■プロフィール

アル酎ハイマーはいかい士

Author:アル酎ハイマーはいかい士
FC2ブログへようこそ!

■最新記事
■最新コメント
■最新トラックバック
■月別アーカイブ
■カテゴリ
■カウンター

■検索フォーム

■RSSリンクの表示
■リンク
■ブロとも申請フォーム
■QRコード

QR

~ 東御苑の春 ~ 
去年の暮の「天皇誕生日」も新年の一般参賀も来れなかったので

久しぶりの皇居です。

紅葉の時にはお邪魔したことが有るのですが、梅の時期は初めてです。



綺麗に咲いていました。

江戸城本丸跡と二の丸庭園を結ぶ

梅林坂の梅姿です。

ニュースでも報じられていた通り、今年は開花、満開が例年より2週間程早いようです。




DSC_東0932_01





紅梅は満開、白梅は7~8分咲きと言うところでしょうか。

それにしても気のせいか、皇居の梅の姿は何となく品が良いようです。

高貴な香りがします。








快晴の春の日差しを満面に受けて、暖かそうですね。

「梅一輪 一輪程の暖かさ」ではなく

「梅満開 溢れるほどの暖かさ」でしょうか。




DSC_東0951_01











江戸城の石垣をバックに紅白の咲き乱れです。




DSC_東0960_01







この梅林は、太田道灌が菅原道真を祀って100本の梅を植えたのが始まりとされています。

現在も50本ほどの梅が残っていますが、

これは大半が昭和になってから植えられたものだそうです。

それにしても、大切に育てられてきたのでしょうネ。







DSC_東0939_01









今日は、抜けるような青空をバックに、花一つ一つの表情を切り取ってみます。





         DSC_東0962_01







         DSC_東0968_01





         DSC_東0974_01











紅梅は元気の良い花が無かったので数が少なくてすいません




DSC_東0985_01







DSC_東0977_01





         DSC_東0982_01





         DSC_東0984_01





DSC_東1002_01











「東御苑」の端に”ろうばい”も咲いていました。

又梅とは違う華やかさを鼓舞していました。




DSC_東1013_01










以上、暦通りに”立春”を実直に迎えていた『東御苑』 でした。



スポンサーサイト


旅・はいかい | 07:42:45 | トラックバック(0) | コメント(0)
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

FC2Ad