグルグル回しているわけではありません)「創作料理」「季節料理」だ。
新鮮で旬な素材を使い、金沢でしか、そしてこの店でしか食べられない料理が次々と出てくる。
このレパートリーを生かし、昼は「定食」をやっている。「日替わり定食」は人気で「満員御礼」もめずらしくない。一度ご賞味あれ。
 その上ここは、全ての料理に「安さ」と言う「おまけ」が付いている。”グリコ”の時代から「おまけ」と言うのはいくつになってもうれしいもんです。特にこの手の「おまけ」はうれしくてよだれがでますネ。

大友家近江町 039

大友家近江町 029


お酒は北陸の美味しい日本酒が用意されてます。焼酎も色々ありますが、マイルドで飲みやすい芋焼酎の「大地」が人気のようです。常連さんは一升瓶でボトルをキープしています。カウンターの奥には「一升瓶のボトル」がずらっと並んでいます。

金沢城 兼六園 大友 004

金沢城 兼六園 大友 002


そのお店がどんなお酒と、どんな料理を出すかは「客筋」を見てもわかる。
観光客はあまり来ません。これは、一見”無愛想”に見えるマスターの外見に起因しているのかもしれない。(もちろん本人は強く否定していますが)
常連さんは、やはり地元の方が中心です。それと近江町で働く職人さん、転勤族、単身赴任族、独身族の方達です。特に毎日のように「新メニュー」が出るので、それを楽しみにしている「単身赴任族」「独身族」には人気があります。毎日のように来られる方も多いようです。
 以前マスターに尋ねたことがあります。
”観光客を採り来むために、近江町の他の店のように「海鮮丼」を出したらどうですか”と
マスターは渋顔で(元々生まれつきかもしれない)
”うちはしない””あんなネタであんな値段の物は出せない”
 そうかもしれない、確かにネタも器からはみ出ていますが、値段の方がもっとはみ出ている・
「観光客」はある意味だませても、食材のプロの近江町の職人はだませないやネ。
転勤族の中にも、全国を渡り歩いてきた方もいるようですし。
それが正解ですネ。

DSC_1551.jpg

DSC_1535.jpg

DSC_1596.jpg

DSC_1598.jpg

DSC_1604.jpg



毎年、暮になると注文制で「おせち料理」を作ってくれる。私ごとで恐縮ですが、去年の暮は実家の両親が体を壊しまして、「おせち料理」どころではなかったので、マスターにお願いして「おせち料理」を送ってもらいました。これが、両親には好評で大変喜ばれました。普段何もしない私ですが、「親孝行」の真似事が出来たような気がします。”感謝”です。両親は今年も期待しているようです。一緒に送ってもらった”ブリ”がまた最高でした。我が家の「なまくら包丁」でも「切り身」の角で手が切れると思うくらい”生き”のいい”ブリ”でした。
「刺身」「ブリしゃぶ」「ブリカマ」「ブリ大根の煮つけ」どれをとっても”デリシャス”まさに”かブリ付”でした。
 
お店は普段は、マスターと従業員と2人で切り盛りしていますが、週に1~2日マスターの奥さんが出るらしい。
この奥さんが又、名物”女将”のようです。”女将”作る「ハイボール」が格別おいしいとか。
しかし、常連客の間では、女将のことを”鬼嫁”と呼ぶ方がいるらしい。(私は決して呼んだことはありませんので誤解のなきよう!!)う~lむ、言われてみれば確かに”鬼嫁”の居る時のマスターの動きは、いつもとは違う。「やはりこの店を後ろで操っているのは、」と思うのは私だけでしょうか(もう店に入れてもらえないかもしれない覚悟で書いてます。手が震えています)
 以前この”鬼嫁”のお母さんが手伝いに来ていましたが、このお母さんはとても優しい人でした。(決して深い意味はありません、またまた、くれぐれも誤解のなきよう)
 いずれにしても、この店はお客さんも、お店の人も、みんなアットホームで笑いの絶えない、まさしく名前の通り”大友家””ビックフレンドハウス”な店です。










ぐれ
スポンサーサイト
お酒 | 07:45:19 | トラックバック(0) | コメント(2)
コメント
久しぶりに・・
久しぶりに大友家へ。「本マグロ山かけ」をつまみにマスターと語らう。「本マグロ」でなく「実はこんにゃくでつくられた偽マグロ」で売り出したらどうか・・と提案すれば「おもしろいかも・・」と乗ってくれるマスター。かわいい鬼嫁の話も笑った。「ハイボール唄付きで」と注文すると「ウイスキーはお好きでしょう~」と歌いつつ恥ずかしげに運ぶ場面がなつかしい。
金沢・近江町市場という観光地にありながら隠れ家的な大友家の夜は癒されるとっておきの場所です。
2013-06-25 火 21:42:49 | URL | くどい太麺の納豆売り [編集]
Re: 久しぶりに・・
納豆売りさん
お久ぶりです。
コメントありがとうございました。
しばらくお会いしていなかったので「マカオ」にでも行って、「納豆」でも売っているのかと思ってました。
またいつか「ビックフレンドハウス」で「鬼嫁」に作ってもらった「ハイボール」で乾杯しましょう。
そして最後の〆は「たまごかけごはん」ですよネ。
ではまたお会いするときまで、「シーユーアゲン」





> 久しぶりに大友家へ。「本マグロ山かけ」をつまみにマスターと語らう。「本マグロ」でなく「実はこんにゃくでつくられた偽マグロ」で売り出したらどうか・・と提案すれば「おもしろいかも・・」と乗ってくれるマスター。かわいい鬼嫁の話も笑った。「ハイボール唄付きで」と注文すると「ウイスキーはお好きでしょう~」と歌いつつ恥ずかしげに運ぶ場面がなつかしい。
> 金沢・近江町市場という観光地にありながら隠れ家的な大友家の夜は癒されるとっておきの場所です。



2013-06-29 土 09:22:20 | URL | アル酎ハイマーはいかい士 [編集]
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

FC2Ad