■プロフィール

アル酎ハイマーはいかい士

Author:アル酎ハイマーはいかい士
FC2ブログへようこそ!

■最新記事
■最新コメント
■最新トラックバック
■月別アーカイブ
■カテゴリ
■カウンター

■検索フォーム

■RSSリンクの表示
■リンク
■ブロとも申請フォーム
■QRコード

QR

~ 神田祭 2017 ~
さ~ぁ、お江戸に夏がやってきた。

夏を知らせる「夏祭り」が始まった。

「下谷神社大祭」に続いて、2年に一度の『神田祭』の始まりだい。

神田の町に,太鼓囃子が鳴り響き200基の神輿が練り歩く

想像しただけでもわくわくします。

はやる気持ちを抑え、まずは”神田明神”にご挨拶




DSC_神田3451_01










が~あんー!!

人、人、人で、全然前に進みません。

30分ほどかけてここまで来ましたが

ここで終わりです。前に進む気配がありません。

仕方なく”隋神門”を潜ることなくここから引き返します。




DSC_神田3452_01










ぐるっと回り道をして「男坂」を登って何とか境内に入ることができましたが

とても宮入の見える参道には近づけません。

今年は前回より遥かに人出が多い。

宮入神輿の撮影を断念です。




         DSC_神田3454_01











少し神田の町をぶらついてみます。

どこかで神輿に出会うでしょう。

その前に子供達です。

子供たちにとっても2年に一度のお祭りは待ちに待った一大イベントです。

頭も”神田祭カット”でおでましです。




         DSC_神田3459_01











大人の神輿がやってきました。

威勢がいいですネ。

何とラッキーなんでしょうか

本社神輿の「神田市場(江戸神社)」千貫神輿です。

さすが千貫神輿だけあって、大きいですネ。

「六天棒」で大勢の担ぎ手が担いでいます。




         DSC_神田3464_01











「担ぎ手」は総勢2000人。

毎年新調された江戸文字で「市場」と書かれた印半纏を着用しなければ

この千貫神輿を担ぐことが出来ません。

過去の印半纏でもだめです。巡行に付きそうこともできません。

又、印半纏は介添用、役員用など揉め事や事故を起こさぬよう厳格に決められています。




DSC_神田3485_01










「神田市場」は平成2年太田市場に移転するまで江戸時代から

秋葉原駅前にあった東洋一と言われたこともある青果市場です。

その守り神が江戸で最古の神社と言われ当初は江戸城内にあった「江戸神社」です。

現在は「神田明神」内にあります。

したがって、神田市場の千貫神輿は「神田明神」の本社神輿となります。





DSC_神田3494_01











「神田市場」の千貫神輿は、神田市場が太田市場に移転したため

「お神酒所」はJR秋葉原駅前のプラザ広場に設営されます。




DSC_神田3516_01













今度であったのは「龍角散」のテレビコマーシャルに登場する「豊島町」の神輿です。

「神田市場」と比べるとさすがに小ぶりです。




DSC_神田3520_01











とは言っても担ぎ手の方は決して楽ではありません。

「セイヤ、ソイヤ」





         DSC_神田3535_01





DSC_神田3542_01












〖その他のスナップ〗





やっぱり夏と言えば浴衣でしょうか、欠かせないロケーションですよネ。




DSC_神田3607_01











力強さも祭の魅力




DSC_神田3601_01






DSC_神田3593_01










女性も負けていません。

最近の女性は力強い!!





         DSC_神田3580_01





         DSC_神田3588_01












〖今日一のお気に入り〗




DSC_神田3612_01












以上『神田祭』 でした。
スポンサーサイト


| 20:43:28 | トラックバック(0) | コメント(0)
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

FC2Ad