■プロフィール

アル酎ハイマーはいかい士

Author:アル酎ハイマーはいかい士
FC2ブログへようこそ!

■最新記事
■最新コメント
■最新トラックバック
■月別アーカイブ
■カテゴリ
■カウンター

■検索フォーム

■RSSリンクの表示
■リンク
■ブロとも申請フォーム
■QRコード

QR

~ 御衣黄散歩(ぎょいこうさんぽ) ~
通勤途中にあるので何度かお邪魔している

お気に入りの神社 ”おたぬきさん” がいる『柳森神社』に来ています。




         DSC_御衣2303_01





         DSC_御衣2305_01











その”おたぬきさん” の境内にある『御衣黄桜』がほぼ満開になりました。

ソメイヨシノより10日ほどの遅れでしょうか。

それでも『御衣黄桜』 としては、トップ咲きではないでしょうか。




DSC_御衣2267_01






DSC_御衣2274_01






         DSC_御衣2276_01










狭い境内の中、鳥居や拝殿、灯籠とじゃれ合う様に枝を伸ばしています。

それとも神官さんに代わって、春のお祓いをしているのでしょうか。




DSC_御衣2281_01





         DSC_御衣2284











『御衣黄桜』は薄緑色の花を咲かせる、珍しい種類の桜です。

色名は、黄緑、うぐいす色、あるいは萌黄色でしょうか。


咲いたときは「黄緑」ですが、その色がだんだん薄くなり黄緑から黄色に変わります。

やがて中心部が筋状に「赤紫色」になります。早い話が「ワインカラー」です。

そして種類によっては、花びらも薄紅色に変化してきます。

とても神秘的な「桜」です。







今は咲いたばかりなので、透き通るような「萌黄色」です。

空気に触れたばかりです。




         DSC_御衣2253_01






DSC_御衣2256_01





DSC_御衣2263_01











ぶどう(マスカット)の房のようにたわわに咲いています。

一見美味しそうにも見えます。

でも、どの花びらもイキイキしています。

若さでしょうか。   

憧れますネ!!


しっかり花びらの先が割れていて「桜」であることを主張しています。




DSC_御衣2264_01





DSC_御衣2268_01











「御衣黄桜」は、江戸時代に京都の「仁和寺」で栽培されたのが始まりと言われています。

名前の由来は、花の色が高貴な貴族が着る衣装の「萌黄色」に似ている為に

このような名前が付いたと言われています。

いかにも、京都生まれの花の名前ですネ。

ちょいと仰々しいかな。




DSC_御衣2272_01





DSC_御衣2278_01





DSC_御衣2294_01











「御衣黄」 の花言葉は 「永遠優美」 だそうです。

時の流れによって美しく色を変える優美さでしょうか。


「御衣黄」をこよなく愛し、自社の名前や商品名にしてしまった方がいます。

お酒の好きな方なら一度は聞いたことが有ると思います。

河童の漫画のコマーシャルでおなじみの京都伏見の酒蔵

黄桜株式会社 さんです。



「御衣黄桜」は別名を『黄桜』 と言います。






DSC_御衣2298_01





DSC_御衣2301_01











今日のお気に入りショット



DSC_御衣2300_01











以上、優美で神秘的でチャーミングな桜 『御衣黄桜』 でした。







「柳森神社」のセルフ御朱印



DSC_御衣2346_01
スポンサーサイト


旅・はいかい | 23:27:20 | トラックバック(0) | コメント(0)
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

FC2Ad