■プロフィール

アル酎ハイマーはいかい士

Author:アル酎ハイマーはいかい士
FC2ブログへようこそ!

■最新記事
■最新コメント
■最新トラックバック
■月別アーカイブ
■カテゴリ
■カウンター

■検索フォーム

■RSSリンクの表示
■リンク
■ブロとも申請フォーム
■QRコード

QR

~ 雪の兼六 ~
『兼六園』 には雪が似合います。

昨日降った雪で、一面雪景色です。

「霞ケ池」の水面にも薄氷が張ってます。




DSC_兼0473_01










風物詩の「雪吊り」もここぞとばかりに胸を張ってます。

一年の内の最大の見せ場でしょうか。




DSC_兼0467_01











冬の来訪者「カルガモ」の親子も

兼六園のシンボル「徽軫灯籠(ことじとうろう)を見に来ています。

そのまま寝てしまったのでしょうか。

でもちゃんと薄氷のところは避けています。




DSC_兼0464_01











「日本最古の噴水」もしぶきがつららになってました。

見るからに寒そうです。




DSC_兼0485_01











一面の銀世界なのであえて「モノクロ」にしてみました。

ノスタルジーの世界でしょうか。




DSC_兼0465_01





DSC_兼0490_01











こんな雪景色の中、しっかり春も芽生えていました。

早咲の梅が咲き始めています。




DSC_兼0479_01











一面の雪景色も良いのですが

MVV(モースト バリアブル ビィユー)は、やはり降り注ぐ雪景色ではないでしょうか。

本日は快晴ですが、なんと5分間だけ雪がチラついてくれました。

それに加え、いつもなら”自撮りスポット”の「徽軫灯籠」前の石橋に

観光客が一人もいない瞬間がありました。

神様からの贈り物でしょうか!



おかげで本日の「ベストシチュエイション」が撮れました。




DSC_兼0468_03











以上、『雪の兼六園』 でした。
スポンサーサイト


旅・はいかい | 20:52:07 | トラックバック(0) | コメント(0)
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

FC2Ad