FC2ブログ
 
■プロフィール

アル酎ハイマーはいかい士

Author:アル酎ハイマーはいかい士
FC2ブログへようこそ!
私が、酒を好きなのではありません。
酒が、私を好きなんです。
毎晩、ストーカーされています。

■最新記事
■最新コメント
■最新トラックバック
■月別アーカイブ
■カテゴリ
■カウンター

■検索フォーム

■RSSリンクの表示
■リンク
■ブロとも申請フォーム
■QRコード

QR

~ 戸田競艇場 ~
『戸田競艇場』に来ました。

競艇などやったことがないので、初めての来場です。




DSC_戸田5908






ガラス張りの立派な建物でした。




DSC_戸田5910







「舟券」を買ってレースを見るためではありません。

水しぶきを上げて走るボートを撮影するためです。




DSC_戸田5911











この『戸田競艇場』は、東京オリンピックの為に造られた「漕艇場」の一角を使用して

造られています。人工的に閉鎖されたプール状の水面で、波は一年中穏やかです。

漕艇場としては十分な幅をもっていますが、競艇場としては日本一の狭さだそうです。

それに加えて、第一ターンの位置が、斜めに外側へ向かって(観客席側に近い位置)

設定されているため、インコースを走る艇はアウトコースの艇より長い距離を走らされた上に

窮屈なヘアピンターンを余儀なくされます。

したがって日本一インコースが勝てない競艇場と言われています。

ターンの状況です。

写真の右端に少し見えているのが第一ターンマークです。




DSC_戸田5918





DSC_戸田6359_01











競艇は、やはりターンのところが醍醐味です。

水しぶきも一番上がります。

観ている最中でも、ターンの時外側へ大きく膨らみ防護板へ思いっきりぶつかり

救急船で運ばれた選手もいました。水中の格闘技ですね。




DSC_戸田6077_01





DSC_戸田6080_01











競り合いも醍醐味の一つです。

ぶつかり合うこともあるのではないでしょうか




DSC_戸田6082_01





DSC_戸田6351_01





DSC_戸田6364_01





DSC_戸田6375_01











水しぶきの上がるシーンは、単独でも絵になります。

特にボートが宙に浮きそうなシーンはわくわくします。




DSC_戸田6318_01





DSC_戸田6400_01












以上、カンカン照りの日に、観ているだけで涼しくなる『戸田競艇場』でした。
スポンサーサイト





旅・はいかい | 20:28:39 | トラックバック(0) | コメント(0)
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する