■プロフィール

アル酎ハイマーはいかい士

Author:アル酎ハイマーはいかい士
FC2ブログへようこそ!

■最新記事
■最新コメント
■最新トラックバック
■月別アーカイブ
■カテゴリ
■カウンター

■検索フォーム

■RSSリンクの表示
■リンク
■ブロとも申請フォーム
■QRコード

QR

~ 日本寺と房総土産 ~
房総半島の屋根「鋸山」に日本一大きな仏像が鎮座する『日本寺』があります。

房総旅行2日目の午後は、その『日本寺』にお邪魔しました。

正式には『乾坤山 日本寺(けんこんざんにほんじ)」と言い、725年聖武天皇の勅詔により

行基によって開かれました。

そして日本一の大きさを誇る大仏とは、高さ31mの”薬師瑠璃光如来”の大仏です。

鎌倉高徳院の阿弥陀如来は総高13.35m、奈良東大寺の蘆舎那大仏は総高18.13m

なので、日本寺の大仏は鎌倉の大仏の2倍以上と言うことになります。

元々日本寺のの大仏は、1783年に大野甚五郎が門弟27人とともに岩を彫刻して建立

したものだったですが、建立当時は高さ37.7mまであったそうです。

今よりもっとおおきかったのですネ。

しかし、長年の風雨により浸食され、崩壊状態になったため、昭和41年から修復が行われ

昭和44年に現在の形、高さになり完成しました。




         DSC_厨会3770_01





優しい顔をしてますネ。

岩が砂岩で出来ているので、風化しやすいですね。

しかし、水分を含むので苔が生えやすく、それなりの趣を出しています。









大仏の手前には「お願い地蔵」がありました。

足元が明るい紅白で埋まっています。

沢山の人が願いを込めて小さな赤い地蔵を祀っているんですネ。




         DSC_厨会3776_01








売店でセラミックで出来た地蔵を購入し、裏に自分の名前を書き

願いを込めて足元に祀ります。

私も世界平和を願って、奉納してみました。




         DSC_厨会3775_01













広い日本寺の境内や鋸山には沢山の見どころがありますが

ここからは、長い急階段を幾つも登らなければいけません

何年か前に、体験し死ぬ思いをしました。

特に最上部にある「地獄覗き」は一度は見るべき絶景ですが

おそらく今回は、地獄を覗く前に地獄に落ちてしまうような予感がします。




厨会南房総 099





南房総 厨会091









「気力」「体力」の限界!!

全員一致で、登頂を断念。




お詫びに案内図と写真を添付します。











map.jpg











”百尺観音”

  昭和41年山肌を削って造られた。

  高さは、名前の通り百尺(10m強)あります。




         005l.jpg











”弘法大師の護摩窟と千五百羅漢”

 山中に1553体の「羅漢」が置かれています。

 それらの羅漢はどれ一つとして同じ表情のものは無いそうです。

 羅漢とは仏教における聖者を意味するそうです。




DSC01366.jpg











”地獄覗き”

  石切り場の跡が絶壁状になっていたり、

  場所によってはオーバーハングになったりしています。

  下を覗くと足が竦む事から「地獄覗き」と言われるようです。

  本当は行きたかったですネ!!




d6622bd1-fd8d-44b3-a73a-d776f8fb48b2.jpg











さて、いよいよ房総旅行も終わりに近づきました。

「お土産タイム」です。

房総の土産と言えば、必ず外せないのが「海産物」です。

と言う訳で「ザ・フィシュ」 で土産買いあさり。





DSC_厨会3777_01









「金谷港」の隣にありました。




DSC_厨会3778







残念ながら「活魚」はありませんでした。

しかし、日持ちを考えると良いのではないでしょうか。

皆さん、両手に沢山のお土産を持ってバスへ乗車でした。




DSC_厨会3779_01









全員そろったところで、自宅へ向かって LET’S  GO !!















スポンサーサイト


旅・はいかい | 20:14:14 | トラックバック(0) | コメント(0)
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

FC2Ad